JAL、スカイタイムが大幅リニューアル!

Airlines
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

スカイタイムがリニューアル!

JALが、2020年12月21日から、機内サービスで提供しているオリジナルドリンクの「スカイタイム」をリニューアルするコトを発表しました。

“リニューアル”と言っても、味自体が変わってしまうので、名前こそ「スカイタイム」ですが、全く異なる製品と言うコトになる訳ですが…

で、新しい味は、「スカイタイム ももとぶどう」。

実に5代目になる「スカイタイム」ですが、初めての合成味。
果汁10%で、白桃と白ブドウ・赤ブドウを使用しているとのコト。

元々、東京オリンピック・パラリンピックに合わせてのリニューアルを予定していたとのコトですが、コロナ禍以後、機内サービスも大きく変更されたりしていたコトもあり、このタイミングになった模様。

国内線ドリンクサービス対象便と国際線全路線で提供されるとのコトで、年末年始を迎え、搭乗機会がある人は早速、飲めるチャンスですね。

 

キウイ味、大好きだったのだが…

それにしても…

ショックです。

今の味は、キウイ。
これが大好きなんですよね、個人的に。

もうJALに乗って機内ドリンクはこれしか頼んでいないぐらいに。

元々、今のキウイ味は、4代目。

ただ1992年に登場した初代「スカイタイム」もキウイ味。
その後、2004~2011年までが、2代目のゆず味。
そして2011~2014年までが3代目のシークワーサー味。
現行の4代目は2012年に夏季限定で復活したのを、2014年に再度復活と言う形で、今まで提供が続いていました。

甘い。

だけれど、まったりとした甘さと言うより、しゃきっとした甘さ…と言うのと、そもそもキウイ味って他ではなかなか飲めないので、気に入っていたのですがね。

寧ろ、街中でも売って欲しい…と思うぐらい(空港売店では購入ができますが)。

2代目のゆずも好きでしたが、やっぱりキウイの方が好きかな。

 

航空会社オリジナルドリンクってある?

それにしても…

そもそも「スカイタイム」って、どれだけの人気があるんですかね。

根強い人気があるのは分かるんですが。

でも、JALに搭乗する機会が多い人・航空ファン・熱烈な旅人以外だと、ファーストチョイスとしては出てこない様な気がするんですけれどもね。

お茶・コーヒー・水…と、他の飲んだ経験のある飲み物を頼む人の方が、断然、多いでしょうし。

それなのにオリジナルドリンクを作っている理由は、どこにあるのやら。

いや、作り続けて欲しいとは思っていますが、ドリンクサービスでオリジナルドリンクメニューがある航空会社って(上級クラスやアルコールを除く)、他にどれだけあるんだろう…とも。ANAにはかぼすがあるけれど、海外の航空会社でも結構、あるのかな??

コメント