ANAが今年もプレミアムポイントの2倍付与キャンペーンを開催!

Miles・Point
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

ANAが今年もプレミアムポイント2倍付与開始!

ANAが、「ANAマイレージクラブ」会員を対象に、「2021年春 プレミアムポイント2倍キャンペーン」をスタートさせました。

何だか急に始まった感があるのですが、事前に予告、ありました?と思いつつ、まずは詳細から見てみます。

2021年春 プレミアムポイント2倍キャンペーン|概要

対象搭乗期間|2021年3月22日~6月30日まで
対象路線|ANAおよびANAグループ運航の国内線全路線
*提携航空会社運航のコードシェア便は、ANA便名で予約・搭乗した場合のみ対象
対象運賃|マイル積算率75%以上の国内線運賃
対象者|期間中に対象運賃で搭乗した全てのANAマイレージクラブ会員
内容|プレミアムポイント数を通常の2倍積算
積算時期|
・2021年4月30日までの搭乗分…2021年5月下旬ごろ
・2021年5月1日~5月31日までの搭乗分…2021年6月下旬ごろ
・2021年6月1日~6月30日までの搭乗分…2021年7月下旬ごろ
*マイルを事後登録した場合は、搭乗日の翌15日頃までの登録完了分を上記日程で積算。他の期間での事後登録の場合は、2021年8月下旬ごろに積算

新たに国または都道府県により新型コロナウイルス感染拡大防止対策が講じられた場合などは、キャンペーンを中止する可能性もアリとのコトです。

国内線運賃でマイル加算率が75%以上が対象と言うコトなので、50%になる運賃が対象外と言うコトになりますね。

具体的に見ると、

・個人包括旅行割引運賃
・スマートU25
・スマートシニア空割
・ANA SUPER VALUE SALE

と言ったところが対象外になるので、要注意です。

プレミアムポイントは、年間30,000ポイント以上の獲得でブロンズ、50,000ポイント以上の獲得でプラチナ、100,000ポイント以上の獲得でダイヤモンド会員になるコトが可能で、それぞれランクに対して特典が用意されているモノ。

国際線への搭乗が、当面、なかなか難しい情勢にある中で、新たにANAでステイタスの獲得を目指そうとするのであれば、今回のこのキャンペーンは、フルで生かしておきたいところ…でしょうか。

これも地球の歩き方|世界の巨岩・奇岩に想いを馳せて…
created by Rinker

緊急宣言解除直後から開始の意味は?

それにしても…

このキャンペーン、唐突に始まった感がありますが、それでも既視感があるのは、否めないですね。

ってか、去年も同じようなことしてましたよね、ANA(去年のキャンペーンはコチラから)。

普段、ボク自身がどの航空会社でも平会員で、それでもワンワールドの方が好み…と言うコトもあって、あまりANAの話題を取り上げる機会が多くはないこのブログですが、それでも去年の同様のキャンペーンは、あまりにも大盤振る舞いだったので、つい記事にしたぐらいですしね。

因みに、去年は2020年1月1日~6月30日までで発表され、過去に遡ってプレミアムポイントを倍額付与すると言う異例のキャンペーンでした。

で、去年も賛否両論があったキャンペーン。

まだ去年はコロナに対して、全員が手探りな部分があった様には思いますが、どうなの?と突っ込まれても仕方がないのかな…と言う感じも。

ただ旅をする分に関しては、個人的には、そこまで過度に…と思っていますけれどもね。

特にお一人様での旅なんかは。

しっかりとマスクを着用して、手洗い・消毒を心掛けていれば、そこまで過度に…と言う気がしてしまっています。

でも…

さすがに露骨感は否めないですけれどもね。

緊急事態宣言解除翌日なんて。

いや、露骨と言うと悪く聞こえますね。
満を持して…と言うべきなのでしょう。

ANAが経営を回復基調に確実に乗せるために、まずはしっかりとした土台である上級会員をガチッと確保するために、なりふり構っていられないと言うのが、このタイミングの意味でしょうか。

第3のブランドとなる新LCCを立ち上げるとなると、ANA本体はより一層、上級会員を掴んでおく必要もありそうですからね。

これも地球の歩き方|世界の指導者図鑑
created by Rinker

既に上級会員向けは手厚い保護

ただ既にANAは、2021年の上級会員ステータスの維持については、ボーナスプレミアムポイントの特別付与について発表がなされています。

このボーナスプレミアムポイントの付与で、ステータスの維持が非常に楽になっているどころか、新規の上級ステータス取得のために必要となるプレミアムポイントが少なくなっている状態。

そこにこの2倍付与と言うキャンペーン。

大盤振る舞いです、まさに。

これ以上、上級会員を増やしても、それに見合ったサービスを行なえるの?と言う気しかしないぐらいに大盤振る舞いです。

で…

JALが追随するのかどうか。

ま、JALとしても完全に追随とまでは行かなくても、何かしらの上級会員への施策がまた出て来てもおかしくはなくなりましたかね。

コメント