JAL、6月を対象にした国内線タイムセールを実施中!

Airlines
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
たびかず
たびかず

ども。
たびかず(@tabikazu40)です。
長旅に出たり、フラッと旅したり、そんな旅ヲタなアラフォーです。

JAL、国内線タイムセール開催中!

すっかり出遅れていますが、JALが6月の搭乗を対象とした国内線タイムセールを、2022年5月27日まで開催しています。

コロナ禍以後、JALはタイムセールを頻発していますが、ひとまず今回の概要は、以下の通りになります。

販売期間|2022年5月11日~5月27日23:59
搭乗期間|2022年6月1日~6月30日
対象運賃|
・タイムセール先得割引タイプA
・タイムセール特便21
Webサイト|コチラ

まぁ、今までと同じ感じですね。
対象路線や搭乗日別の運賃ならびに購入期限などについても、既にWeb上にてPDF形式で公表済みですが、JALのタイムセールは、あくまでも「先得割引」のタイムセールと言う位置付けなので、既に間に合わない搭乗日もあるかと。
ただ「先得割引」が適用される全ての路線が対象になるのは、ありがたい限りですが(詳しくは、コチラのPDFを参照に…)

運賃は、路線や搭乗日によって異なるので、各自、上記に挙げたPDFを参照にして頂ければ…と思いますが、ひとまず、メイン路線の最安値だけを抜粋して取り上げてみると、こんな感じ(参考までに直近開催のタイムセール2回分とを比較で併記しておきます)。

路線今回3月開催1月開催
羽田~伊丹7,000円~7,000円~7,000円~
羽田~新千歳9,000円~9,000円~9,000円~
羽田~福岡8,900円~9,000円~9,000円~
羽田~那覇9,000円~8,800円~8,800円~

・3月開催…2022年4月19日~5月9日搭乗分が対象
・1月開催…2022年3月1~26日搭乗分が対象

JALの場合、離島路線と超短距離路線を除くと、羽田~伊丹線が最安になる形で、今回もそう言う状態ですね。
つまりは、7,000円~スタートと言うセール…と言うコトになります。

スポンサーリンク

ほぼ似た感じの価格設定

前回までの1月・3月開催分では、基本的にほぼタイムセールの値段が同じでしたが、今回はやや変えて来ましたね。

とは言っても、羽田~伊丹線は7,000円で安泰。
羽田~新千歳線も3回連続の同額。
羽田~福岡線が▲100円。
羽田~那覇線が+200円。

ほぼ誤差内と言える感じですね。

前回の開催はゴールデンウィークにモロ被っていると言う期間でしたが、6月は祝日すらない月なので、もう少し安くなっていても良かった気はしますけれど、タイムセールで喚起しなくても、ある程度は需要が戻っていると言う感じなのかも知れませんね。

海外旅行の道も、少しずつ光が見えてきてはいますが、よほどの旅好きでなければ、もうちょっと動きが出てくるまでには月日が掛かりそうなので、その間は国内旅行へ…と言う感じにもなるでしょうし。

地球の歩き方 京都 2023~2024 (地球の歩き方J)
created by Rinker

夏対象のタイムセールがあるのか…

ってか、6月は祝日が1日もないのだから、7月の繁忙前までの長い期間を対象としたタイムセールでも良かったのでは?と言う気もしてしまうけれど。

逆に言えば、そうしなかったと言うコトは、7月を対象としたタイムセールもあり得る…と言うコトなのかも知れないけれど。

今年のJALは、計画を見る限り、黒字転換。
そして利益を積み上げて、再配当の実施を狙っている状態なので、繁忙期にわざわざセールをするかどうか…

その辺りが今後を占う感じもしますけれどね。

最繁忙期である夏で、取りこぼしもしたくないでしょうし(売上だけでなく、利益的にも)。

逆に、これからは国際線のタイムセールとか、もっとしっかりと行なってくれないかなぁ…と。
散発的に路線限定で開催はされていたりするのですが、結構、直近での発表になっているので。

今までは減便も多かったですし、急な運休とかもありましたが、ようやく国際線も減便が減って来て、恒久的に飛んでいる路線が増えて来たので、今こそ!と言う感じもするのですがね。

もちろん、燃油も高止まりしている中で、国内線よりも距離の長い国際線でのタイムセールは、なかなか難しい側面もあるのでしょうが…

コメント