タイ、隔離なしで入国を2月に再開!具体的に必要な流れは?

International affairs
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
たびかず
たびかず

ども。
たびかず(@tabikazu40)です。
長旅に出たり、フラッと旅したり、そんな旅ヲタなアラフォーです。

タイ、隔離なし入国制度を2月から再開へ!

タイ政府は、現在、一時的に停止している入国制度の「TEST & GO」を2022年2月1日から再開するコトを明らかにしました。

この「TEST & GO」はワクチン接種済みの旅行者を対象にした制度で、タイ入国時の隔離措置がナイと言うシステムですが、世界的なオミクロン株の流行を受けて2021年12月下旬に停止されていたモノ。

タイの感染状況自体は、現在も感染者数が高止まりしているような状態ですが、オミクロン株の重症化率が高くないコトと感染ペースが鈍化しているコトを受けて、再開するコトを決定した形。

従来の「TEST & GO」は63の国や地域からの旅行者に限定した制度でしたが、再開時にはこれを撤廃するとのコトで、ひとまず全面的な開国と言う形になり、観光産業の振興へ再び舵を切ると言う形になります。

スポンサーリンク

TEST & GOでタイ入国の流れと必要書類は?

とりあえず「TEST & GO」の適用条件は、以下の通り(変更の可能性もあるので、各自でしっかりと最新情報を入手してください。また下記の条件は全てを満たす必要があります)。

1.ワクチンの接種

・タイで認可されたワクチンを入国14日前までに2回以上、接種が完了しているコト
→ファイザー/モデルナ/アストラゼネカ/ジョンソンアンドジョンソン(1回のみでOK)/シノバック/シノファーム/スプートニクV

・入国申請の際には、英文のワクチン接種証明書が必要
→日本の自治体発行のワクチン接種証明書は有効

・12~17歳は保護者が同行する場合、ワクチン接種は免除

2.到着日ならびに5日目の待機ホテルの事前予約

・タイ政府認可のSHA Extra Plus/AQ/OQ/AHQの基準を満たすホテルの到着日と到着日から5日目のホテルの事前予約とその証明書をパス申請時に提出が必要
→到着日のホテルは、空港~ホテル間送迎とPCR検査の予約が必要でこれらを含んだパッケージがある

3.到着空港~ホテル間の送迎を事前予約

・タイ到着の空港→ホテル間送迎の事前予約が必要
→公共交通機関の利用は不可

4.2度のPCR検査の事前予約

・到着日/5日目のPCR検査の事前予約と証明書の提出が必要

5.新型コロナウイルス感染症及び関連疾患の治療費を含み、補償額が50,000US$以上の医療保険への加入

・保険期間は滞在全期間をカバーする必要がアリ
→滞在期間未定の場合は、保健期間が1年以上にする必要がアリ

・英文の医療保険証の提出が必要
→費用の部分がUS$表記またはTHB表記である必要がアリ

6.渡航72時間以内のPCR検査の陰性証明書

・タイ入国時に必要
→6歳以下の場合は、同陰性証明書を所持している保護者と同行の場合は不要

ここまでがタイ入国前の段階。
以下がタイ入国後。

7.タイ到着後のPCR検査の陰性

タイ到着後に事前予約した2回のPCR検査による陰性が必須
→到着日と5日目に実施し、結果が出るまではホテル内に留まる必要アリ

ここまでが「TEST & GO」でタイに入国する際にオンラインでの入国申請「THAILAND PASS」で手続きをする際に必要な手配ならびに書類関係になります。
現在、「THAILAND PASS」は申請後、7営業日以上は時間が必要とされており、承認されると「THAILAND PASS QRコード」がメールにて送付される形。
このQRコードを入国の際に空港でHealth Controlに提出すると言う感じ。

到着後のPCR検査は、予約によってホテルでチェックイン後にホテルで行なうモノと、病院に立ち寄りPCR検査を受けた後にホテルにチェックインするタイプの2通りがあるので、予約時に要確認と言うコトになります。

8.MorChanaアプリのダウンロード

入国後にダウンロードが必要になっているので、スマホが必要と言うコトになります
→このアプリはタイ政府による新型コロナ追跡システム

9.抗原検査の実施

結果を6~7日目にMorChanaアプリにUP
→検査キットも送迎・PCR検査などのパッケージに含まれているケースがあり

5日目のPCR検査の結果が陰性だった場合は、タイ国内であれば、どこでも旅行が可能になるが、県単位で入域の制限が残されているので、要確認。

こんな感じでしょうか。
何気にこうして書き記してみると、面倒…と言うか、億劫になるぐらいの話に思えてきますね…

陰性ならば、面倒なのは最初と最後だけ!

まだまだ面倒が残るのは事実。
だけれども隔離なしの入国が可能になったのは、かなりの前進と言えますね。

ただこの先、どうなるのかはまだまだ不明な点もある。

日本だって今、第6波が来ていますが、急激に感染者が増えた感じがしますからね。

1歩1歩、少しずつ感染が落ち着いて、また気楽に旅が出来るようになるまでの辛抱なのは確かなのですが。

ただ、旅程が比較的長く取れるのであれば、「TEST & GO」でタイと言うのはアリなんですよね。

面倒なのは、入国して1週間以内と日本帰国に向けた時の話ですから。

なので、比較的、旅行期間を長くとる傾向の強いバックパッカーとかは“今こそ、タイ”と言うのは考えても良いのかも…と思ったり。

ただあくまでもタイ国内での感染が落ち着いた訳じゃない。
新年早々に、バックパッカー向けの宿が多く集まるカオサンロードでクラスターなんかも発生していますしね。

感染症におびえてばかりだと、旅も楽しめないのも事実ですし…

コメント