移動して、歩いて、旅をお得にするアプリ!トリマの攻略法を考える

Sponsored Link

移動してマイルを貯めて、お得に旅を!トリマ!

先日、“移動をしてポイント(マイル)が貯められるアプリ”である「トリマ」がアップデートされました。

前に書いたJALの「JAL Wellness & Travel」と同様に、“旅をするだけで”ちょっとお得になるアプリですが、JALは歩数計アプリなのに対して、「トリマ」は、移動がメイン。
旅中だけでなく、日頃の通勤や通学でも移動と言うのは付きモノなので、日常生活でもこまめにポイントが貯められるアプリだったりします。
先日のアップデートの話題はひとまず置いておいて、まずはアプリの概要から見てみます。

まずこの「トリマ」。

正式に公開されたのは、2020年10月なのですが、既に、現在、100万ダウンロードを越えていると言う人気アプリ。

インクリメントPと言う会社が運営していますが、この会社、カーナビソフトが主力の会社で、「MapFan」も展開している会社だったりします。

ただ一時は、ゲームソフトの制作なども行っていたので、「トリマ」はその両方を併せ持ったアプリと言えなくもないかも…ですね。

ポッと出てきた企業ではないと言うのは、ポイント系のアプリとしては安心感が少しあるのも特徴でしょうか。

トリマでマイルを貯める方法

基本的には、移動をするコトでタンクにマイルが貯めり、タンクが満タンになるとマイルを回収でき、貯めたマイルを他社ポイント・ギフト券に交換ができると言うサービスで、完全に無料でも楽しめると言うアプリ。

マイルのため方は、こんな感じ。

トリマでマイルを貯める方法

・移動
・歩数
・アンケート
・友達紹介
・ミッション(サービスの利用)
・ガチャ/スロット

まず、マイルを貯めるメインになる“移動”で貯める場合。

基本的には、1つのタンクが満タンになると動画を見るコトで100マイル+スロット用のコインが貯められます。
正確に測ったコトはないですが、10kmぐらいで1タンクが貯まる感覚でしょうか。

仮に時間がなかったり、使用量や電池残量が厳しい場合は、動画を見なくても25マイルを貯められる設計なのは、優しいですよね。

歩数については、アップデートが行われて大きく改善されたのですが、こちらも基本的には“移動”で貯めるのと同じ感じです。
1,000歩ごとに、マイルの獲得が可能で、動画を見ると60マイル+スロットコイン、見ない場合は、15マイルが貯められます。

何気に充実しているのが、“ミッション”。
クレジットカードほか、ゲームアプリなどポイントサイトのように揃っていたりします。

交換はドットマネー経由で現金へも可能!

貯めたマイルの交換が、比較的充実しているのも「トリマ」の特徴で、こんな感じの交換先があります。

トリマ・マイル交換先

・Amazonギフト券300円分…30,000マイル
・nanaco/WAONポイント/dポイント/Pontaポイント300円分…30,000マイル
・Tポイント1,000円分…100,000マイル
・楽天スーパーポイント230円分…30,000マイル
・銀行振込1,000円分…100,000マイル

と言う感じで交換ができます。

「.money」へと交換する形で現金にも対応していると言うのは、嬉しいところですよね。
「.money」側や交換先でキャンペーンが行われていたりすると、より高還元と言うコトになりますし(例えば、dポイントの秋冬のキャンペーンのように)。

1タンクで100マイル(動画を見た場合)。

1,000円分だと100,000マイルが必要。
なので、1タンクで考えると、結構、ハードル高そうですよね、正直なところ。

1タンク満タンで1円計算ぐらいでしょうか。
動画を見ると言う行為が必要になるので、還元率的にはそこまで良くない気もしてしまいますけれどもね。

“移動”で貯めると言うのを考えると、単純に還元率が低いとも言い切れないか。

こんな時代だからこそお一人様|ひとり酒、ひとり温泉、ひとり山
created by Rinker

トリマ攻略 ① 追加タンクは装備する

ただそれでも“移動”するだけでマイルが貯められると言うのは、魅力的で、最低限の攻略法はマスターしておきたいところ。

まず1つ目が、追加タンクは必ず装備する。

「トリマ」を始めた時は、タンクが3個だけしか装備されていません。

これを8,000マイルで1個ずつ、最大10個まで追加するコトができます。

スタートしたばかりの時は、貯めたマイルをポイントなどに交換するのではなく、まずはタンクを増やすコトに専念した方がベターだと。

自分が持っているタンク以上の移動をすると、どれだけ移動してもマイルは貯められないですからね。

10個以上、増やせれば、より嬉しいんですけれどもね。
まぁ、それは仕方ないんでしょうね。

トリマ攻略 ② 3倍速機能をフル活用

2つ目は、3倍速機能を活用する。

これは基本中の基本になるコトなのですが、通常、大体10kmで1タンクがフルになるのですが、動画を1本見るだけで、3倍速になります。

3.3~3.5kmで1タンクが貯まる様になるので、駅間の長い鉄道路線だと1駅間でタンクがフルになるイメージですから(逆に、3倍速機能で通勤し始めると、通勤中に何度となく動画を見ちゃって、寝れなくなりました…)。

これをやるだけで、一気にタンクにマイルが貯まります。
通勤時に、家を出る間際・会社を出る間際に動画1回見るだけなので、簡単に3倍速に出来ると言うのも、嬉しいところです。

出張とかじゃなければ、通勤の片道分は動画1回で、3倍速って感じです。

トリマ攻略 ③ 動画は可能な限り視聴

そして3つ目が、タンクの回収はできるだけ動画を見るようにすると言うコト。

動画を見ずにタップするだけでも25マイルが貯められるのは魅力ですが、動画を見れば100マイルになるので、やっぱり見ておきたいところです。

動画自体は、長くても30秒程度。
途中で終了が可能な動画もあったりします。

また動画視聴後にガチャが回せますが、100マイルならば1日複数回、当選するコトも多々。
ハズレてもスロットが回せるコインが貰えますしね。

スロットは期待せず、でも大きい!

スロットについては、期待しすぎないと言うのが、イイかと。

スロットは回した後に動画を見ると、1コインが貰えるので、ボクは電池残量に余裕がある時で、Wi-Fiが飛んでいる場所でまとめて回しています。

まとめて回すと、さすがに何度かはマイルが当たります。

5コインを消費して、動画を見ると1コインがバック。
5,000マイル・1,000マイル・500マイル・100マイルが当たりますが、当選すると地味に大きい感じも。

特に1,000マイル以上は大きい感じがしますね。

ただ過度に期待する形ではないですかね。

デメリットもあるけれど、やっぱりお得

無料で利用できるアプリですし、移動するだけなのでお得感もあるアプリ。

デメリットとしては、こんな感じ。

・バッテリー消費が激しい
・動画を見る必要があるので、使用量が気になる
・還元率は高くない

バッテリーの消費は仕方がないのかな…と割り切っています。
そもそもGPS機能を使う訳ですし、他の移動系アプリも同様にバッテリー消費は激しいですからね。

使用量については、ボクの場合は、ここ最近、朝は利用する列車を変えました。
変えた列車にはWi-Fiが付いている車両が充当されているので(笑)。
この辺りも割り切るしかないですかね。
ホントならば、ポケットWi-Fiを持っていれば良いのですが。

確かにマイルは貯められるし、ポイント・現金交換も難しくない。

無料の移動アプリ系としては、一番、貯めやすいアプリだとも思います。

が、還元率については、もう少し…と言う気は、正直な感覚ですかね。
貰えるマイルの単位が大きめなので錯覚してしまいますが。

ともかく、旅をする人には、おススメのアプリではありますけれどもね。

紹介コードから登録するともれなく5,000マイル!

 

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください