Amazon Mastercard、11月に刷新!プライム自動付帯、なくなる!

Card
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
たびかず
たびかず

ども。
たびかず(@tabikazu40)です。
長旅に出たり、フラッと旅したり、そんな旅ヲタなアラフォーです。

まぁ、ゴールドカードの新規募集が終了した時点で、プライム特典の自動付帯がなくなるコトは想定できた話ではありますが…

Amazon Mastercard、11月にリニューアル!

Amazonが、三井住友カードとの提携カードである「Amazon Mastercard」について、2021年11月1日からサービスを刷新するコトを発表しました。

既に「Amazon Mastercard ゴールド」については、新規の会員募集を終了している状態。

Amazon Primeが自動付帯で、割安なカードだっただけに残念感すらありましたが、刷新後は、Amazon Primeの自動付帯は終了するコトに。

ひとまず、新しい「Amazon Mastercard」の詳細は、こんな感じ。

 新Amazon Mastercard旧クラシックカード旧ゴールドカード
年会費永年無料初年度無料
*前年1回以上利用で
翌年度無料
11,000円(割引あり)
Amazon利用時の還元*2.0%/1.5%2.0%/1.5%2.5%
コンビニ利用時の還元**1.0%1.5%1.5%
Amazon以外での還元1.0%1.0%1.0%
Amazon Prime別途登録必要別途登録必要自動付帯
ショッピング補償年間200万円まで年間100万円まで年間300万円まで
旅行保険海外|最高2,000万円 *3なし海外|最高5,000万円
国内|最高5,000万円
空港ラウンジ不可不可
電子マネーApple Pay
Google Pay
Maasterコンタクトレス
Apple Pay
Google Pay
Apple Pay
Google Pay
家族カード永年無料永年無料永年無料

*左|Prime会員・右:ノーマル会員
**|セブンイレブン・ファミリーマート・ローソン(ナチュラルローソン・ローソンストア100・ローソンスリーエフを含む)
*3|利用付帯

既存の「Amazon Mastercard」ユーザーについては、11月1日以降に新サービスへと自動以降と言う形になり、保有しているカード自体は、11月以降も有効期限まで利用が可能。

「Amazon Mastercardゴールドカード」ユーザーに自動付帯だったAmazon Primeの特典は、年会費が発生するAmazon Primeの更新日まで利用が可能だが、カードの年会費自体は、2021年11月以降の支払い月から請求されなくなる。

但し、空港ラウンジについては、年会費の支払い有無にかかわらず、2022年10月31日まで利用が可能とのコト。

スポンサーリンク

カードデザインはシンプル

新「Amazon Mastercard」。

まだまだ還元率はマチナカでも1.0%を維持しているし、Amazon利用時も2.0%なので、良好と言う感じはします。

年会費も永年無料ですしね。

また新サービスとして3大コンビニでの利用時には、1.5%還元になりますしね。

他に特記的な所で言えば、カードデザイン。

新しい「Amazon Mastercard」は、Prime会員かそうでないかでデザインが変わると言うのが面白い所。
非会員の場合は、シルバーで表面には名前だけのデザイン。Prime会員の場合は、黒で表面に名前と言うデザインに。

共にシンプルな感じだけれど、個人的には好きな感じのデザインかな…と。
“Amazon”表記も右上にロゴと一緒に控えめになっている感じだし、バーコードがあしらわれた前のデザインよりゴチャゴチャしていませんしね。

既存者がどうするか?無料だし継続で良いのでは?

ただ旧サービスになる「Amazon Mastercardゴールド」が、あまりにもお得感があったが故に、どうしてもそれと比べてしまうと…と言う感じは否めないですかね。

空港ラウンジなんかは、別にカードラウンジだし、他のクレジットカードで代用が効く訳だけれども、Amazon Primeの自動付帯は他に代用できるカードはナイので、今回の改定で、既存保有者がどう出て来るか…と言う気はしますね。

まぁ、年会費も無料なので、解約する必要性は薄いとは思うけれど(旧ゴールド会員でPrime会員ならば、Amazon利用時は2.5%還元ですしね)。

ってか、どうせ刷新するならば、国際ブランドを増やすなどしても良かった様には思いますけれどね。
なぜMasterだけでの展開なんだろう…?

コメント