タイ、11月にも10カ国限定で隔離なし入国が可能に!

International affairs
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
たびかず
たびかず

ども。
たびかず(@tabikazu40)です。
長旅に出たり、フラッと旅したり、そんな旅ヲタなアラフォーです。

ロードマップまで出して、開国に向かっていたタイですが、ここに来て、そのロードマップを飛び越えるような展開が出て来た。

まぁ、実現するのかどうかは不明だし、今後の公式発表を待ちたい所ではありますが。

タイ、10カ国限定で11月から隔離なし入国開始!

新型コロナウイルス対策で、入国者に義務付けてきた隔離措置を、タイは、“低リスク10ヶ国”から訪れるワクチン接種完了者を対象に、2021年11月1日以降、休止するコトを、プラユット首相が明らかにしました。

この決定にはリスクは伴うモノの、大きな打撃を受けている観光業を復活させるには必要な1歩と言う位置付けになる。

既にタイでは、少しずつ外国人観光客への開放を進めている最中。
当初、10月1日から外国人観光客の入域がOKになる予定だったバンコク。

その話は、ひとまずワクチン接種の遅れから、延期になっていますが、今回の首相の発言は、それを1つ、飛び越えた形と言える。

“低リスクの10カ国”と言うのが、現時点で、イギリス・ドイツ・アメリカ・中国・シンガポールの国名が具体的に挙げられた状態ではあるが、残りの5つの国の中に、日本が含まれるのかどうかは、現時点では不明なままだから、喜ぶのはちょっと早い形ではある。

ただ12月1日以降は、これら10カ国以外にも対象となる国を増やして行く予定とのコトなので、今回の10カ国に入らなくても、早い段階で日本在住者も訪タイができるようになる可能性はありそうですね。

 

流れとしては、出発までにCOVID検査の陰性証明を取得し、到着時に提出し、さらに到着時にもう1度検査をし、そこで陰性ならば、自由にタイ国内を移動できると言う形。

なので、ワクチンの接種を終えていればフリーで…と言う感じではなく、あくまでもワクチン接種+2度の陰性証明と言う形にはなる想定。

それでも入国自体がプーケットなどに限定されている現状よりは、大きく変わる感じですかね。

スポンサーリンク

まだ感染者数は高止まりしているけれど…

タイは観光でも稼いできた国の1つ。

GDPの約20%を占めているとも言われているが、コロナ禍では14日間の隔離措置を義務付けるなど、厳しい入国制限を続けてきた結果、観光産業は大きな打撃を受けた。

首相としても、何とかこれを回復させたいと言うコトで、年末年始前のこのタイミングで決断したと言う感じなのだろう。

8月まで国内でもリスクが高いエリアで、ロックダウンを行なっていたタイですが、なんだかそこから急激な展開を見せている感じがあるが、あくまでもプラユット首相は、「コロナと共存する体制を整えるべき時が来た」と言う認識のようだ。

但し、足元の感染状況は、芳しくない。

10月に入ってからも、新規の感染者数が10,000人を前後している状態。

ただ死者数は減っているのは事実だし、感染者数の多いバンコクも、少しずつ減少傾向にはあるし、ワクチンの接種も着実に進んでいるけれども。

そうした状況下での開国。

旅行者としては嬉しいニュースではあるが、まだリスクが残る内に、さらにリスクを呼び込むと言うのも、事実なのだろう。

それはタイ在住の方にとっても、旅行者側としても。

ワクチンを打つより前に、まず知ろう。
created by Rinker

ポストコロナ時代に向けて前進?

100%、コロナが収束すると言うコトは、当面、ない。
そうした中で、いつかはリスクに向き合う必要があるのは、事実。

それは現地の人からしても、旅をする側としても。

要するにタイミングの問題と言えば、そうなのかも知れない。

その問題にどう向き合うのか。

ポストコロナの時代が、今まで欧米を中心にした話だったのが、確実に世界に広がって来たと言う感じですね。

そして、日本はどう言う対応で進んで行くのか。
当面、衆議院選挙もあるので、それを待ってから…と言う話にはなるのでしょうが…

 

ま、急ぐ必要があるとは思わないけれども。
いくら観光産業が壊滅的な打撃を受けている現状があるとしても…

コメント