JAL、国内線特典航空券、必要マイル数を一部の空港発着便で改定!

[temp id=2]

マイルがあっても、どこで使えば良いのか…
そんな状態が1年以上にも及ぶ。

まさかこんな感じになるとは…と言う感じですが、虎の子のマイルは何とか守り切りたいんだけれどもなぁ…

JAL、国内線特典航空券、一部の空港便で必要マイル数アップ!

JALが、2021年10月31日申し込み分より、国内線特典航空券における国内線旅客施設使用料(以下、PFC)対象空港発着路線の必要マイル数の改定を発表しました。

PFCが導入されている空港のみの話なのですが、現在、国内の空港ではそこそこの数の空港に導入が行われているコトから、基本的には大多数の特典航空券が対象になると言う話になりそうです。

ひとまず、概要から。

対象航空券|
・JALグループ国内線特典航空券
・JALグループ国内線JMBダイヤモンド特典航空券

対象路線|
新千歳・仙台・羽田・成田・中部・伊丹・関空・福岡・北九州・那覇の各空港を発着する路線

適用開始日|2021年10月31日申し込み分~

必要マイル数|
上記空港を発着する路線で、出発・到着空港それぞれに所定のマイル数が必要になる

*どこかにマイル/おともdeマイル割引・JAL国際線特典航空券およびワンワールド特典航空券に含まれる日本国内区間は今回の改定の対象外

*新千歳~女満別線は対象外

新たに必要になるマイル数は、以下の通り。

発着空港 必要マイル数
新千歳空港 270マイル
仙台空港 230マイル
羽田空港 290マイル
成田空港 290マイル
中部空港 440マイル
伊丹空港 260マイル
関西空港 260マイル
福岡空港 100マイル
北九州空港 100マイル
那覇空港 120マイル

1,000マイルとかの単位ではなく、比較的マイル数も地味なのですが、これは国内線で特典航空券を良く利用する人からすると、じわりと来る改定となりそうですね。

小腹空いた時におススメサイズ|JALですかいミニカップ4種20個セット
created by Rinker

発着それぞれでマイルがプラスに必要へ!

今回の改定で大きなポイントは、発着それぞれで必要になると言う点。

例えば、羽田→新千歳線を発券すると、新千歳の270マイルと羽田の290マイルが新たに必要マイル数に加わると言う感じ。

片道だと560マイルですが、往復すると1,120マイルが新たに必要マイル数として上乗せされる形になります。

やっぱりどう考えても、地味に痛いですね。
フツーに現金かカード決済でPFCを払いたい…と、つい思ってしまいますが、どうしてマイルでの上乗せ…と言う形になったのやら。

でも、これを考えると、先日、JAL国内線などの必要マイル数の改定が行われたブリティッシュ・エアウェイズ/イベリア航空の「エグゼクティブクラブ」がまたしてもやや有益になっちゃいますね。

派手に有益と言う訳じゃないですが、JALに比べると、必要マイル数が少なくて済むと言う可能性も出て来るかと。

スポンサーリンク

 

コロナ後は改悪が進むのか…?

なんか悪手だなぁ…と言う気にはなっちゃいますね。

これが別にマイルじゃなかったら、あまりそう思わないんだけれど。

逆に言えば、JALは自社のマイルの価値を幾らだと思っているのだろう?
1マイル=1円ってな訳じゃないし、JALだってそれを分かっていると思うのですがね。

それなのに、どうしてこのマイル数の設定なんだろう…?

 

ただコロナ禍で、世界的に航空会社の経営は、大きく傷ついている状態の今。

今後も似た感じの改定が出てくる可能性も否めないですよね…

今回の改定が、はじまり…にならないコトを祈るばかり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください