JAL、訪日外国人に国内線無料航空券提供!

Sponsored Link

最大100,000席を提供!

JALが2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて、2020年7~9月に掛けて、訪日外国人観光客向けに、国内線座席の無料提供などのキャンペーンを実施するコトを発表しました。

観光庁および日本政府観光局(JNTO)が2020年に実施する「Your Japan 2020キャンペーン」の一環で、「Win a Trip with JAL」と題したキャンペーンになります。

まず対象ですが、JALマイレージバンク海外地区会員であるコト(日本国外に居住しているコトも条件で、日本人の場合は、海外での永住権所持が必須)。

そして、内容は、最大50,000人(往復で100,000席)の国内線往復航空券(羽田・伊丹・関空発着のJALグループ運航全路線が対象)を無料で提供すると言うシロモノ。

行先自体は4カ所の候補地を無作為に提案し、了解が得られれば、その中からJALが1カ所の行き先を決めると言うモノで、基本的には、2016年からスタートしている「どこかにマイル」と同じような枠組みで、システム自体も「どこかにマイル」のモノを活用する形。

どこかにマイル」と大きく異なる点としては、通常は6,000マイルが必要ですが、これを無料で提供すると言う部分。

JALのメリットはどこに?

かなり大盤振る舞いのキャンペーンです。

ってか、発表されたプレスリリースを読んで、思わず、“え?”とつぶやいたぐらいです。

2020年夏に日本を訪れる外国人旅行客の皆さまを無料でJAL国内線の旅へご招待 | プレスリリース | JAL企業サイト

~日本の新しい魅力を感じていただく旅をご提案します~

確かに、幾ら繁忙期と言えども、空席が全くない100%の搭乗率の便なんて、基本的にはほぼあり得ない話なのだろうから、その隙間を埋めると言う話なのだとは思う。

外国人観光客を、地方の、それも本人たちが予期していなかった地方へと送客すると言うのは、日本全体として見てみれば、観光の経済効果が広まるきっかけにもなる訳で、観光立国と地域活性化としては、有効な手段だとは思う。

ただJALとしては、どこまでメリットがあるのだろう…と。

まぁ、メリットとしては、普段、あまり手厚いサービスのナイ海外地区在住のマイレージ会員に対しての訴求効果ぐらいじゃないかな…と。

ただ、やっぱりこの時期に?と言う感想でしかないかな…と言うのが、正直な所ではありますけれど(さすがにお盆時期とかは対象から外しては来るのでしょうが)。

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください