移動してマイルが貯まる「ANA Pocket」、12月に始動へ!

Miles・Point
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
たびかず
たびかず

ども。
たびかず(@tabikazu40)です。
長旅に出たり、フラッと旅したり、そんな旅ヲタなアラフォーです。

移動でマイルが貯められる「ANA Pocket」

ANAの新しいスマホアプリでのサービス「ANA Pocket」が、発表になり、2021年12月からスタートするコトが告知されました。

まだ詳細が発表された訳ではありませんが、徒歩・自転車・自動車・飛行機と言った全ての移動がポイント化され、マイルやデジタルギフト券に交換ができると言うモノ。

公式サイトがオープンになっているので見てみると、「徒歩」「自転車」「自動車」「飛行機」と言ったカテゴリー別に移動によってポイントが付与されると言う仕組みになっています。

JALは既に「JAL Wellness & Travel」と言うアプリをリリースしていますが、こちらはあくまでも健康と組み合わせたアプリで、歩数に応じてマイルが貯まると言う仕組みになっているのですが、「ANA Pocket」は、移動手段別にポイントが付与され、貯めたポイントをANAのマイル・ANA SKYコイン・デジタルギフトなどに交換ができると言うシステムのようです。

また“30日で200km歩いてみよう!”であったり、“渋谷で話題の5つのカフェに行ってみよう!”と言ったチャレンジのようなモノが設定され、楽しみながらライフスタイルの中でポイントを貯められる仕組みが設けられる模様。

またANAマイレージクラブ会員は、スカイコインが当たるガチャを無料で回せるとのコト。

年会費の有無は未発表ですが、スカイコインが当たるガチャを“無料”で回せると言う記載があるのと、月額550円を払うコトで、そのガチャが外れなしにできると言うサービスがあるみたいなので、利用自体は無料のような感じがしますね。

スポンサーリンク

気になるのは、換算率

移動をポイント化する。

直接マイルが貯められる訳ではありませんが、マイルを貯める手段が歩数の「JAL Wellness & Travel」よりも、「トリマ」に近い感覚なのかな?と。

「トリマ」は、移動or歩数でポイントが貯められるアプリですが、移動距離と歩数のどちらでもポイントを貯めるコトができますからね。

ただ移動手段×移動距離と言う感じのようなので、案外、複雑な感じになりそうな気もしますが(「トリマ」は移動距離・歩数の2本立てで、移動手段によるカテゴリーはないので、シンプル)。

まぁ、問題になるのは、換算率なのかな…とは思いますが。

実際、対抗馬になるであろう「トリマ」は無料で利用できますが、換算率自体は宜しくない。
「JAL Wellness & Travel」は月額料金が必要になっているアプリですが、何とか元は取れると言う感じ。
少なくとも月会費を仮に払うのであれば、ガチャを含めてプラスにならなければ、利用する価値は低いですからね。

どのぐらいの換算率になるのか…
気にはなりますが、そこまで換算率が良さそう…とは思いませんけれどもね、現時点では。

移動でマイルと言うのは、楽しみなところではありますが、ひとまず続報を待ちたい所ではありますね。

京都は懐かしいだけじゃない!ブルータスの京都特集!
created by Rinker

続く企画もありそうな予感

ANAは“マイルで生活できる世界”と言うのを推進している最中。

特に記事にはしませんでしたが、契約すると毎月300マイルが貰えると言う「ANAでんき」に続く形の企画が今回の「ANA Pocket」。

毎月の電気料金でマイルが貯まる…と言うのは、JALでは九電みらいエナジーのプランとして存在する。
で、今回の移動でマイルを貯めると言う仕組みは、JALは歩数。

普段、企画が似たり寄ったりになるコトの多いJAL/ANAですが、この分野は、多少なりとも色が出て来ている感じですね(でも珍しく先行しているのは、JALと言う感じはするけれど)。

基本的に非航空収入を上げて行くと言うのが、ANAの取り組みになるので、今後もさらに続く動きがありそうですね。

コメント