日本の空港躍進!世界のベスト空港ランキング2019が発表に!

Airport
この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク

羽田がチャンギに続く2位にランクアップ!

イギリスの航空サービス格付け会社であるスカイトラックス(Skytrax)社が、2019年度版の「世界のベスト空港ランキング(World’s Best Airport in 2019)」を発表しました。

こちらによると、日本の空港がトップ10の中に3ヶ所もランクインし(しかも、3ヶ所ともに前年より順位を上げている形に)、関空も前年よりランクアップして11位にランクイン。
部門別ランキングの“もっとも清潔な空港”では羽田空港が首位に、“スタッフサービス”でも、成田空港が首位に入りました。

順位空港都市前年順位
1位チャンギ国際空港シンガポールシンガポール1位→
2位羽田空港日本東京3位↑
3位仁川国際空港韓国ソウル2位↓
4位ハマド国際空港カタールドーハ5位↑
5位香港国際空港香港香港4位↓
6位中部国際空港日本名古屋7位↑
7位ミュンヘン空港ドイツミュンヘン6位↓
8位ヒースロー空港イギリスロンドン8位→
9位成田空港日本東京11位↑
10位チューリッヒ空港スイスチューリッヒ9位↓
11位関西国際空港日本大阪13位↑
12位フランクフルト空港ドイツフランクフルト12位→
13位桃園空港台湾台北15位↑
14位スキンポール空港オランダアムステルダム12位↓
15位コペンハーゲン空港デンマークコペンハーゲン19位↑
16位虹橋国際空港中国上海18位↑
17位バンクーバー空港カナダバンクーバー14位↓
18位ブリスベン空港オーストリアブリスベン22位↑
19位ウィーン空港オーストリアウィーン17位↓
20位ヘルシンキ空港フィンランドヘルシンキ16位↓

ってか、アジア勢がかなり占めていると言うランキングになっていますね。

トップ10だと、4位にカタール・ドーハのハマド国際空港を筆頭にアジア勢以外は4つの空港がランクインしてはいますが(いや、そもそもカタールもアジアか…)。

それにしても、シンガポールのチャンギ国際空港は、強いなぁ…と言うのが、正直な感想ではありますが。



国内線部門だと羽田が首位!伊丹が3位に!

国内線が主の「World’s Best Domestic Airport 2019」だと、首位は日本の羽田空港。

この他に、伊丹・鹿児島・熊本空港がトップ10位以内にランクインすると言う結果になっていましたし、トップ10は日本と中国で占めると言う状態に。
確かに国内線が頻繁にある国って、実はそれほど多くはないのでしょうが、それにしても、異常なランキングに見えてしまいます。

順位空港都市
1位羽田空港日本東京
2位虹橋空港中国上海
3位伊丹空港日本大阪
4位天津空港中国天津
5位鹿児島空港日本鹿児島
6位オルドス空港中国オルドス
7位藩陽空港中国藩陽
8位熊本空港日本熊本
9位鄭州国際空港中国鄭州
10位フフホト空港中国内モンゴル自治区

個人的には好きな伊丹空港がランクインしているのが、嬉しい所ではありますが、伊丹って、まだ改装工事中だったのに、ランクインしているんですね…

「World’s Best Airport Staff 2019」には、成田空港が首位、羽田空港も3位に入る感じで、日本の空港が上位に入って来ると言う形。

順位空港都市
1位成田空港日本東京
2位仁川国際空港韓国ソウル
3位羽田空港日本東京
4位中部国際空港日本名古屋
5位チャンギ国際空港シンガポールシンガポール
6位関西国際空港日本大阪
7位桃園空港台湾台北
8位香港国際空港香港香港
9位ウィーン空港オーストリアウィーン
10位ミュンヘン空港ドイツミュンヘン



空港ホテルとショッピング部門は大苦戦

ただ一見、日本の空港がランクインをしている様にも見えますが、苦戦している分野があるのも事実。

例えば、「World’s Best Airport Holtes」だと、日本の空港はトップ10に1つもランクインがナイ状態。

「World’s Best Airport Shopping」でも、首位はロンドン・ヒースローで、日本の空港はトップ10に1つもランクインがないので、今後の課題は、この辺りになるんでしょうね。

日本の空港も、免税店売り上げを伸ばそうと躍起になっている最中ではありますが、確かに、免税店とかは外国の空港の方が利用しやすいし、品ぞろえも豊かな感じがします。

個人的には羽田の免税店、もうちょっと拡張されないモノなのかなぁ…と言うのと、深夜発着も多いので、あと1時間ぐらい、営業時間が遅くならないのかなぁ…なんて思ったりもしますが、この辺りは改善余地があると言うコトなのでしょう。

[クールライフ] COOLIFE スーツケース キャリーバッグダブルキャスター 二年安心保証 機内持込 ファスナー式 人気色 超軽量 TSAローク (L サイズ(28in), シルバー)

新品価格
¥7,980から
(2019/4/8 01:37時点)

 

ベストターミナルはヒースローとチャンギが強し!

個人的に、このランキングで好きなのは、ちょっと細かいアワードが用意されていると言う点。

例えば、「World’s Best Airport Terminals 2019」なんて、一般的な旅客からすれば、そんな大きな話でもない気がするのですがね。

順位空港ターミナル
1位ロンドン・ヒースロー空港T5
2位シンガポール・チャンギ国際空港T3
3位ミュンヘン空港T2
4位ロンドン・ヒースロー空港T2
5位ドバイ空港T3
6位シンガポール・チャンギ国際空港T4
7位羽田空港国際線ターミナル
8位広州白雲国際空港T2
9位マドリッド・バラハス空港T4
10位バクーT1

ロンドン・ヒースローとシンガポールのチャンギ国際空港のターミナルが2つずつランクインしていますね。
日本勢は羽田の国際線ターミナルが唯一のランクイン。

羽田の国際線。
確かにキレイだし、大きさも程よい感じで使いやすいターミナルではありますが、ランクインする程に便利かと言われると、微妙な感じがしなくもナイんですけれどね。

寧ろ、関空の方が国内~国際への移動が上下移動だけで済むので、便利な気がするんですけれどもね。

このターミナルランキングはLCC版の「World’s Best Low Cost Airline Terminals 2019」もカテゴリーが用意されています。

順位空港ターミナル
1位関西国際空港T2
2位成田空港T3
3位クアラルンプール国際空港KLIA2
4位メルボルンT4
5位ロンドン・スタンステッド
6位ブリュッセル・サウスシャルルロワ
7位ノッティンガム・イーストミッドランド
8位ロンドン・ルートン空港
9位ベルリン・シェ―ネフェルト空港
10位フランクフルト・ハーン空港

関空と成田で1、2位を占めると言う形になっていますが、こちらはトップ3位まではアジア勢が独占していますが、その他の10位以内はヨーロッパのターミナルが入って来ているのを考えると、やっぱりLCCはヨーロッパの方が強いと言う形でしょうか。

セントレアにもLCCターミナルが出来るので、これからランクインして来るかどうか…と言う気はしますね。

ただこうしたアワード関係って、どうやって点数・順位付けをしているんだろう…と言うのが、素朴な疑問だったりします。

例えば、「World’s Best Airport for Transit Passengers 2019」と言う部門は、首位がソウルの仁川。

シンガポールのチャンギ国際と香港国際空港と続くのですが、4位に羽田、7位に成田がランクインしていたりします。

って、別にそんなに便利でもなくないかな、羽田も成田も、乗り換えと言う概念では。

羽田の国内~国際は不便だし、国内線のターミナルが違う場合も、結構、面倒。
成田は国内~国際は不便な上に就航都市数が多くないし、ターミナル間の移動はバスのみだから、これまた面倒な訳で。

一体、どうやってランキングしているのやら。

成田が便利に感じるのは、空港の話ではなく、JALとANAが揃って、アジア~アメリカ便の乗り継ぎ需要を拾おうと躍起になっている成果だと思うのですけれどもね。

他にも色々と部門があるランキングになっているので、興味が出たと言う奇特な人は、コチラをチェックしてみて下さいね。

「スカイトラックスのランキング」関連はコチラもチェック!






コメント