ZIPAIR、12月に初の太平洋横断路線・ロサンゼルス線就航!

Airlines
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
たびかず
たびかず

ども。
たびかず(@tabikazu40)です。
長旅に出たり、フラッと旅したり、そんな旅ヲタなアラフォーです。

初の太平洋横断路線・ロサンゼルス線開設!

JAL系で中長距離向けLCCのZIPAIRが、2021年12月25日に成田~ロサンゼルス線を開設するコトを発表しました。

太平洋をLCCが横断して米国本土に乗り入れると言うのは、ZIPAIRが初めてのコトになり、当面、週3往復での運航です。
運航スケジュールは、こんな感じ。

ZG024 成田14:45→ロサンゼルス07:30|火・木・土曜運航
ZG025 ロサンゼルス09:30→成田14:25(翌日着)|火・木・土曜運航
*運航期間で発着時間は誤差アリ

昼後に成田を出発して、ロスに朝着。
ロス発は朝で、成田着は昼後と言うスケジュール。
現地発が朝と言うのが、ちょっと面倒ですが、それ以外は理想的なスケジュールと言えるのかも。

運航機材は、フルフラットにもなる「ZIP Full-Flat」18席・「Standard」272席の合計290席のボーイング787-8型機。

デジタル証明アプリ「VeriFLY」も導入して、渡航書類確認をスムーズにできるようにもするとのコト。

気になる運賃は…

「ZIP Full-Flat」が片道88,000円~(875USドル)。
「Standard」は27,500円~(225USドル)で設定されました(この他に空港使用料ならびに各種税金が別途必要)。

また、6歳以下を対象とした「U6 Standard Value」も10,000円(91USドル)の定額で設定されています。

スポンサーリンク

ようやく旅客需要は上向きになったばかり

ZIPAIRがまずは最大の目的であった太平洋路線を、いよいよ開設。

これまで成田~ソウル(仁川)・バンコク(スワンナプーム)・ホノルル・シンガポールと、4路線を開設して来ましたが、それもこの太平洋路線を開設するための準備段階と言う感じだった訳で、まずは1つの到達点と言う感じなのかな…と。

ただシンガポール線の初便は、貨物は満載だったが乗客は1名だけだったと言うから、当面は、引き続き、貨物需要を取り込んでいくコトで、路線を維持すると言う感じになり、旅客2:貨物8ぐらいの売上比率で行ければいいと言う見通しなので、旅客便としては、まだまだ売り上げに貢献できると言う段階ではない。

ただソウル・バンコクが水際対策見直しで入国ならびに入国後の動きが緩和されたコトで、足元の需要は伸びている状態だとのコトなので、ワクチン接種が完了していれば、アメリカ入国も難しくなくなったこのタイミングだからこそ、ロサンゼルス就航と言うコトなのでしょう。

フルフラットシート、ようやく本領発揮!?

因みに、JAL便だと現在、成田~ロサンゼルス線は1日1往復での運航。

運航スケジュールは、以下の通り。

JL062 成田17:05→ロサンゼルス09:50
JL061 ロサンゼルス11:50→成田16:45(翌日着)

日付を跨ぐフライトになるので、まぁ、似たような感じにはなるのは仕方ないかな…と。

ただ運賃的には、やはりZIPAIRの方がJALと比べると半額以下になっているのが特徴的(まぁ、タイミング次第ですが)。

フルフラットになる「ZIP Full-Flat」は、今までのアジア路線では、そのポテンシャルの全てを享受するのは難しかったですが、やはり北米路線ともなると、格段に利用価値が上がりますね。

でも「Standard」でも3-3-3列配置だから席周りにも余裕があるのは、かなり魅力的とも言えます。

逆に言えば、セール運賃なんかは基本的には無いのが難点ではありますが、これは仕方がないのかな…とも。

LCCだとちょっとしんどい。
だけれど費用はセーブしたい。

そんな時に、おススメになりそう。

4号機は来春前に受領予定で、次の就航候補は…?

今後は、今回のロサンゼルス線と既存の路線とを乗り継ぎしやすくなるように準備して行くとのコト。

念頭にあるのは、運航スケジュール的にはバンコク・シンガポール線なのだと思われますが、LCCだと乗り継ぎと言う概念は、あまりナイ会社が多いので、この辺りも変わって行くのかも知れませんね。

機材的には、先日、3号機を受領したばかり(元JAL機材)。

整備を行って12月下旬には就航する見通し。

この他に年度内にも4号機がJALから転籍して来る計画。

新規の路線としては、台北(桃園)線が計画に挙がっていましたが、それより先にロスが開設になったので、どうなるのやら。
仮に台北線が開設されるとすれば、4号機受領後となるのかな?それともデイリー運航でなければ、ロス線の合間運航も可能だと思うけれど。

そして今後は、ロス線のデイリー運航化もありますが、西海岸への就航都市も増やして行きたいとの構想。

カナダ・米国で日系人・アジアコミュニティの多い都市がまずは候補になりそうな雲行きですが、どこになるんでしょうね。
かつてはJALが就航していたラスベガスなどのリゾート路線も検討して行くとのコトなので、こちらも楽しみにしたい所ですが、そろそろJAL運航がナイ都市への就航も視野に入っても良さそうな気はしますね。

コメント