チェジュ航空、弾丸旅行も可能なスケジュールで羽田~仁川に就航!

Sponsored Link

チェジュ航空、関空~清州・グアム線に就航!

韓国LCCのチェジュ航空が、先日から

・関空~清州
・関空~グアム

の2路線に就航しました。

関空~清州線は、

7C3171 関空19:20→清州 21:00
7C3172 清州 07:00→関空 08:40

の1日1往復。

関空~グアム線は、

7C3172 関空 10:10→グアム 14:40(月~木・土・日)
7C3171 グアム 15:40→関空 17:55(火・木・土)
7C3171 グアム 15:40→関空 18:20(水・金・日)

のスケジュール。

これにより、チェジュ航空の関空発着便は、

・ソウル(仁川)
・ソウル(金浦)
・金海
・務安

に続き、韓国路線5都市とグアム線の合計6路線となり、関西~韓国を結ぶ航空会社としては、最多の路線数を誇るコトになり、合計で週70便体制にまで拡大するコトに。

グアム線は、日本発で金曜発がないのがちょっと痛いですが、ティーウェイ航空に続く、韓国航空会社の乗り入れと言うコトになります。

そもそも務安に続き、清州と、日本人には馴染みが薄い都市からの就航。

いや、その前にプサンや済州島からの就航じゃない?と言うのを、見事に裏切ってくれる訳ですが、ホントに次から次へと就航してきますね。

これだけ就航してくれると、ホントに色々と韓国旅行の計画が立てやすくなると言うモノです。



羽田~仁川線も深夜便で就航!

そして、そのチェジュ航空が、今度は羽田~ソウル(仁川)線に定期チャーター便で就航させるコトが発表になりました。

こちらは、2018年8月10日~10月29日までの期間限定で、週2便での運航と控えめなのですが、韓国のLCCがこの路線に就航するのは、初と言うコトになります(他にはピーチが深夜便で毎日1往復で就航している)。

発表されたスケジュールは、以下の通り。

7C1281 羽田 02:00→仁川 04:30(月・土運航)
7C1282 仁川 22:50→羽田 翌01:00(金・日運航)

金曜の深夜(実際は土曜日)に羽田を出て、土曜日の早朝にソウル着。

日曜の夜に仁川を出発して、羽田に深夜到着(実際は月曜)と言うスケジュールで、働いている人でも弾丸旅行が可能なスケジュールになっています。

今までなかったのが不思議なぐらいなのですが、同じく羽田~仁川線を深夜便で就航しているピーチの今のスケジュールだと、

MM809 羽田 01:55→仁川 04:25
MM808 仁川 22:35→羽田 翌00:55

と、ほとんど同じ様なスケジュールになっています。

ピーチのこの路線は、他の路線よりも頻繁に遅れが出ているのが気になるのと、セールになってもそこまで安くはならなかったりするのですが、チェジュ航空の就航で、こうした部分がどう変わって行くのかも気になる所ではあります。

羽田はピーチにしてもアウェイな部分がありますが、関空はピーチの本拠地。

チェジュ航空がこうしてどんどん攻めて来ているのは、ピーチの動きが鈍いと言うのもあるのでしょうかね…なんて思いつつ、さらに攻め込まれている感じがしてしまいます。

因みに、チェジュ航空はこの羽田~仁川線の就航セールも実施。

2018年8月11~27日の搭乗を対象に、9,000円からの販売に(サーチャージならびに航空使用料などを除く)。

ん?

9,000円?

チェジュのセールにしては高くない?

“羽田”と言うだけで、ここまでセール運賃も上げて来ますかね。

週2便の定期チャーター便扱いなのに…
関空~務安の就航記念は、1,000円だったのに…

「チェジュ航空」にまつわる話題はコチラもチェック!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください