2021-11

Airlines

JAL、1~2月搭乗分の国内航空券タイムセールを開催!

JALが2022年1~2月搭乗分の国内航空券のタイムセールの開催を発表しました。断続的に今年の春以降、タイムセールを開催しているJALですが、価格の設定は各回でまちまちなのですが、今回は…と言うと、ちょうど中間って感じですね。Go Toとタイミングが合うかも…なので、狙っておくのも吉かも。
International affairs

日本政府、当面、外国人の日本への入国を禁止を発表!

コロナウイルス感染症で変異株のオミクロン株が世界に拡散しているのを踏まえ、日本政府が11月30日から全外国人を対象に、日本への入国を禁止するコトを発表しました。かなり厳しい措置ですが、情報が少ない中で、当面、取れるのは水際対策と言うコトなのでしょうね。
Business

ブラジルの邦字紙、ニッケイ新聞が年内廃刊!日系社会の維持は?

世界最大規模の日系社会を抱えるブラジルで、長年刊行されて来ていた邦字紙の『ニッケイ新聞』が年内には廃刊するコトが発表になりました。コミュニティの核としての言語。その中心にある文字媒体。それがなくなると言うコトで、どうこれから日系社会が変化して行くのだろう…と言う感じはしますね(一応、後継誌の発行が決まったと言えども)。
Train

JR東日本、山形新幹線「つばさ」を全車指定席化!

JR東日本が、山形新幹線「つばさ」を全車指定席化するコトを発表。同時に、秋田新幹線と共に特急料金の改定も明らかになりました。自由席利用からすれば値上げになりますが、もう新幹線は全車両指定席化したいんだろうな、きっと。
Train

世界初!鉄路も道路も走るDMVが、阿佐海岸鉄道で12月25日から運行開始!

鉄道と道路をそのまま直通で運転するDMVが、徳島県の阿佐海岸鉄道で12月25日から運行開始になるコトが発表になりました。新技術で困難もある中で、何とか年内に間に合ったと言う感じですが、これがどれだけ地方交通の救世主になるのか?とも。
Airport

飛行機が間近に見れる千里川隣接緑地の整備計画公表!展望スポットなど新設?

伊丹空港への離着陸が間近に見られる千里川土手に隣接している原田緩衝緑地の整備計画が、豊中市から公表されました。これによると展望スポットや芝生広場、カフェ、バーベキュー施設などが設けられる形で、また今の千里川土手とは雰囲気がガラリと変わりそうな感じです。
Train

小田急、小児IC運賃を全線50円均一に値下げで、子育て世代支援へ!

小田急電鉄が、小児IC運賃を全線で50円均一料金へと値下げするコトを発表しました。少子高齢化社会の到来で、子育てに優しい沿線を打ち出し、人口の定着を図っていくと言う長い目で見る必要のある施策ですが、なかなか思い切った策ですね、コレ。
Airlines

ZIPAIR、12月に初の太平洋横断路線・ロサンゼルス線就航!

JAL系LCCのZIPAIRが、初の太平洋横断路線となるロサンゼルス線の開設を発表しました。12月25日~週3往復で就航。選択肢がフルサービスキャリアしかない路線ですから、これはかなり楽しみな所。フルフラットシートもこれでようやく本領発揮と言う感じでしょうね。
Business

JR西日本、第2四半期は686億円の赤字で、通期予想は据え置き!

JR西日本の2022年3月期第2四半期の業績が発表に。コロナ禍の影響が色濃く残り、686億円の赤字。まだまだ長距離需要が回復していないと言う状況ですが、10月以降は回復見通しで、通期の予想も据え置きとなりました。
Business

JR東日本、収益回復鈍く、通期も赤字に下方修正!

JR東日本の第2四半期の決算が発表になりましたが、やや戻りが鈍く、黒字転換を目指していた通期も赤字に下方修正するコトに。何と言っても旅客の戻りが遅い。それに尽きるので、しばらくは耐えるしかないのかな…と言う感じがしなくもないかな…と。
Airlines

イタリア・ITAエアウェイズがスカイチーム正式加盟!

イタリアの新航空会社「ITAエアウェイズ」が、スカイチームに正式に加盟しました。ここまで早く加盟できるならば空白期間なんて作らなければ良かったのに…とすら言いたくなりますが、これでひとまずスタート地点に立てたと言う感じになりそうです。
Travel News

実質黒字も可能で、破壊的なお得さのサッポロ冬割、開始へ!

1泊5,000円の割引(6,000円以上の宿泊代金の場合)+2,000円分のクーポンとかなりお得さの高い「さぁ!サッポロ冬割」が発表になっています。かなりお得で、これを機会に北海道へ!と言いたくもなるけれど、公的支援でここまで必要だろうか…?と言う疑問も。
Business

JAL、第2四半期決算は1,049億円の赤字だが、国内線は回復基調に?

JALの2022年3月期決算の第2四半期が発表になりました。赤字幅が改善して1,049億円に。ただ国内線は回復基調に乗っている形で、今年度中にはキャッシュバーンが止まると想定している形。ただ、なんか力強さはまだ感じないかな…と言う気も。
Business

ANA中間期、988億円の赤字で通期も下方修正だが…

ANAが2022年3月期第2四半期の決算を発表しましたが、988億円の赤字。これを踏まえて、黒字予想の通期も1,000億の赤字に下方修正する事態に。ただ内容的には前年同期と比べると下げ止まりしている感もあるかな…と言う感じもする内容に。気になるのは、原油高か。