JR西日本、山陽新幹線ののぞみ・みずほの指定特急料金を値上げへ!

Train
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
たびかず
たびかず

ども。
たびかず(@tabikazu40)です。
長旅に出たり、フラッと旅したり、そんな旅ヲタなアラフォーです。

のぞみ・みずほ指定特急料金が値上げへ!

JR西日本が、2023年4月1日以降の購入分から山陽新幹線の「のぞみ」「みずほ」の指定席特急料金の値上げを発表しました。

今回の値上げの理由としては、「コロナ禍の社会変容を踏まえ、山陽新幹線のさらなるサービス改善を図るため」としていますが、やはりコロナ禍の影響と元々、過疎化しているエリアを多く抱えていると言うコトからの収益減が響いているのでしょう。

ひとまず、具体的に見ると、こんな感じ。

値上げ実施予定日|2023年4月1日以降購入分より
対象路線|山陽新幹線の「のぞみ」「みずほ」号
対象運賃|上記新幹線の指定席特急料金

実際の値上げ幅としては、110~420円程度と、やや小幅感がありますが、主だった区間の値上げ額は、以下の通り。

新大阪~岡山…110円
新大阪~福山・広島…320円
新大阪~徳山・新山口・小倉・博多…420円
岡山~広島…110円
岡山~徳山・新山口・小倉…320円
岡山~博多…420円
広島~小倉・博多…320円
小倉~博多…110円

新大阪発の合計料金(運賃+指定席特急料金)で見ると…

岡山…6,350円→6,460円
福山…8,210円→8,530円
広島…10,630円→10,950円
新山口…13,170円→13,590円
小倉…14,720円→15,140円
博多…15,600円→16,020円

と言うコトになります。

スポンサーリンク

ネット販売は対象外

今回の値上げは、あくまでも紙媒体での指定席特急料金。

つまりは自由席特急料金であったり、エクスプレス予約・e5489と言ったネット商品は対象外と言う形なので、逃れる術があるのは、良心的な感じ。

と言うか、在来線でもIC運賃を設けている線区がほとんどになっているのだし、ネット予約と既存のスタイルとで明確に運賃差を設けても良いようには思うんですけれどね。

 

JR各社も随分と、ネット予約が広がって来ましたし、飛行機だってそうなっている訳だし。
そもそも現状でもJRのネット商品と既存の紙媒体での特急料金等には、一部で差が出ている訳なので、消費者の理解も得やすいように思うのですけれどね。

それをもっと全路線でしっかりと構築する…と言う感じで。

ただあくまでもJR各社が、それぞれ単独でのネット販売サービスを作っていると言うのが、ネックですけれどもね。

線路が繋がっているだけに、やっぱり不便さはあるかな。
受取等を含めて。

地球の歩き方 京都 2023~2024 (地球の歩き方J)
created by Rinker

サービス改善を図るとは?

で、この値上げをするコトで、どれだけ経営的には改善するんだろう…
上げ幅は小さいので、そこまで寄与する訳じゃないのでしょうが、やはり取れそうな部分からはしっかりと…と言う感じなのだろうな。

ただ“サービス改善を図るため”と言いながら、出て来たモノが

・S Wi-Fi for BizやS Work車両などを備えたN700Sの導入
・ビジネスブースの試行
・特大荷物コーナーの整備(2023年度より導入予定)

といささか小物感が…

まぁ…
だからこの値上げ額なのかな…

コメント