ANAのオール2階建てA380型機、詳細が発表に!

Sponsored Link

ANAのA380は2019年5月24日就航!

ANAは、オール2階建てのエアバスA380型機のハワイ線就航計画や、ハワイ線の新サービスである「ANA HAWAii」を発表しました。

ANAのA380型機の就航日は、2019年5月24日。
当初は火・金・日曜の週3往復として運航しますが、2019年7月1日からは2機目のA380型機が就航し、週10往復に増便するコトに(導入機材は合計で3機予定)。

まず既に公表されていましたが、ANAのハワイ線としては初めてのファーストクラスが8席、設定されます。

日系航空会社としては初のドア付きの個室型シートが採用され、プライベート感を向上させたシートが特徴で、AC電源・USB電源は2ポートを装備し、個人用のモニターは32インチ。

アメニティキットは、イギリスのグローブトロッターのポーチを採用し、日本発便はアイボリーで、ホノルル発便はネイビーの色を採用(3~4カ月ごとに新しい色のポーチを提供するとのコト)。

機内食は、ホノルル発便においては、フォーシーズンズ・ホテル&リゾーツ内のイタリアンレストラン“Noe”とのコラボレーションメニューで、イタリアとオアフを融合したオリジナルメニュー。

って…
何故、ハワイ線なのに、イタリアンとのコラボなんでしょうね。

かなり謎です。

ビジネスクラスは2タイプ

ビジネスクラスは56席で、全ての席が、通路からダイレクトにアクセス出来る1-2-1の配列で、基本的にはスタっガードタイプだdが、2人連れや家族連れでも楽しめる様に、一部の席ではペアシートとして利用出来るモノが採用されています。

サイドテーブル脇にAC電源とUSB電源2ポートを完備し、個人用モニターは18インチ。

アメニティキットは、“Fred Segal”とコラボしたハワイ線限定のポチを採用し、エコバッグ・歯ブラシ・アイマスク・イヤープラグのセット。

プレミアムエコノミーは、73席。

2-3-3の配列で、38インチのシートピッチを採用し、AC電源とUSBポートが一体化した電源を完備し、個人用モニターは15.6インチ。

アメニティキットは“FLYING HONU”エコバッグ。

プレミアムエコノミーは、通常、エコノミーと同様の機内食を提供しているが、このハワイ線のみ、ワンランク上のメニューを特別に提供するとのコトで、投機性の食器に盛り付けで、スイーツもビジネスクラス同様のピエール・エルメ・パリのモノを提供するとのコト。

これら3クラスが2階(アッパーデッキ)に配されており、ホノルルのダニエル・K・イノウエ国際空港に新設するラウンジ直結のボーディングブリッジを使って、2階席へ直接アクセス出来るとのコトです。



1階席は全てエコノミークラス!

メインデッキとなる1階席は、全てエコノミークラスで合計383席を配置。

各シートにプレミアムエコノミー同様のAC電源とUSBポート一体型ユニットを完備し、個人用モニターは13.3インチ(最前列は11.6インチ)。

後方60席分は、日系航空会社としては初となるカウチシート「ANA COUCHii」を採用。

これはレッグレストを上げるコトで、3席もしくは4席をベッドの様にして使うコトが出来るシート。
いわゆる“寝そべりシート”と言われているシートですが、ニュージーランド航空などで既に採用されているシート。

子供連れなどのファミリーには嬉しいシートかも知れませんね。

マイルでの特典航空券枠が大きく拡大!

さて、このA380型機の就航で一番変わるのは、マイルによる特典航空券で提供される座席数が拡大されると言うコト。

プレミアムエコノミーも特典航空券の対象になるようになる他、特典航空券利用時に、座席を必要としない用事運賃の航空券を、同伴する大人の特典航空券に必要なマイル数の10%で利用出来るコトに。

ANA便を利用してハワイを訪れたANAマイレージクラブ会員は、ワイキキのTギャラリアとアラモアナセンターを片道約12分で結ぶ電気バスの「ANAエクスプレスバス」を無料で乗車できるように(2019年4月20日~運転予定)。

またワイキキ・ショッピングプラザ内にあるラウンジ施設の「マハロラウンジ」も2019年春からマイルで入室できるようになります。

A380でハワイに行きたい?

A380型機。

日系に導入される日が来るなんて、思ってもいなかったけれど、ぶっちゃけ、今更感がない訳でもナイ。

もう既に中東以外の航空会社ではA380型機で一気に大量の乗客を運ぶよりも、燃費の良い航空機でダイレクトに目的場所に入ると言う方が主流ですからね。

この前方から見た時の、ヌメーッとしたフォルムは嫌いじゃないですが、何度見ても、頭にたんこぶを付けたような感じに思えてしまいます。

個人的にはソウル・仁川→バンコクのアシアナ航空でA380型機は搭乗したコトがありますが、乗りたいか?と聞かれると、そこまでテンションが上がる訳でもナイですかね。

そもそもANAは羽田発のホノルル線発着枠を持っているのですが、このA380型機は成田からの就航。

個人的に成田は“遠い”んですよね。
LCCならばいざ知らず、羽田線もあるのならば、やっぱり羽田を使いたいなぁ…と、つい思ってしまいます。

まぁ、A380型機を羽田に飛ばそうとすると、乗り入れ時間帯が限られるなどの制約があるから、仕方がないのでしょうね。

でも、それよりも何も、オール2階建てだからこその混雑がげんなりしちゃうんですよね。

自分が乗った飛行機じゃなくても、入国がA380型機での運航路線と被ったりすると、出入国が激混みになる訳ですが、やっぱりそれが好きじゃない。

ハワイ線はホノルルの到着が早朝だったりするので、朝っぱらから、混雑した出入国カウンターにずっと並んでいると言うコトを考えただけでも、ちょっとげんなり。
しかも、やたらと時間のかかるアメリカだと思うと、余計にそう思ってしまいます。

機内だって、A380型機って、キャパの割にトイレも少ない様な気がするんですよね。

確かに大きな機内空間を生かした設計が出来るA380型機。

でも、それを楽しめるのは、やっぱりエコノミークラスじゃない。

そう思っちゃうんですよね。

ただ、こうしてA380型機が運航されるようになって、色んな選択肢が出来ると共に、航空券の値段が下がる可能性があると言うのは、嬉しいコトですけれど。

…って、別にハワイに行く機会は、当面、なさそうではありますが。

「ANAに乗って、どこ行く?」的な記事はコチラもチェック!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。