International affairs

International affairs

タイ、11月から日本を含む46の国・地域から隔離なし入国OKに!

タイは、11月から日本を含む46の国や地域からの入国に対し、ワクチン接種・PCR検査での陰性などを条件に隔離措置なしを認めるコトを発表しました。ようやくタイへ行ける1歩が開かれた形。ただ帰国時隔離はあるし、タイの感染も落ち着いた訳じゃないですがね。
International affairs

IATA国際線予測、22年もアジア方面壊滅的。だが旅のチャンス?

旅をする。なんだか1つ前の海外旅行が随分と昔のコトのように思えて来たこの頃。 国内旅行はしているんですけれどもね、実は。 IATAの国際線需要予測、アジア方面は2022年度も壊滅的? 国際航空運送協会(IATA)による今後の...
International affairs

マラリアのワクチンを、WHOが初推奨!100%じゃないけれど、大きな前進!

WHOが、マラリアのワクチンでは初めてとなる推奨を行ないました。まだまだ100%効くワクチンではないし、幼児期に4回の接種が必要だったりもするけれど、マラリア対策では大きな前進と言える快挙なのは間違いなく、今後、より効果の高い・大人向けのワクチンが開発されるコトを願うばかり。
International affairs

タイ、11月にも10カ国限定で隔離なし入国が可能に!

外国人観光客の受け入れ再開に向けて進んでいるタイですが、それを飛び越えて10カ国限定で11月から隔離なし入国を開始すると言う話題が。まだ感染者数も高止まりしている状況下で、ややリスキーな感じもするけれど、年末年始需要を拾いたいと言うコトなのでしょうね。
International affairs

読売旅行、添乗員同行の全ツアーでワクチンorPCR検査が必須に!

旅行会社の読売旅行が、10月から催行される添乗員同行の全ツアーで、ワクチンの2回接種完了か出発3日前以降のPCR検査での陰性証明が必須になるコトを明らかにしました。これで安全な訳じゃないけれど、今出来る対策を行なっている感はあるかな?と。
International affairs

米国、入国時にワクチン接種義務付けへ!世界的な潮流になるか?

アメリカは、11月にも入国に当たってワクチンの接種を義務付けるコトを発表しました。まだまだ未確定な部分は多そうですが、世界的な潮流になるのかどうか。そのきっかけにはなりそうな予感がヒシヒシ。日本はどう出るのか…急ぐ必要はないと思うけれどね。
International affairs

タイ、10月から外国人観光客受け入れ再開第2フェーズへ!バンコクは?

10月から外国人観光客の受け入れ再開を計画しているタイ。10月1日から第2フェーズとして5都県の開放が先行。10月に第3フェーズ、2022年1月に国境などを持つ県の開放の第4フェーズとロードマップが示されています。が、バンコクだけは10月15日にズレこむ可能性も…
Airlines

ユナイテッド航空など航空業界で、ワクチン接種義務付けが進む!

ユナイテッド航空やルフトハンザ・ドイツ航空など、世界の航空業界では、ワクチンの接種義務付けが進んでいます。まだ日系にはそうした動きはないですが、従業員も旅人も、ワクチンを接種しないとスタートラインにすら立てない…と言う時代になりそうですね。
International affairs

“9.11”から20年。この時間は、一体、何だったのだろう…

アメリカ同時多発テロ“9.11”から20年が過ぎた。テロとの長い戦いは、中途半端なままに幕が切れた訳だけれど、一体、この20年とは何だったのだろう…何の意味があったのだろう…と、つい思ってしまう。そして、これからはどう国際情勢が動いて行くのだろうか…
International affairs

米軍、アフガニスタンから撤退。邦人救護は課題しかない

アフタにスタンから米軍が撤退。この20年弱に渡る闘いは、結局、振出しに戻った感があるが、それ以上に日本政府には邦人救護の能力がないと言うのを、改めて知らせた感がある。それを裏付ける武力も情報も、人脈も持たないのだから、当たり前か。
International affairs

UCC上島珈琲が、パラグアイ・イグアス移住地から撤退!

パラグアイのイグアス移住地。日系移民のコミュニティが今でもしっかりと残る場所なのですが、そこに大きな土地を持っていたUCC上島珈琲が撤退したコトが明らかに。いつかは日系と言うアイデンティティを失う日が来るのだろうか…そんなコトを、つい考えてしまうニュース。
International affairs

アフガニスタン、タリバンが第2・3の都市を制圧!

タリバン勢力が、アフガニスタン第2・3の都市であるカンダハルとヘラートを制圧したコトが明らかに。残る主要都市は、首都・カブールとマザリシャリフぐらいか。それにしても政府軍が弱すぎる。戦闘と言う戦闘が行われていないのでは?と思うレベルなんだが…
International affairs

ベネズエラ、3年ぶりにデノミ実施を発表!

南米のベネズエラが、3年ぶりとなるデノミの実施を発表しました。正直、またか…と言う感じだし、そもそもデノミを行なった所で、何1つ、状況は変わらないので、またインフレが進むと言うのは目に見えているコトではありますが、中国・ロシアがもっと出てこないと変わらないんだろうな、もう。
International affairs

タイ、10月までに外国人観光客の全面的な受入再開を表明!

タイ政府は、2021年10月までに外国人観光客の全面的な受入再開を表明しました。既に7月からプーケットで試験的に受入が再開されますが、これとは別の動きとして、多少のリスクを背負ってでも受け入れて行くと言う感じ。
International affairs

香港、映画の検閲強化で、統制も強化へ?映画も街も変わって行くのか?

香港政府が映画の検閲を国安法に基づいて行うコトを発表。香港は映画産業も盛んな土地柄だが、こうした文化面からも統制を強化したいと言う表れなのだろうか。そして、それがどう言う変化をもたらすのだろうか。
International affairs

エルサルバドル、世界初となるビットコインを法定通貨化へ?

中米のエルサルバドルが、ビットコインを法定通貨化する法案を国会に提出するコトを大統領が発表しました。成立すると世界初となる試み。理由は、送金に頼る出稼ぎ経済。現行の方法より暗号通貨を利用すれば、手数料が減り、国内消費が増えると言うモノだが…
International affairs

タイ、隔離なしプーケット滞在制度「サンドボックス」始動へ!

タイが隔離なしで滞在できるプーケット限定のサンドボックス制度を始動させることが明らかに。隔離なしと言うか、島内隔離ではありますが、その後はタイ全土を自由に旅行できると言う制度。不明点も多いですが、まずは前進と言う感じでしょうか。
International affairs

EU、デジタル証明で観光再開に基本合意!

EUが域内の観光再開に向けて、デジタル証明書の枠組みで基本合意がなされた。今後、欧州議会などで採択が行われるが、夏のバカンスシーズンを前に、一気に域内旅行再開へと舵を切りそうな形。で、日本は…?どうなんでしょうね。
International affairs

ラウル・カストロ氏、退任でカストロ兄弟体制が終焉!

キューバ、ラウル氏退任! アメリカのお膝元に当たるカリブ海の島国・キューバ。 ホントにアメリカののど元に当たる場所にあるのに、今でも社会主義の制度を維持する数少ない国だが、そのキューバを率いているラウル・カストロ共産党第一書記が、退...
International affairs

ミャンマー、軍が政権奪取!アウン・サン・スー・チー氏らを拘束状態に!

このブログで、“ミャンマー”と言う国が出てくる時、ボクは意識的に“(ビルマ)”と付け加えてしまう訳ですが、ボクの中では、“ビルマ”なんだよなぁ…と、久しぶりに思ったり。そこに強い思想がそこまである訳じゃないんだけれども。 ミャンマー...
International affairs

アメリカ、1月26日から入国にコロナ耐性証明書の提示を義務付け!

トランプ氏からバイデン新大統領へ。トランプ氏は確かにインパクトも絶大だったし、メッセージも明確だったけれど、これからアメリカがどう変わって行くのか…と思いつつ、そろそろ日本にもメッセージが明確な総理が欲しい…と、つくづく。 1月26...
International affairs

Go To トラベル、全国規模で、一時停止をそのまま延長か?

正月だった訳で、何か2021年の観光業界の展望と言う感じの記事を書きたいなぁ…なんて思っていたんですよね、1月3日に。 が、あまりにも明るい話題が見つからないなぁ…で書きそびれていたら、日にちが過ぎてしまい、さらに緊急事態宣言の再発例が首...
International affairs

タイ、ノービザでの入国再開へ!STVも要件緩和!

タイ、ノービザ入国が再開へ! タイでは、新型コロナウイルス感染拡大によって入国規制が行われてきましたが、56ヶ国からの渡航について、規制を緩和するコトが明らかになりました。 今回の規制緩和で、日本を含むアメリカ・オーストラリアなどの...
International affairs

キューバ、CUC廃止で外貨兌換制度も解消へ!

キューバ、CUC廃止へ! キューバと言う国は不思議な国である。 社会主義国。アメリカからの経済制裁もあって、決して豊かな物資がある訳じゃない。 ケータイだってインターネットだって普及は遅れているし、移動するのも楽じゃない。 それでも...