JAL/ANAでもJRでもお得なスカイトラベラーカード、受付終了へ!

Card
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
たびかず
たびかず

ども。
たびかず(@tabikazu40)です。
長旅に出たり、フラッと旅したり、そんな旅ヲタなアラフォーです。

クレジットカードに改変は付き物ですが、新規の受付終了となると、そこまで度々ある訳じゃないようにも。
でも、お得なカードほど、やっぱり改変や終了の可能性は高いんですよね…

スカイトラベラーカード、新規受付終了へ!

アメリカン・エキスプレスから、「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード」と、「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード」(以降、「スカイトラベラーカード」「スカイトラベラープレミアカード」で略)の新規発行を、2021年9月30日受付分を以て、終了するコトをアナウンスされました。

特に代わりに新しいクレジットカードを誕生させるのではなく、単に新規申し込みが終了と言うコトのようなので、代わりはないのかな?と。

共に100円の利用で1ポイント獲得できるカード。
それだけだと、そこまで特徴的には感じないかも知れませんが、かなりエッジの効いたカードで、旅に精通した“アメックス”らしいクレジットカードだったりします。

何と言っても、このカードの特徴は、対象の航空会社や旅行会社での購入で、「スカイトラベラーカード」だと3倍、「スカイトラベラープレミアカード」だと5倍のポイントを獲得できると言うお得なカード。

後述しますが、対象の航空会社にはJAL/ANAも含まれている上、新幹線などのJRの切符購入でもポイントがザクザク…と言うコトで、特に日本在住者にはおススメのカードなんですけれどもね。
しかも「スカイトラベラーカード」は、アメックス発行のクレジットカードの中では、年会費も安めですし。

既に保有しているカードについては、今後も利用できるとのコトですが、家族カードの申し込みやカードの切替も9月30日受付分で終了するので、この先の動向は気になる所ですが、気になっている人はラストチャンス!と言う感じですね。

JAL/ANAもJRでもお得なクレカ

この「スカイトラベラーカード」と「スカイトラベラープレミアカード」。

何がお得か。
まずポイントが3倍・5倍になる対象の航空会社の数が多い。

具体的に見てみると、これだけあるんです。

地域航空会社地域航空会社
日本ANAヨーロッパアリタリア
JALエールフランス
スターフライヤーオーストリア航空
PeachKLMオランダ航空
アジア大韓航空スイスエアラインズ
アシアナ航空スカンジナビア航空
チャイナエアラインフィンエアー
エバー航空ブリティッシュ・エアウェイズ
キャセイパシフィック航空ルフトハンザ・ドイツ航空
フィリピン航空オセアニアエア・タヒチ・ヌイ
シンガポール航空カンタス航空
ガルーダ・インドネシア航空中近東エティハド航空
タイ国際航空エミレーツ航空
北米デルタ航空  

北米大陸ではデルタだけですし、中国勢は香港のキャセイだけが対象ですが、アジアはかなり強い。
キャセイ・タイ国際・シンガポール航空と揃ってますし、大韓・アシアナ・チャイナエアライン・エバー…も対象なので、基本的には、アジアならばどこに行くにしても、かなり対象航空会社を利用できる感じ。

でも、特に日本は、JAL/ANAの2大キャリアに加え、スタフラにLCCでは唯一のピーチと4社が揃っていると言うのが、強いんですよね。

で、さらに日本でおススメの理由が、日本旅行・アップルワールドの利用でもポイントが3倍・5倍!

特に日本旅行での利用は、JRやバスのチケットも対象になるので、新幹線などの利用も日本旅行の店舗もしくはWEBから購入すると、ザクザクとポイントが貯まると言うカード。

さらに貯めたポイントは無期限で貯められるほか、マイルへの移行も可能。

そのマイルへの移行も、以下の通りに移行可能なプログラムが多いのも特徴。

地域航空会社地域航空会社
アジアANAヨーロッパアリタリア
チャイナエアラインエールフランス-KLM
キャセイパシフィック航空スカンジナビア航空
シンガポール航空フィンエアー
タイ国際航空ブリティッシュ・エアウェイズ
中近東エティハド航空ヴァージン・アトランティック航空
エミレーツ航空オセアニアカンタス航空
カタール航空北米デルタ航空

*ANAの場合は、マイル移行有料

日本国内外29の空港ラウンジも会員+同伴者1名まで無料で利用可能だし、航空便遅延補償(海外)も付随。
海外旅行保険も自動付帯(障害死亡・後遺障害で最高3,000万円ですが)。

まさに「旅をする」人向けのカードと言う感じですが、使いこなせばかなり便利かつお得なカード。

それでいて、「スカイトラベラーカード」は年会費が11,000円。
さすがに「スカイトラベラープレミアカード」は年会費が38,500円と値が張りますけれど。

スポンサーリンク

代わりがないぐらいに特徴的なカード

「旅」に特化したクレジットカード。
それでいて「スカイトラベラーカード」は年会費もアメックスの中では安め。

ただエッジが効いたカードなので、今みたいに自由に旅ができない時代には、やや厳しいのかな?とも。

こんな時代だからこそ、ポイントの有効期限がナイ+マイルの有効期限対策にもなると言う意味でおススメなんですけれどもね。

これから同じようなスタイルのカードも、なかなか出てこないでしょうしね。

そして代わりになりそうなカードもないぐらいに特徴のあったカードですし。

一応、新規の申し込みが終了と言うコトで、既存保有者は当面、サービスをそのまま受けられる訳ですが、やっぱり代わりになると…

「SPGアメックス」になるのかな…とも。

年会費が高いと言うのがネックにはなるので、ホントにメインカードとして利用しないと…とは思いますけれど。

なので終了リスクを考えつつも、9月30日までに「スカイトラベラーカード」に申し込む!と言うのが、一番ですかね。

 

コメント