ANA、操縦桿やモックアップシートを抽選で販売へ!

Sponsored Link

ANA、今度は操縦桿やシートを抽選販売!

ANA傘下の全日空商事が、退役したANAのボーイング767-300型機の機材グッズなどを、2021年4月27日から抽選で販売するコトを発表しました。

“機材グッズ”と言っても、かわいい話ではなく、かなり本格的モノがずらり…と。

本格的と言うか、かなりマニアックな商品構成になっていて、「ANAコレクターズグッズ」として、4回に分けて販売するとのコト。

まずは、その概要から。

ANAコレクターズグッズ販売2021|概要
  • 第1弾…スラストレバー
    期間|2021年4月27日~5月11日
    価格|120万円(税込)
  • 第2弾…操縦桿
    期間|2021年5月11日~5月25日
    価格|75万~80万円(税込)
  • 第3弾…コックピットパネル
    期間|2021年5月25日~6月8日
    価格|22万円(税込)
  • 第4弾…モックアップシート
    期間|2021年6月8日~6月22日
    価格|60万~70万円(税込)

第1弾の「スラストレバー」は、機材番号・シリアル番号・総飛行回数・総飛行時間が入ったメモリアルプレート付きのシロモノで、合計4台。日頃は全く、目にするモノでもないですが、エンジンの推力を制御する装置になり、価格が税込120万円。

第2弾の「操縦桿」も、期待番号・シリアル番号・総飛行回数・総飛行時間が入ったメモリアルプレート付きで、こちらも全4台。機長席側と、主に副操縦士が座る側用が用意され、機長席側が80万円で、副操縦士側が75万円。

第3弾のコックピットパンレスは、全9台と多めですし、値段的にも一番手頃なシロモノで、それぞれ異なったモノが用意されています(機能の詳細は保安上の機密になっています)。

最後の第4段目は、モックアップシート。
これだけ実際の飛行に使われたモノではなく、展示などで使用されたモックアップシートになっているのですが、テーブル・ヘッドレストなどは実機とほぼ同様。国内線プレミアムクラス・国際線プレミアムエコノミー・国際線エコノミークラスの3タイプがそれぞれ1台ずつ。

と言うような内容になっています。

マニアックな構成?

いや…

マニアックすぎる…

シートぐらいなのかな…と思ったら、操縦桿とかも販売です。
まだ操縦桿は素人目的にも分かるシロモノですが、その他の2つは…と言う感じですが、航空ファンからすればかなり羨望なんでしょうかね(それすら分からない…)。
ジャンク市と違って、お値段的にもかなり高額な商品ですが、なかなか手に入れる機会がナイ製品ばかりなので、ファンからすれば、堪らないって話になるのかも。

で、一番分かりやすいのが、モックアップシート。

プレミアムクラスとプレミアムエコノミーは2席タイプで、エコノミーは3席タイプのシロモノ。

これ…
自宅にあったとしたら、かなり場所を取るシロモノですよね、きっと。

でも、誰かの家に伺って、これがリビングにあったら、かなりびっくりし、とりあえず、話が弾むコトは間違いありませんけれど。

ソファ代わりに…って感じで、一番、実用性もあるのかも。
エコノミークラスのモックアップシートならば、横にもなれますしね。

いや、そもそもこう言う企画で実用性なんて求めるのが、野暮ですけれど。

貪欲なANA!次は、何が…?

コロナ禍後、ANAは貪欲に売り上げを求めている感じがありますが、機材を活かしたレストランや、遊覧飛行と言ったモノを継続的に開催しているし、機内食の販売も、かなり熱心に行なっていますが、今回のは、その極みと言う企画でしょうか。

もう後は、“機材本体を売ります!”ぐらいしか無くなって来ましたかね…

抽選はWEBのみの受付で、エントリーも1種類に付き1回のみになっているのですが、「スラストレバー」と「モックアップシート」は、大型商品のため、ヤマト運輸の「らくらく家財宅急便」でのお届けになるとのコトですが、特に「モックアップシート」に関しては、間口などは注意した方が良さそうですね。

因みに、コロナ禍で開催される運びになった感はありますが、ちょこちょことこうしたモノは売られていて、モックアップシートは2015年以来の登場。操縦桿も2017年以来の登場。

スラストレバーとコックピットパネルが初登場と言うコトになります。

YouTuberさんとか、買ってくれないかな(で、動画にして欲しい…)。

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください