実質飛行時間が7分弱の日本最短路線・北大東~南大東線、運休へ!

区間マイル、わずか8マイルの激短路線!

JALグループで沖縄の離島路線を小型機で担当する「琉球エアーコミューター」(RAC0)。

2024年度の基本便数計画を発表し、この中で、日本一の短距離路線である北大東~南大東線を2024年8月1日から運休するコトを明らかにしました。

現状、北大東発が月・金・土・日曜の14:40(RAC736便)。
南大東発が火・水・木曜の14:40(RAC735便)。

共に15:00には到着してしまう20分の路線。
片道あたりの区間マイルは、8マイル。
空港間の直線距離はわずか約13kmで、実際の飛行時間は約7分程度と言うホントに激短の定期便路線。

これを那覇~北大東と那覇~南大東をそれぞれ増便する形で、運休する計画。

運休後は、那覇~北大東が0.5便から1日1往復に、那覇~南大東が1.5便から1日2往復に、それぞれ0.5往復分、増便される感じなので、発展的な運休ではあります。

 

発展的な運休とみるべき

機会があれば、いつかは乗ってみたいなぁ…と思うような短距離路線。
ここまで短距離路線は、世界的に見ても、そこまで多くはないと言うレベルだと思うのですが、いよいよ幕が下りると言うコトに。

ただ発展的な運休ですから、何とも言えないかな…と。

実際、北大東~南大東間を空路で移動する需要は限定的でしょうしね。

逆に増便するレベルまで、那覇との往来が増えていると言うコトなのかな?

那覇線が増便されると言えども、別に近い訳じゃなく、那覇~北大東間が約379km。南大東で362kmの距離がある。

この距離は、那覇からだと宮古島よりも遠いと言うレベル(那覇~宮古で約285km)なので、需要が増えていなければ、増便する意味もないと思うけれど…
JALグループと言えども、RACは別に経営基盤が強い航空会社でもなければ、収益源となるような路線がある訳じゃないですしね。

ただこの8マイルの路線でも利用すれば、搭乗回数に含まれるし、JAL LIFE STATUSポイントも満額貰えるんですよね(それぞれの島で降りる必要がありますが)…
まぁ、実際に大東島路線を修行に使う人は、そう多くはないと思うけれど。

空路も島も特徴ある大東島

特徴のある路線だったけれど、まぁ、空路自体は維持されるので、仕方がない。

それよりもやっぱりいつかは北大東島にも行ってみたいなぁ(もちろん、南大東島にも)…

 

ってか…
こうしたYouTubeって見てるだけで行きたくなるなぁ…

でも船で行くのも、面白いんですよね、北大東島って。

日本も、ホント、広いよなぁ…
ボクは離島とかほぼ未開拓なんだけれど(その理由は、コストが高くつくので手が出せないと言うのが実際のところです…)。

Sponsored Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください