近鉄利用でJALマイルに繋がるJMB KIPS、新規受付終了へ!

Card
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
たびかず
たびかず

ども。
たびかず(@tabikazu40)です。
長旅に出たり、フラッと旅したり、そんな旅ヲタなアラフォーです。

不況などになると一番先にカットになるのがポイント関連のキャンペーン。
そしてクレジットカードも渋くなる訳ですが、コロナ禍で観光関連の企業は軒並み厳しくなっている中で、その一環なのかどうか。

今日の記事の理由が一番気になるんだよなぁ…と思いつつ。

JMB KIPS、新規受付終了へ!

9月12日請求分より三菱UFJニコスが発行している「MileagePlus MUFGカード」などで、登録型リボである「楽Pay」の年会費優遇特典が終了。

9月中旬には唐突に「Amazon Matercardゴールド」が新規の受付を終了。

さらに9月30日受付分を以て、アメリカン・エキスプレスが発行している「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード」と「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミアカード」の新規発行が終了…

なんか最近、立て続けにクレジットカードで改悪が行われている感じがするのですが、さらにJALのマイルに繋がる「JMB KIPSカード」とその上位カードの「JMB KIPSカード ゴールド」も2021年9月30日を以て、新規の受付終了がアナウンスされました。

この「JMB KIPS」カード。
JALと近鉄グループとの提携カードになります。

JALと鉄道各社との提携カードは、東急・小田急・JR東日本でも行われていますが、「JMB KIPS」は三菱UFJニコスが発行しているクレジットカード。

JALマイルが貯まる鉄道会社系カードの中では、比較的、話題に上るコトの少ない(と言うか、ほぼナイ)カードのように思われるのですが、それでも鉄道会社との提携カードの新規発行終了と言うのは、あまり例が多い訳じゃない感じがしますね。

そもそも土台が地域に根差している鉄道会社なので、カードを作る利点が多いので。

スポンサーリンク

メリットの訴求力が薄いけれどPiTaPaでマイルに繋がる

あまり話題に上らない理由。

その理由は、換算率の悪さに尽きるかな…と。

ノーマルカードだと、220円=1ポイントが積算され、20ポイントで10マイルと言う換算率(近鉄百貨店などでは100円=1~5ポイントが貯められる)。

つまり200ポイントで100マイルと言うコトになり、換算率が悪いんですよね。

さらに他のポイントを流入できる訳でもないですし。

逆に「JMB KIPSカード」のメリットとしては、まずKIPSポイントからJALマイルへと交換ができるのは、この「JMB KIPSカード」を持っている場合のみと言う点が最大のポイント。

そして、KIPS PiTaPa・KIPS ICOCAカードを併用すると、近鉄にIC乗車券で利用すると、220円で1ポイントが積算できると言うコト。

この2つぐらいでしょうか。

ただ近鉄乗車でポイントが貯められると言っても、別個にPiTaPaを持たなくてはいけないスタイルで、1枚にまとめられないのは、やや不便ですけれどもね。

あとは初年度の年会費が無料なのと、次年度以降も、前年度にクレジットカードの利用が50,000円(税込)で無料になると言う所。

逆に、ゴールドカードは、年会費が11,000円の割に、目立つポイントは110円=1ポイントと言う所ぐらいかな…と。

ひとまず新規の受付が終了と言うコトだけで、既存会員のコトについては、現時点では触れられていない状態。

ただDCカードが発行していた「KIPS-DCカード」は、新規受付終了後も変わらずの条件で利用が可能になっている状態(家族カードの申し込みは可能)なので、それに似た展開になるのかな…と。

京都は懐かしいだけじゃない!ブルータスの京都特集!
created by Rinker

発行終了の理由は、何?

コロナ禍で鉄道各社の経営状態が悪化している状態ですが、近鉄グループはその中でもホテルやリゾート開発などを積極的に行なっていたコトもあって、厳しい状態のように思う。
大手私鉄の中では、比較的多く閑散区間も抱えていますし、傘下のKNT-CTなんかはかなりの経営難に喘いでいますしね。

ただ今回の新規申し込みの終了は、それが理由なのかどうかは、不明です。

そもそもマイルの使い道が、現時点ではかなり限定的になっていると言うのも、影響している気もしますし、ひとまず三菱UFJニコスとしては、JALマイルとの提携がナイ「KIPS MUFGカード」も発行しているので、そちらに流して行きたいと言う感じもあるでしょうしね。

ただJALマイル派としては、PiTaPaとの提携があるクレジットカードだったので、その点ではちょっと残念感はありますね。

コメント