ANAも機内でのマスク着用を義務付け…?

Sponsored Link

ANA、改めてコロナ対策をアピール!

ANAが5月21日付で、コロナウイルスの感染防止に対するANAの取り組みと、搭乗客へのお願いを、改めて更新しています。

ご搭乗に際してのお客様へのお願いと、新型コロナウイルス感染拡大を予防する取り組み | ANA

ANA グループで運航する全ての航空機は、きれいな空気で換気されています。 きれいな空気、十分な換気量 上空のきれいな空気を大量に取りこみ、約 3 分で機内の空気がすべて入れ替わります。 高性能フィルター*を全機に装備 機内の空気は高性能なフィルターでろ過された上で客室内に供給されています。 空気は客室内に滞留せず常に天井から床下へ流れています 空気は常に天井から供給され、左右の壁の下部から床下へ流れており、客室内や特定の場所に滞留することはありません。

具体的に6つのポイントが出ているので、まずはその6つのポイントを見てみると、こんな感じ。

  1. マスク着用のお願い
  2. ソーシャルディスタンシングのお願い
  3. 機内の空気循環について
  4. 機内の客室消毒について
  5. 客室乗務員のマスク・手袋の着用について
  6. 地上係員のマスク・手袋フェイスシールドなどの着用について

1と2が搭乗客への注意事項。

3~6がANAの取り組みと言う感じです。

ANAの取り組みとしては、もう既に実践されているし、分かりやすいモノばかり。

加えて、ANAラウンジは飲食物の個包装を実施していたりしますし、機内サービスについても、飲み物・食事・機内販売・機内誌などサービスを休止していたり簡素化しているモノがあったりします(これについては特設ページで触れられていないのが、謎ですが)。

マスク着用は、強制じゃなく?

さて、今回、新たに大きく加わったのが、1番の“マスク着用のお願い”。

街中にも人が徐々に戻って来ている感じがしますが、個人的には、コロナウイルスで外出自粛期間も、仕事で外に出ていたのですが、最近は、マスクをしていない人の割合がちらほらと見られる様になったりしています。

ゴールデンウィーク前後なんて、ホントに1人もいなかったのに。

だけれども、ANAはマスク着用を強く訴えています。

具体的に文面を掲載してみます。

『空港および航空機内においては、お客様同士のご不安解消のため、マスクを必ずご着用ください。
なお、6月1日以降については、マスクを着用されないお客様、ならびに発熱など体調がすぐれないお客様のご搭乗をお断りする場合がございます』

既に、羽田・成田・伊丹・関空・名古屋(中部)・福岡の6つの空港では保安検査場での検温を実施していたりしていますが、ANAのWEBに掲載されている文面的には、“ご搭乗をお断りする場合がございます”と。

たびかず
いや、もうしっかりと“お断りいたします”と言い切って欲しいんですが…

毅然とした態度を取らないのであれば、JAL同様、機内のソーシャル・ディスタンス確保のための空席設置などをするべきだし、それをしないのであれば、少なくとももっと毅然とした態度を見せて欲しい。

こんな状況下で、“場合がございます”なんて言っているのが、個人的にはどうなの?と。

最低でも発熱のある搭乗者については、現状、しっかりと搭乗拒否して欲しいんだけれど…

まぁ、これがANA的には最大限の強い言い方・書き方なのだろうけれど。

既に海外の航空会社も、ルフトハンザグループ・エールフランス・アメリカン航空・ユナイテッド航空・デルタ航空と、続々、機内でのマスク着用が義務付けになっている訳で、別にANAがマスク未着用の搭乗客を拒否しても、問題にはならないと思うのだけれど(ただそもそもヨーロッパ各国は、公共の場所でのマスク着用を義務付ける規制を行っていると言うのもあるけれど)。

 

でもやっぱりマスクはしましょ。

ただ一般的に、機内は公共交通機関の中では、3密になりにくいとされている。

さらに言えば、飛沫感染リスクは低い方。

まず乗客同士が対面になるコトがあまりないですし、前方は座席が一定の感染バリアになりますし。

さらに空気の流れも天井から床に向かって流れ、空気の流れも速いので、飛沫も停滞しにくいと“言われています”から。

問題はこれらに科学的根拠があまりナイと言う点でしょうか。

こう言うところに科学的な根拠が1つでもあれば、もっと違う訳ですけれどもね。

 

まぁ、ワクチンなどができるまでは、機内マスクは必需。
それは肝に銘じておくべきなのかな、と改めて。

もう街中でも売られる様になったし、マスクぐらい、しましょ。

 

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください