ANA、ヤフオク出品したモックアップシートは380万で落札!

Airlines
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
たびかず
たびかず

ども。
たびかず(@tabikazu40)です。
長旅に出たり、フラッと旅したり、そんな旅ヲタなアラフォーです。

380万円あったら、何するだろう?

とりあえず、1年間は旅が出来る、確実に。
いや、3年ぐらいは行けるか。

そうなると、どこに行こうとするかな…なんてコトを考えてしまいましたが、別に落札しようとしていた訳じゃないんですよ、もちろん。

ANAヤフオク出品は、380万円で落札!

ANAホールディングス傘下の全日空商事が、ヤフーが運営しているオークションサイトの「ヤフオク!」に出品していた国際線ボーイング777-300ER型機のファーストクラスのモックアップシートと、ボーイング777-300ER型機の実機で使用していたウインドウフレームの入札が締め切りになりました。

結果的に、国際線ファーストクラスシートのモックアップは、380万6,000円(税込418万6,600円)。

64人が入札をし、最終的な入札履歴は356回。
この落札額以外に、18万400円~213万5,100円の引き取り時手数料・送料などが別途、必要になる。

ウインドウフレームは、45万9,000円(税込50万4,900円)。

28人が入札をし、最終的な入札履歴は98回。

国際線ファーストクラスモックアップシートは、最新の「THE Suite」の1つ前の世代に当たり2011年に搭乗した「ANA FIRST SQUARE」のモノ。

大きさはおよそ115cm×224cm×131cm。重さは台座を含めると約400kgにまで達すると言うモノなので、かなりの大きさと言うのが分かるかと。

シートのメーカーはゾディアック・シート・フランス。
シェルはジャムコ。
23インチの大型液晶ワイドスクリーンに、フルフラットシートと言うスペック。

電動で稼働していた部分は、使用ができない状態とのコトなので、リクライニング機能やシェードなどは固定になる(手動で動かす部分は、可動可能)。

ウインドウフレームは、実機から取り外したもので、ファーストクラス・ビジネスクラスに設置している電動シェード付き。

元々、ANA側が幾らぐらいの入札価格を想定していたのか…と言う感じもあるけれど、モックアップではあるが、かなり高額の落札価格と言う形になったと言えるかと。

スポンサーリンク

お得感があるのかは分からないけれど…

モックアップに380万…

幾らこの機会を逃すと、次、手に入らないと言っても、かなりの金額。

しかも、大きさもなかなかなので、正直、どうするんだろう?と言う感じはする(そもそも我が家だと落札できないし、置けない…)。

仕事スペースに活用できそう…と言う声もあるかとは思いますが、380万掛けるなら、もっと仕事しやすい環境を整えるな、ボクなら(笑)。

いや、そもそも落札された方は、そんなコト、考えるような人じゃないのだろうし、そもそも遊びココロがあるよなぁ…とも。

ファーストクラスで欧州まで行こうとすると、多くの人にとっては、気軽に何度も行ける値段じゃない。
それを考えると、毎日、ファーストクラスのスペックだけは味わえると言うコトで、お買い得感はあるのかな?

でも、こうした1点モノのオークションと言うのは、面白いですね。

ANA|オリジナルアロマオイル~ラウンジのあの香りっ!
created by Rinker

ビジネスクラスのモックアップ出品の第2弾も!

既に第2弾の出品が10月に決まっており、次は、

・国際線ビジネスクラス モックアップシート(スタッカード)
・ボーイング747-400型機モデルプレーン
・JA8094 機体識別版

が出品されるコトが発表になっています。

こちらのモックアップも、今回のファーストクラスに負けじと、落札価格は跳ね上がりそうですね。

それにしても、ANAのこうした動き。
結構、活発にやっている感があるけれど、好きですね。
少しでもコロナ禍の減少をリカバリーして行こう~!みたいな感じに思えるので。

他の航空会社も、どんどん見習って、新しい動きに繋がっていけば良いのになぁ…と。

コメント