JAL、今月も1月末まで対象のタイムセール開催!最安は下落基調か?

Airlines
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
たびかず
たびかず

ども。
たびかず(@tabikazu40)です。
長旅に出たり、フラッと旅したり、そんな旅ヲタなアラフォーです。

もう11月もあとちょっとで終わりなのか…
一応、お年賀の用意はし始めたけれど、いつになったら書くのやら(大体、書くのは例年、12月25日前後だったり…)。

1月31日までが対象!

JALが、2022年11月25日00:00から「国内航空券タイムセール」をスタートしました。

ついこないだの12月27日までの12月が搭乗対象のタイムセールを行っていたのですが、それに続いてのタイムセールになっていて、珍しく前回の開催と搭乗対象期間がちょこっと被っていたりもします。

ひとまず、詳細はこんな感じ。

販売期間|2022年11月25日00:00~12月14日23:59
搭乗期間|2022年12月16日~2023年1月31日
対象運賃|
・タイムセール先得割引タイプA/B
・タイムセール特便21
Webサイト|各運賃はコチラで確認可能

今回のタイムセールも、基本的には、これまでのタイムセールのスタイルを踏襲した形と言えそうですね(と言うか、全く同じです)。

対象路線や搭乗日別の運賃ならびに購入期限などについても、Web上にてPDF形式で公表されますが、JALのタイムセールは、あくまでも「先得割引」のタイムセールと言う位置付け。
つまりは、先得割引期間内に購入が必要になって来ます。

ただ「先得割引」が適用される全ての路線が対象になるのは、ありがたい限りです。

主な路線のタイムセールの最安値を見てみると、こんな感じ(参考までに直近2回分の価格も併記しておきます)。

路線今回11月開催10月開催
羽田~伊丹7,000円~7,000円~7,000円~
羽田~新千歳8,000円~9,000円~9,000円~
羽田~福岡8,500円~9,000円~9,000円~
羽田~那覇8,500円~9,000円~9,000円~

・10月開催…2022年10月30日~11月30日搭乗分が対象
・11月開催…2022年12月1~27日搭乗分が対象

あくまでも先得割引などがベースになっているのがJALのタイムセールなので、タイムセール開催初日に購入しても、先得割引タイプAでは購入不可だったりするのが注意点でしょうか。
今回は搭乗対象期間が1月末までなので、タイムセールスーパー先得でも購入可能な対象便は、先月開催よりも多いかとは思いますが。

それでも、1月初めなどに旅行を考えていらっしゃる場合は、かなり早めに動くべき…と言える感じがしますね。

なお、運賃などの詳細は11月24日14:00ごろにWEB上にて公開されます。
時期的には年末年始を跨ぐタイムセールにはなりますが、恐らく、年末年始は繁忙期になるので、対象外と言うコトになるかとは思います(それでも上り・下りや路線などで差異はあると思うので、各自でご確認ください)。

スポンサーリンク

幹線3路線とも最安運賃が下落!

既に最安運賃が公表になった4路線で見ると、羽田~伊丹は変わらずの7,000円スタート。
まぁ、これはもう定番と化しましたね。

で、その他の新千歳・福岡・那覇は、ここ最近のタイムセールは、同じ価格帯だったのが、久しぶりに崩れました。

3路線とも、10・11月開催分は9,000円~になっていたのが、揃って下落。
新千歳線は、8,000円~のスタートと言うコトで、9月開催分(搭乗期間は10月1~29日)と同額と言う形に。

やはり政府主導による「全国旅行支援」がなくなるのを前提に、値段を下げて来たのかな?

それとも単に閑散期に入って行くから…と言うコトなのでしょうかね。

まぁ、冬はなかなか人が動きにくいですし、沖縄に行けば、確かに寒さは和らぐけれど、本島だと海に入れる訳でもないですしね。

ただ新千歳線で8,000円~。
この価格をどう捉えるのか…と言う感じでしょうね。

確かに安いんだけれども、別に激安!と言う感じじゃない。
少なくとも“タイムセール!”と言う感じで飛び付きたくなる気はしなくなってきた(単に慣れて来てしまっただけなのかも知れないけれど)。

LCCを使えばもっと安く飛べるけれども、各種手数料を合わせると、確かにJALのタイムセールの安さは目立つ感じもある。

なので、JALのタイムセールで比較すべき運賃は、スカイマークなんだろうなぁ…と、本来。

史上最大1056ページ!地球の歩き方|日本
created by Rinker

閑散期だからこそ、旅を!

温泉・雪…

本来ならば、冬も魅力的な観光地がたくさん日本にはある。

ただ実際のところ、寒冷地にある温泉でも、やっぱり冬は閑散期になるコトがほとんど。

なので、こうしたタイムセールで需要が促進されるのであれば、やっぱりアリなんだろうなぁ…と言うのが、正直なところ。

ただあまりにも毎月、開催されているので、もう利用者も慣れすぎた感じで、今やタイムセールの開催を待っていると言う人も、少なからずいるような気はしますね。

便数が多い路線ならば、最安運賃も選びやすいですし。

それが良いのか、悪いのか。

対するANAは毎月29日に「ANAにキュン。」を開催しているけれど、先月は国内線航空券のタイムセールは未開催。
果たして、今月はどう出てくるんだろうなぁ…

でも、正直に言えば、閑散期だからこそ、旅に出るべきなんですよね。
繁忙期に旅に出ても、実際、ホテルや旅館は混んでいるだけで、サービスレベルは落ちるし、観光地も人でいっぱいになって面白さも半減しますからね。

なので、今回のタイムセールは、タイミングを合わせられる人は、ぜひ!

コメント