スカイトラックス、JAL5つ星獲得!2018年度のランキングは?

Sponsored Link

201年度のスカイトラックスの航空会社格付け1位は…?

航空会社を評価付けしているスカイトラックス社の2018年ランキングが発表になりました。

去年発表になっている2017年度版も一通り見て、記事にはしていますが、今年もまず「Wold’s Top100 Airlines」から見てみます。

順位 航空会社名 加盟アライアンス 前年順位
1位 シンガポール航空 スターアライアンス 2位 ↑
2位 カタール航空 ワンワールド 1位 ↓
3位 ANA スターアライアンス 3位 →
4位 エミレーツ 未加盟 4位 →
5位 エバー航空 スターアライアンス 6位 ↑
6位 キャセイパシフィック航空 ワンワールド 5位 ↓
7位 ルフトハンザ・ドイツ航空 スターアライアンス 7位 →
8位 海南航空 未加盟 9位 ↑
9位 ガルーダインドネシア航空 スカイチーム 10位 ↑
10位 タイ国際航空 スターアライアンス 11位 ↑

3位までの顔触れは去年と一緒でしたが、シンガポール航空が前年2位から1つ順位を上げて1位に。

代わりに前年1位のカタール航空は1つ順位を下げて、2位に。
そして3位にANAが入っています。

2017年度に10位以内に入っていて、2018年はTOP10から落ちたのは、エティハド航空。
代わりにタイ国際航空が1つ順位を上げてTOP10の中に入った感じです。

続いて、30位以内を見てみると…

順位 航空会社名 前年度順位 順位 航空会社名 前年度順位
11位 カンタス航空 15位 ↑ 21位 バンコクエアウェイズ 21位 →
12位 スイス航空 14位 ↑ 22位 ヴァージンオーストラリア 13位 ↓
13位 日本航空 16位 ↑ 23位 アエロフロート 30位 ↑
14位 中国南方航空 23位 ↑ 24位 アシアナ航空 20位 ↓
15位 エティハド航空 8位 ↓ 25位 エールフランス 18位 ↓
16位 オーストリア航空 17位 ↑ 26位 キャセイドラゴン航空 27位 ↑
17位 ニュージーランド航空 19位 ↑ 27位 フィンエア 25位 ↓
18位 トルコ航空 12位 ↓ 28位 エアアジア 26位 ↓
19位 KLMオランダ航空 22位 ↑ 29位 ヴァージンアトランティック航空 33位 ↑
20位 香港航空 24位 ↑ 30位 エアカナダ 29位 ↑

JALが13位に入って来ています。

大きく順位を上げあのは、14位の中国南方航空(前年23位)や23位のアエロフロート(前年30位)と言う所でしょうか。
個人的には、“中国南方航空がこの順位っ?何があった!?”と思っていたりしますが、何かサービスが変わったのかな…?



JALは5スター獲得!

JALは「World Airline Awards」で、ワールド・エアライン・スター・レーティングでは最高の5スターを獲得(この他にシート部門では2年連続3回目の「ベスト・エコノミークラス・エアラインシート」賞を受賞)していますが、前年16位、一昨年21位と、年々ランキング自体は挙げて来ていますけれども、今年もTOP10の中には入り込めず。

JALの他に5スターを獲得したのは、

・ANA (3位)
・アシアナ航空 (24位)
・キャセイパシフィック航空 (6位)
・エティハド航空 (15位)
・エバー航空 (5位)
・ガルーダインドネシア航空 (9位)
・海南航空 (8位)
・ルフトハンザドイツ航空 (7位)
・カタール航空 (2位)
・シンガポール航空 (1位)

4位のエミレーツですら5つ星を獲得出来なかった訳で、この星付けと順位に相関関係があまりナイのが気になりますね。
どうせならTOP5にのみ5スターにするとかにする方が、すっきりと分かりやすいんですけれどもね。

この星の付け方が良く分からないです。

因みに、日本勢では、JAL/ANAの他は91位にピーチがランクインしています(前年96位)。

そもそも航空会社ランキングに意味はあるのか?

元々、飛行機に搭乗したとしても、エコノミークラスですし、そこまで過度なサービスには期待もしていないので、こうした「星」や「順位」をあまり気にはしていませんが、どう言う基準で付けているのだろう…と言う気がしなくもない。

評価をした人の元々も基準や育ちと言うのが、どれだけ公平になっているのだろう…とも。

まぁ、結局の所、あくまでも“参考まで”って感じがするのは、この辺りに由来するんですよね、ボク的には。

ヨーロッパの人と、アメリカの人と、アジアの人と、日本の人と、それぞれに“良い機内サービス”と言うのは、ビミョーに異なるでしょうから。

因みに、さらに良く分からないのが、「World’s Best Regional Airlines」のランキング。

1位がバンコクエアウェイズ。
2位がキャセイドラゴン航空
3位がアラスカ航空なのですが、コパ航空やS7航空、厦門航空、ウズベキスタン航空とかもこの区分に入っていたり。

厦門航空なんかは、スカイチーム加盟航空会社だし、アジア全般はもとより、欧米路線に豪州と、幅広く路線を展開させていたりするんですけれどもね。

スカイトラックス社の“Regional”の感覚が、最早、分からない…

そんな会社のランキングに、そもそも過度に反応する必要もないのかな…とは思いますけれども、今の所、一番、調査範囲も広域且つ大規模なので、信頼はしやすいランキングなのも間違いないですけれど。

「過去のスカイトラックスによる格付け」的な話題はコチラもチェック!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください