JAL、新年最初のタイムセールは1月6日からスタート!

3月25日までの長い期間が対象!

JALが2023年第1弾となる「国内線航空券タイムセール」の開催を発表しました〜♪

コロナ禍以後、ほぼ毎月のように開催されているJALのタイムセール。
いつ終わるかな?と思いつつ、2023年も開催されましたね〜。

ひとまず概要から。

JAL国内線航空券タイムセール概要
  • 販売期間|2023年1月6日00:00〜1月25日23:59
  • 搭乗期間|2023年2月1日〜3月25日
  • 対象運賃|
    ・タイムセール先得割引タイプA/B
    ・タイムセール特便21
  • WEBサイト|各運賃の詳細は、コチラから

今回のタイムセールも、基本的には、これまでのタイムセールのスタイルを踏襲した形と言えそうですね(と言うか、全く同じです)。

対象路線や搭乗日別の運賃ならびに購入期限などについても、Web上にてPDF形式で公表されますが、JALのタイムセールは、あくまでも「先得割引」のタイムセールと言う位置付け。
つまりは、先得割引期間内に購入が必要になって来ます。

ただ「先得割引」が適用される全ての路線が対象になるのは、ありがたい限りです。

主な路線のタイムセールの最安値を見てみると、こんな感じ(参考までに直近2回分の価格も併記しておきます)。

路線 今回 11〜12月開催 11月開催
羽田〜伊丹 7,000円〜 7,000円〜 7,000円〜
羽田〜新千歳 8,000円〜 8,000円〜 9,000円〜
羽田〜福岡 9,000円〜 8,500円〜 9,000円〜
羽田〜那覇 9,000円〜 8,500円〜 9,000円〜

・11月開催…2022年12月1〜27日搭乗分が対象
・11〜12月開催…2022年12月16日〜2023年1月31日搭乗分が対象

あくまでも先得割引などがベースになっているのがJALのタイムセールなので、タイムセール開催初日に購入しても、先得割引タイプAでは購入不可だったりするのが注意点でしょうか。
今回は搭乗対象期間が3月下旬までなので、タイムセールスーパー先得でも購入可能な対象便は、先月開催よりも多いかとは思いますが。

それでも、2月初めなどに旅行を考えていらっしゃる場合は、かなり早めに動くべき…と言える感じがしますね。

なお、運賃などの詳細は1月5日14:00ごろにWEB上にて公開されます。

スポンサーリンク

お得感はあるJALのタイムセール

幹線では羽田〜新千歳・福岡・那覇の3路線の最安値がしばらく同額だったのですが、前回の開催で久しぶりに差が生じていました。

で、今回はその差額が500円から1,000円に拡大するコトになりましたね。

まぁ、とは言っても、あくまでも“最安値”の差額なので、想定内と言う感じもしなくはないですけれどもね。
しかも差額が拡大…と言っても、値上がりしての拡大ですから、全然、喜べないですが。

それにしても…
コロナ禍以後から定期的に開催されているJALのタイムセール。

いつまで続くのかな?

まぁ、激安だったのは最初の頃だけで、もうそこまで激安でもないけれど、やっぱり安いのは確か。

LCCと異なり、荷物や決済・座席指定の手数料も不要なので、お得感はありますね。

ただ比べるとすればLCCではなく、羽田発着便も多いスカイマークの運賃と比べるのがベターだと思いますが。

JALは国内線の運賃体系の変更が予定されているので、そこまではタイムセールも続けるのかな?と言う気はしますが、それ以後はどうなるのやら。

今回は対象搭乗期間も冬スケジュールいっぱいと長めなので、利用しやすいかと思うので、1度、チェックしてみるのもアリかなぁ…と。

史上最大1056ページ!地球の歩き方|日本
created by Rinker

JGC狙うなら、今年がチャンス!

さてJALと言えば、先日、2024年1月からの新ステイタスプログラムをスタートさせるコトを発表しました。

これに伴い、“JALグローバルクラブ”(JGC)の入会基準の変更も発表になっていて、既存の基準から新ステイタスプログラムに対応した基準になるコトが明らかになっています。

まだ新ステイタスプログラムがどう言った内容になるのかは不明ですが、オトクな“JGC”が、これ以上、間口を広くすると言うのは正直、考えられないので、今よりも多少なりとも難しくはなるのが、ほぼ確実だと思われます。

そうなると、やっぱり2023年こそJGCを狙うチャンス!とも言えます。

ならばやはりここでタイムセールをフル活用してJGCを狙うと言うのは、アリ!でしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください