ANA、ステイタス獲得チャレンジ実施!だがお得か、これ?

Miles・Point
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

ANA、ステイタス獲得チャレンジ実施!

ANAが、2022年度分のANAマイレージクラブのプレミアムステイタスについて、既存の搭乗回数などによる基準の他に、プレミアムポイントの獲得数・サービス利用数・ANAカード/ANA Pay決済額に応じてステイタスを付与する「プレミアムメンバーステイタス獲得チャレンジ」の実施を発表しました。

まず基準は、こんな感じ。

 プレミアム
ポイント数
対象サービス
利用数
ANAカード・
ANA Pay決済額
ブロンズ15,0004サービス以上400万円
プラチナ30,0007サービス以上600万円
ダイヤモンド50,0007サービス以上600万円
80,0004サービス以上400万円
ダイヤモンド
+More
150,0007サービス以上600万円

期間は、プレミアムポイントの獲得は、2021年1月1日~12月31日までで、それ以外については2020年12月16日~2021年12月15日まで。

ココでの“対象サービス利用数”は、以下のサービスが該当します。

・ANAのふるさと納税
・ANAの保険
・住まいdeMILE
・ANAショッピング A-style
・ANAトラベラーズ
・ANAマイレージモール
・ANAカードマイルプラス
・ANAマイレージクラブモバイルプラス
・ANA国際線機内販売
・空港内店舗
・マイルが貯まるその他の加盟店

こう見ると、4つと言うコトならば、サービス利用数は難しくはなさそうで、7つでも行けそうな感じがしますね。

となると、問題は決済額って話なんでしょうかね。

誰得?みたいな気しかしないが…

注意点としては、ANAカードを複数枚、保有している場合は、合算での計算ではなく、1枚で利用金額条件を達成する必要があると言う点でしょうか。

なので、最低でもANAカード1枚+ANA Payで400万円を決済する必要があると言うコトになります。

400万円以上…
そもそもお得感があまり感じられない内容ですかね。

そもそも400万円あれば、国内のフライトで修業した方がベターなのでは…としか思えない。

国際線に気軽に乗れる状態じゃないからこその救済措置ではありますが、救済になっているとは思えないって言う気がしてならない。
JALは既存の上級会員に対しては、ボーナスFOPを付与するコトが発表されていますが、ANAはどちらかと言うと、新規に目を向けたのかな…?

でも、新規で上級会員を目指すにしても、やっぱり既存のフライトでステイタスをクリアした方が、ベターのような気はしますね。

結局のところ、出張で利用していたそこそこの役職を持つ上級会員に向けた措置なのかも知れませんね。
でも、そもそも役職付きだろうが何だろうが、決済するのは法人な訳ですから、こうした上級会員を救う必要が果たしてあるのかなぁ…なんて、上級会員の優先搭乗で列ができているのを見ると、思っちゃいますけれどもね。

コメント