ANAマイル、期間・用途限定マイル新設で、使えない特典が出てくるコトに!

Miles・Point
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
たびかず
たびかず

ども。
たびかず(@tabikazu40)です。
長旅に出たり、フラッと旅したり、そんな旅ヲタなアラフォーです。

ANAマイルに期間・用途限定マイル出現!

ANAのマイレージである「ANAマイレージクラブ」。

現状、有効期限の設定があり、積算して36カ月後の月末にマイルが減算されていく訳ですが、2022年4月11日以降、新たに“用途・期間限定マイル”を導入するコトを発表しました。

具体的には、こんな感じ。

マイル口座グループ積算事由有効期限
グループ1|
通常マイル
フライト
ライフソリューションサービス
36カ月後の月末まで
グループ2|
期間限定マイル
キャンペーンなどで積算されるマイルキャンペーンにより異なる
グループ3|
用途・期間限定マイル
グループ4|
航空関連サービス・
期間限定マイル

マイルを使用する場合は、有効期限が近いモノから順に減算されるのはこれまでと同様。

但し、複数のグループでマイル残高がある場合は、グループ4→1の順で減算されて行くコトになります。

また、グループ2~4については、一部で、利用できない特典が生じて来るコトに(詳細は後述)。

スポンサーリンク

使えない特典が出てくる…

ちょっと面倒になりそうな気しかしませんが、ひとまず、各グループで利用できる・できない特典とは何か?をまとめてみます。

特典内容グループ1グループ2グループ3グループ4
ANA特典航空券
提携航空会社特典航空券
ANA国際線アップグレード
スタアラアップグレード
ANA SKYコイン
ピーチポイント×
ANA国際線超過手荷物料金支払
ANAグローバルホテル××
ANAトラベラーズホテル×
宿泊クーポン××
ANAグローバルレンタカー××
レンタカー利用クーポン××
食事クーポン××
空港アクセス××
海外オプショナルツアー×
オンラインツアー×
ANA利用券××
A-style×
ANA STORE@SKY×
ANAセレクション×
ANAマイレージモールクーポン××
提携ポイントへの交換××

上記の表は一部抜粋ですが、基本的に、グループ1と2では、使える特典に差異はナイ感じですね(期間限定マイルかどうかの違い)。

逆に、1・2と3・4の違いが結構あると言う気がします。

ってか…

2つぐらいの区分ならば、まだ頭の中で理解もできるように思いますが、さすがに4つに分かれてしまい、3つのグループで使える特典が異なるとなると、ちょっと分かりにくくはなりますね。

 

日常使いに誘導したいってコトなのか…?

基本的には、フライトや航空機の利用以外の買い物など生活における様々なサービスで得たマイルについては、これまで同様…と言う感じがします。

他のポイントやクレジットカードのポイントを移行した場合も、これまでと同様の様ですし。

 

ただキャンペーンで得られるマイルについては、今後、マイル口座グループがどこに相当するのか…と言うのは注意しなくてはいけなくなると言うコトですね。

まだ日ごろからよく搭乗する機会があったり、熱心にポイ活をされている方ならば、1年に1・2度は特典航空券へ交換する機会があるでしょうが、そうではない人は、マイルの失効が近くなる可能性が高いですからね。

先日、JALも来年度から国内線特典航空券の改定を発表しています。

こちらは積算したマイルの有効期限については、特に変更がなかったのですが、必要マイル数については増える可能性が高くなると言う改定。

でも、今回のANAの改定は、当面は、今まで通り感はあるけれど、キャンペーンは期待薄+今後、更なる改定に余地を残すと言う感じがしますね。

期間限定ポイントと言うと、楽天って言うイメージがありますが、日常で使う機会の多いポイントと、そこまで多用しないマイルとでは、やっぱ異なる気がしますが、日常使いを目指しているANAとしては、こうしたマイルの改定を行って、キャンペーンを行いやすくすると共に、日常へのマイル利用を促して行くと言う感じなのかな?と。

コメント