ユナイテッド、マイルの定額購入サービス開始!が、お得感は…?

Airlines
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
たびかず
たびかず

ども。
たびかず(@tabikazu40)です。
長旅に出たり、フラッと旅したり、そんな旅ヲタなアラフォーです。

ユナイテッド、マイルの定期購入サービスを開始!

米・航空業界大手の「ユナイテッド航空」がマイレージの定期購入プログラム「Miles by the Month」を開始しました。

毎月、定額料金を支払うコトで、マイルをお得に購入すると言うモノ。

具体的には、3つの定額料金プランが設けられていて、それぞれのボーナスマイルはこんな感じ。

 3,000マイルプラン5,000マイルプラン8,000マイルプラン
月額料金94.5US$140US4210US$
3ヶ月ボーナス720マイル1,200マイル2,400マイル
6ヶ月ボーナス1,080マイル1,800マイル3,600マイル
9ヶ月ボーナス2,160マイル3,600マイル7,200マイル
12ヶ月ボーナス3,240マイル5,400マイル10,800マイル

これがどれだけお得なのか…と言うと、こんな感じ。

3,000マイルプランは10%の節約と20%のボーナスマイル。
5,000マイルプランだと20%の節約と20%のボーナスマイル。
8,000マイルプランだと25%の節約と25%のボーナスマイルと言う感じになっている。

で、トータルすると1年後にはこんなマイル数に。

3,000マイルプランで1年後には43,200マイル。
5,000マイルプランだと1年後には72,000マイル。
8,000マイルプランだと1年後には120,000マイルになる形。

なんかお得には見える。

だけれども、実際、冷静になって考えると、そこまで安くもなく、お得感が格別高いと言う感じはしないかな…と言うのが、正直な感想。

マイル単価も、別に安くはないし。

スポンサーリンク

通常の倍マイルキャンペーンの方がお得?

ってか、寧ろ、そこまで安くはなく、お得感も高いとは言えないのに、どうして定額プランを設定したの?と言う感じすら。

やはり現金収入の確保が目的なのでしょうね。
しかも、このやり方だと継続的な現金収入が確保できると言うのは、大きなメリットのようにも思う。

それにしても、どうせやるならば、もうちょっとお得感が欲しかったかな…と言うのが、正直な感想ではありますが。

今、ちょうど2021年10月26日13:59までは、通常のバイマイルがキャンペーンを実施していて、最大で50%割引が実施されている状態(ただ50%割引になるには60,000マイル以上を購入する必要があるけれども)。

で、寧ろ、そちらの方が安いと言う現象に…

なんか本末転倒感が多少、ありますね(ってか、そんなキャンペーン中に、同じようなバイマイルの定額サービスを始めるなよ…とすら思っちゃいますが)。

「ユナイテッド航空」のバイマイルのキャンペーンは、1年間を通してみると、時々開催されているので(割引率や内容は、若干異なる可能性アリ)、わざわざ定額で購入し続けなくても、キャンペーン時にまとめて購入する感じで充分と言う気はしてしまいますね。

バイマイルが日系航空会社でできる日は来るのか?

ただこうした定額・月額…と言うのは、世の中の流れとしては一般的なスタイルになっているのは、事実。
これから航空・観光業界でも、もっとこうしたスタイルが出て来る可能性はありそうですよね。

日本の航空業界も、旅行券などの積み立てと言うのは確かにありますが、それをもう少し、現代風にアレンジして行くと言うのも良いのでは?と言う気はして来ますね(逆に、そうなったら還元率では恐らく、減額と言う形にはなってしまうかも知れないけれど)。

ってか、そろそろANA/JALもバイマイルに踏み切っても良さそうな感じはしますけれどね。

“実質的にはバイマイル”と言うのは、現時点でも可能と言う側面はあるけれど、航空会社が実際に直で行なわない理由は、どこにあるんだろう…とも。

バイマイルを実現すれば、マイルを活用・軸とした収益にもなる訳だし、コロナ禍で傷ついた収益改善にも繋がる訳ですし。

コメント