JR東日本、新幹線などの指定席販売を見合わせ!

Sponsored Link

新幹線・中央/常磐線特急が対象!

JR東日本が、2020年4月27日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、5月28日以降の新幹線・中央線特急・常磐線特急の指定席販売を、一時、見合わせるコトを発表しました。

これは感染拡大に伴い、新幹線ならびに一部の在来線特急では利用が減少しており、このままの状態が続くと、一部の列車の運休を検討する可能性があるコトから。

ゴールデンウィーク期間中の利用状況や社会情勢を踏まえ、今後の運転計画が確定するまで見合わせるとのコト。

指定席販売見合わせの対象になる列車は、5月28日以降に出発する以下の列車になっています。

指定席見合わせ対象列車

新幹線:
・東北/北海道新幹線:はやぶさ・はやて・やまびこ・なすの
・秋田新幹線:こまち
・山形新幹線:つばさ
・上越新幹線:とき・たにがわ・Maxとき・Maxたにがわ
・北陸新幹線:かがやき・はくたか・あさま

在来線:
・中央線:あずさ・かいじ・富士回遊
・常磐線:ひたち・ときわ

上記の全ての列車で、指定席券の発売が見合わせになります。

なお、既に「えきねっと事前受付」にて申し込みがなされている場合でも、発売見合わせに伴い、事前受付を取り消し扱いにするとのコト。

定期列車の減便もあり得る?

グランクラスの運用取りやめ既にJR九州はゴールデンウィーク中の在来線特急全列車の運休を発表していたりしますし、大井川鉄道井川線が全線で運転休止をしていたりしていますが(全線運転休止の期間も最初の発表からは延長になり、5月29日までになっています)、ゴールデンウィーク後の定期列車について、ここまでの大きな規模で何らかのアクションがあったのは、これが初ではないかと。

因みに、JR東日本でも既にグランクラスの運用取りやめは実施になっています。

新規の運転計画については、5月中旬頃に発表するとのコトですが、緊急事態宣言が、ゴールデンウィーク後まで続くかどうか…と言うのが、1つ目のカギにはなりそうですね。

これがゴールデンウィーク後も継続して発布されるとなると、やはり何らかの形で減便と言うのが実施される可能性が高そうです。

ただ仮にゴールデンウィークで緊急事態宣言が終了したとしても、そもそも旅行需要はスグに回復する様なモノでもありませんし、引き続き、外出は控えめになるでしょうから出張などの業務需要も低調なままな感じがしますから、少なくとも幾つかの列車では運休が行われたとしても、おかしくはなさそうな感じがしますね。

 

臨機応変な対応が厳しい?

新幹線および中央線特急、常磐線特急の指定席発売見合わせについて今回の新型コロナウイルスの感染拡大で、判明したコトの1つとして、鉄道業界は、急激な需要減退に非常に弱いと言うコトの様に思えます。

と言うのも、同じ交通機関として、航空業界も多大な影響が出ていますが、航空業界は、

・使用機材の小型化
・減便
・路線の運休

と段階を踏まえつつ、需要に合わせての動きが盛んに行われている感じ(それでも今回の需要減少はカバー出来るモノではありませんが)。

それに対して、鉄道業界は、

・臨時便の運休
・平日への土日ダイヤ導入

ぐらいでしか対応が行われていない感じも。

ようやく最近になって、減便などが発表になっていますが、やっぱり航空業界に比べると、その動きは遅い感じを受けます。

もちろん、利用者にとっては、有り難い話ではありますが。

航空業界は、IT化が進み、航空会社からネットで購入する比率も高くなっているコトもあって、搭乗便に変更が出た場合は、速やかにアナウンスがダイレクトに行えると言うの比べ、鉄道業界のネット直販はまだまだ高くはナイと言う感じで、何か変更があった時に、利用者に対してのアナウンスも出来ないと言うのもあるのかな…と(えきねっととかも便利ではありますが)。

短編成化も実際には出来ない場合もありますが、そもそもそこまで乗り気じゃない会社が多いですし。

アフターコロナを考えると、この辺りの改善も期待したい所ですが、JR東日本がここまで決断すると、他のJR各社も定期列車の減便・運休についてもそろそろ視野に入っている可能性がありますね。

関連リンク:
新幹線および中央線特急、常磐線特急の指定席発売見合わせについて

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください