JAL、ゴールデンウィークも対象のタイムセール開催へ!

Airlines
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
たびかず
たびかず

ども。
たびかず(@tabikazu40)です。
長旅に出たり、フラッと旅したり、そんな旅ヲタなアラフォーです。

JAL、タイムセール開催!

JALが、2022年4月19日~5月9日搭乗分を対象とした「国内線航空券タイムセール」の開催を発表しました。

まずは、タイムセールの概要から。

販売期間|2022年3月29日~4月11日
搭乗期間|2022年4月19日~5月9日
対象運賃|
・タイムセール先得割引タイプA
・タイムセール特便21

対象路線・対象搭乗日・運賃ならびに購入期限などについては、2022年3月28日14:00ごろにWeb上にてPDF形式で公表されるので、現時点では不明ですが、JALのタイムセールは、あくまでも“先得割引”のタイムセールと言う位置づけになっているので、これまで開催されて来たタイムセールでは、“先得割引”が適用される全ての路線が対象になって来ました。

なので、今回も同じスタイルでの内容ではないかな…と思われます(あくまでも個人的な予想ですが)。

運賃表はいつもの如く、前日まで未発表。

ですが、一部の路線については、最安値が公表になっているので、それを取り上げてみると、こんな感じになっています(一緒に、直近2回分のタイムセールでの最安値を、比較のために併記しておきます)。

路線今回1月開催12月開催
羽田~伊丹7,000円~7,000円~7,000円~
羽田~新千歳9,000円~9,000円~8,500円~
羽田~福岡9,000円~9,000円~8,500円~
羽田~那覇8,800円~8,800円~9,000円~

・1月開催…2022年3月1~26日搭乗分が対象
・12月開催…2022年1月8日~2月28日搭乗分が対象

基本的に、JALの場合だと、羽田~伊丹線が短距離の離島路線を除くと最安値に近い路線となるので、恐らく、今回のタイムセールは、7,000円がスタート価格となると言う認識でOKかな…と。

スポンサーリンク

ゴールデンウィークも対象期間内!

前述の表のように、基本的に今回は、1月開催(3月搭乗分)と最安値が同じ価格となっていますね。

前回のタイムセール開催の際に、羽田~福岡/新千歳線は、タイムセールとしては過去最高値となっていると言うコトを書いたので、今回もそう言うコトになります。

伊丹線もなかなか下がらないですしね(最早、7,000円で固定と言う感じすらしますが)。

で、基本的にはタイムセールと銘打っているけれども、どこまで安くなっている?と言う感じもしますが、注目するべきなのは、やはり期間と言うコトに。

今回のタイムセール、ゴールデンウィークがモロに対象期間になっていますね。

普通、こう言うキャンペーンなどが行われる際には、連休などは繁忙期でもあるので、対象外期間として設定されるケースも多いかと思いますが、今回のJALのタイムセールは、あくまでもゴールデンウィークの需要を取りに行くと言う感じ。

まん延防止など…も解除になり、タイムセールをしなくてもある一定の需要が出そうな気はしますけれどもね。

今年のゴールデンウィークは長い人だと結構な期間、休みが取れそうですし、それでいてまだ“海外旅行へ…!”と言う雰囲気でもナイですしね。

JALは2021年度に入ってから、タイムセールを2ヶ月に1回の頻度で開催して来ましたが、2022年度に向けても開催を継続すると言うコトなのかな?

ただ航空券だけで考えると、そこまで激安か?と言えば、そうでもないかも。

逆にJALダイナミックパッケージもタイムセールを先行して開催中ですが(発売期間は2022年4月14日まで)、コチラの方がややお得度が高いかな…と言う感じも。

京都は懐かしいだけじゃない!ブルータスの京都特集!
created by Rinker

繁忙期にセールの理由は…?

それにしても、ゴールデンウィークの期間にわざわざ期間を被せてのセール。
繁忙期にわざわざセールを行なうと言うのは、どう言うコトなのか。

理由としてはいくつか考えられるかとは思う。

期間中の需要が伸びていない。
業務需要は底固くなってきたが、観光需要が弱含みである。
業務需要が戻らないから、観光需要をもっと喚起したい。

いろいろとその理由になりそうなパターンはありそうですけれどもね。

でも、今こそ旅を喚起するタイミングと言う気がするのは、間違いないかな…

折角のお休みなので、しっかりと感染防止対策をしつつ、日本のどこかに行ってみると言うのは、アリですね。

コメント