エアロK、成田線2路線目になる仁川線、開設へ!

5月30日、開設!

韓国の新興航空会社の「エアロK」が、2024年5月30日に成田~仁川(ソウル)線を新規で開設するコトを明らかにしています。

1日1往復での運航でスケジュールは、以下の通り。

エアロK|成田~仁川線運航スケジュール
  • RF325 成田11:50→仁川14:20|毎日運航
  • RF326 仁川08:35→成田10:50|毎日運航

使用機材は、エアバスA320型機。

「エアロK」の成田線は、1日2往復で運航している成田~清州線に続く2路線目と言うコトになります。

国際線を中心にひとまず路線網が広げている最中

コロナ禍真っ只中でのスタートとなった「エアロK」。

現在、運航路線はこんな感じ。

  • 日本路線
    ・成田~清州(1日2往復)
    ・関空~清州(1日2往復)
  • 台湾線
    ・清州~台北(1日1往復)
  • フィリピン線
    ・清州~クラーク(週2往復)
    ・清州~マニラ(週3往復)
  • ベトナム線
    ・清州~ダナン(1日1往復)

便数としては、やはり日本路線が最多な状況ですが、今回の成田線は同社国際線初の仁川発着路線となりそう。

今後は清州発着路線よりも、仁川発着路線に力を入れていくのだと思われますが、清州発着路線をどのぐらい残すのかは不明です。

それにしても、韓国は航空会社の数が人口規模を考えると多め。
2大フルサービスキャリアの大韓航空とアシアナ航空。
その傘下のLCC。
そして独立系のLCC。

強豪がひしめく中で、「エアロK」は、どう路線網を広げていくんだろう…と言う感じでしたが、今のところ、しっかりと路線網が広がっている感じですね(収益は別として)。

ただLCCは、日韓路線がやたらと多い。
まず日韓路線で路線網を広げて、収益を確保し、そこからアジア各地への路線を広げていく…と言う感じの流れが出来上がっている気がしますが、同じような感じで「エアロK」も進んでいくのかな…?

成田~仁川。
この路線、今、どのぐらいの会社が参入して、どのぐらい便数があるんでしょうね。

東京~ソウルだと、このほかに金浦空港発着路線もありますし、羽田発着路線もある。

合計すると、1日当たりで、かなりの便数になっているかと思いますが、そんなに需要が強いのだろうか…?

まぁ、便数は多いと言っても、大多数は韓国側の航空会社。
もうちょっと日系企業も頑張って欲しい感じはしますが、もうここまで参入している航空会社が増えてしまうと、さすがに機材繰りで就航させる以外だと、もう厳しいのでしょうね。

別に日系航空会社だから優れているとかは思わないけれど、やっぱりちょっと寂しさを感じるかな。

そして日本在住者からすれば、運航スケジュール的に一番便利になる可能性が高いのが日系航空会社なので、やっぱりもうちょっと頑張って欲しい感じはしますね。

Sponsored Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください