ベトジェットグループ、日本3路線を順次開設!

Airlines
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
たびかず
たびかず

ども。
たびかず(@tabikazu40)です。
長旅に出たり、フラッと旅したり、そんな旅ヲタなアラフォーです。

中部~ハノイ/福岡~ハノイ・バンコク線を開設へ!

ベトナムを拠点にしているLCCの「ベトジェット」。
タイのバンコクにも「タイ・ベトジェット」とグループがあるのですが、相次いで、日本路線の開設を発表しています。

まず本家の「ベトジェット」は、名古屋(中部)・福岡~ハノイの2路線。
福岡線は2022年7月2日~、中部線は翌7月3日~運航を開始。

「タイ・ベトジェット」は、福岡~バンコク線を、2022年7月15日~運航開始になります。

具体的な運航本数とスケジュールは、以下の通り。

  • VJ959|福岡09:15→ハノイ11:45 火・木・土曜運航
    VJ958|ハノイ01:50→福岡08:05 火・木・土曜運航
  • VJ929|中部09:25→ハノイ12:50 月・水・金・日曜運航
    VJ928|ハノイ01:05→中部08:00 月・水・金・日曜運航
  • VZ811|福岡07:55→バンコク11:35 月・水・土曜運航
    VZ810|バンコク23:40→福岡07:05 火・金・日曜運航(翌日着)

バンコク側の発着空港は、ドンムアンではなく、スワンナプーム国際空港。

福岡~バンコク線は、コロナ禍と言うコトもあって、運航が休止中なので、待望の路線と言う形。
また中部・福岡~ハノイ線も、当初、2020年に開設とアナウンスされていたので、ようやくの就航と言うコトになりそうです。

スポンサーリンク

日本路線拡大続々…と言う感じ

元々、「ベトジェット」は日本路線の拡大を発表していたLCC。
上記でも書きましたが、中部・福岡~ハノイ線も2020年開設予定でしたが、コロナ禍で中断していた路線。

2020年に開設とアナウンスされていた路線は他に、

・中部~ホーチミン/ダナン
・鹿児島~ハノイ

の3路線。

今回、中部線を開設すると言う流れになったので、ホーチミンやダナンへの路線も、そう遠くなタイミングで開設して来そうですね。

同時にコロナ禍で運航が中断している日本路線も、順次再開がアナウンスされています。

ひとまず運航が再開されているのは、

・関空~ハノイ(2022年4月18日~運航再開)
・関空~ホーチミン(2022年4月30日~運航再開)
・成田~ホーチミン(2022年4月18日~デイリー運航へ増便)
・成田~ハノイ(2022年4月20日~デイリー運航へ増便)

さらに2022年7月8日からは羽田~ダナン線を週4往復で運航再開するコトが、発表されている状態。

今回、発表になった新路線と合わせると、一気にこの夏は、8路線が運航されると言うコトになり、かなりベトナムが近くなりそうな感じ。

JALとの提携もあるけれど…

ところで、「ベトジェット」と言えば、JALとの提携を結んだLCC。

まぁ、今回の新路線にJAL便名が付くか…と言われると、恐らく、付かないでしょうけれど。
東京・関空発着ならいざ知らず、名古屋・福岡発着の国際線は、JALとしてはあまり力を入れていない状態ですし。

で、一時、JALが色々な航空会社と提携を進めていましたが、結局、どう言う形で実になっているのだろう…と、ふと思ったり。

LCCとフルサービスキャリアの提携。

LCCだと別にマイレージプログラムを運用している航空会社も多くはないし、消費者側に見えると言う意味では、コードシェアぐらいしか提携の実感するコトはないのかも。

一部の日本~ベトナム間の路線と、ハノイ~ダナン~ホーチミン間でコードシェアは実施されているけれども、その後、コロナ禍もあって、進展はないようにも。

せめてSkyBossシートがレベルアップしたらなぁ…なんて、ちょっと思うのですけれどね。
JAL便名で予約をすると、このSkyBossシートになるのですが、せめてクラスJ並みになってくれないと、触手が動かない…

付随サービスはイイんですけれどもね(ラウンジ・優先搭乗・ゲートなど)。

この辺り、JALとの提携で、もうちょっとリニューアルを進めてくれれば…と思うのだけれど。

コメント