ピーチ、ホーダイパス第2弾は九州発着限定で抽選販売!

Airlines
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
たびかず
たびかず

ども。
たびかず(@tabikazu40)です。
長旅に出たり、フラッと旅したり、そんな旅ヲタなアラフォーです。

ピーチ、ホーダイパス第2弾を抽選で販売!

LCCのPeachが、新たな企画きっぷの抽選を開始しています。

その名も「Peachホーダイパス」。

ん?

聞いたコトある?と思いきや、今回は第2弾と言う形で、第1弾は10月募集~11月搭乗を対象とした企画として販売していましたね。

ひとまず詳細。

応募期間|2021年12月15日12:59
当選発表日|2021年12月24日11:00
パス購入期間|2021年12月24日11:00~12月28日23:59
搭乗期間|2022年1月5~31日
販売枚数|抽選で150枚(特別価格20枚・通常価格130枚)
対象路線|九州発着の13路線
販売価格|
・特別価格(九州ホーダイパスS)…14,800円・24,800円
・通常価格(九州ホーダイパス)…19,800円・29,800円

*価格の際は、前者がオプションなしのライト。後者が座席指定無料(スタンダード・プレジャーシートのみ)・預け手荷物1つ無料のスタンダードプラン

前回は150枚の販売でしたが、先着販売だったのが、今回は抽選と言う形に。
また対象路線も前回は全国の路線が対象になっていましたが、今回は九州発着路線限定に。

コロナ禍で航空需要が低迷している時だからこその企画。
LCCは高い搭乗率が必要なビジネスモデルですが、搭乗率が高いと、さすがにこうした企画はなかなか打ち出せませんからね。

でも、抽選倍率は低くはなさそうですね。

前回は先着順だったので、ひとまず試してみると言う感じでしたが、今回は抽選での販売なので、当たらないかも?と思いつつも、応募自体はできちゃいますしね。

スポンサーリンク

福岡発着以外の那覇・石垣線は対象外!

で、結局、どのぐらい搭乗するのか。

それに尽きる商品ですが、今回、対象路線になっているピーチの九州発着路線は、13路線。

・成田~福岡/長崎/大分/宮崎/奄美
・関空~福岡/長崎/宮崎/鹿児島/奄美
・新千歳・那覇・石垣~福岡

と言う感じ。

つまりは、“九州”と言っても、搭乗距離の長い沖縄・石垣線は対象外になっていると言うコト(福岡~那覇・石垣は対象)。

これをどう捉えるか…と言う感じがします。

ただ時間に余裕があるのであれば、福岡発着は対象なので、成田や関空から福岡経由で那覇や石垣に飛ぶのはアリですけれどもね。

福岡~石垣線は1日1往復ですが、福岡~那覇は1日5往復が運航予定なので、スケジュール的にも合わせやすいでしょうし、乗り継ぎもできる感じですしね。

まぁ、沖縄や石垣も魅力的ではありますが、九州は魅力的な観光スポットも多いですから、拘らなくても充分、行先はあるでしょうし、楽しめると思いますけれど。

ただ沖縄や石垣に行くのに福岡経由で行く。
そうした使い方ができるのも「ホーダイパス」の魅力と言えるのでしょうが。

ただ残念なのは、九州本島域内路線がナイと言う点でしょうか。
福岡~宮崎とかを飛ばしていたら、また使い勝手が高まっていたと思うんですけれどね。

こんな時代だからこそお一人様|ひとり酒、ひとり温泉、ひとり山
created by Rinker

次々と企画を出してくれるピーチの存在

前回は即日完売だった訳ですが、今回もどのぐらいの倍率になるのでしょうね。

ピーチと言えば、1回5,000円で行き先が指定されて選べず、その指定された行先との往復で利用できるピーチポイント(5,000円分よりもお得にはなっている)おみくじ型カプセルの「旅くじ」が人気を博していますが、個人的には、それだったら「ホーダイパス」だな…とは思っちゃいますけれどね。

まぁ、「旅くじ」は引く楽しさもあるほか、抽選じゃなく確実に5,000円分以上のピーチポイントが入っているのに対して、「ホーダイパス」は抽選販売なので外れる可能性だってある訳ですけれど。

でも、コロナ禍でまだまだ旅行産業が立ち直っていない中で、色々と企画を設けて、旅行需要を盛り返して行こうと言う姿は頼もしくもありますけれどね。
こうした姿勢の航空会社があるだけで、ホント、嬉しい感じ。

コメント