JAL/ANAが、顔認証による搭乗手続きを開始!果たして便利なのか?

Airlines
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
たびかず
たびかず

ども。
たびかず(@tabikazu40)です。
長旅に出たり、フラッと旅したり、そんな旅ヲタなアラフォーです。

えーっと…
世間の学校的には、いつから夏休みなんだろう?
4連休って何?

そんな“夏”とは縁遠い生活を送り始めているこの頃です。

JAL/ANA、顔認証で搭乗開始でよりスムーズに!

JAL・ANAが参加して実証実験が進められてきた新しい搭乗スタイルの「Face Express」が、2021年7月19日から本運用へと移行したコトが発表になりました。

「Face Express」とは、顔認証技術による搭乗手続きのコト。

自動チェックイン機など、空港での最初の手続きにて、顔写真を登録しておくと、その後の手続きが搭乗券やパスポートを提示するコトなく、顔認証で通過・手続きが出来、よりスムーズな搭乗手続きが実現できると言うシステム。

具体的に顔認証で手続きが簡略化されるのは、

・自動手荷物預け機
・保安検査場
・搭乗ゲート

の3ヶ所になります。

 

顔写真の登録可能な場所としては、

ANA|
・成田空港第1ターミナル…南ウィング

JAL|
・成田空港第2ターミナル…自動チェックイン機/自動手荷物預け機/保安検査場入口ゲート
・羽田空港第3ターミナル… Face Express登録専用機

で、アナウンスされています。

 

但し、ANAの発表によると、ANAで「Face Express」が利用できるのは、コロナ関連の書類確認などの関係で、係員による確認が不要なメキシコシティ線のみが利用可能。

また自動手荷物預け機で登録を行なうスタイルなので、手荷物を預けない搭乗者は、現状だと「Face Express」が利用できないと言うコトになっているようです。

逆に、JAL側は、特にそうした記載がない状態。
顔写真の登録可能な場所についても、上記の通りで、別に自動手荷物預け機のみじゃないですし。

ただそもそも「Face Express」は、別にJAL/ANAのサービスではなく、成田と羽田空港側によるサービス。

それなのに、そんなに差が出て来るものなのだろうか…と、ちょっと思ったりもしますが、実際の運用はまた別個に特記事項があったりする話で、単にJAL側から出ていないだけなのかな?

そこまでメリットあるのか?

顔認証で、搭乗。

いや、スゴイなぁ…と、単純に思う。

だけれども、そもそもの話ですが、顔認証による搭乗が、そこまで便利なのか?と言う話でもある。

確かに搭乗券やパスポートをその都度、見せなくても良いのは、便利なのには間違いがない。
それは事実。

ただ、そこまで旅のスタイルが変わるか?と言うと、それほどでもないと思う。

と言うか、搭乗券とパスポートを見せるぐらいであれば、そこまで面倒にも思わないのだけれどね。

搭乗券とパスポートを見せなくて済むだけで、別にそれらが不要になる訳じゃない。
そもそも、国際線だとそれなりに空港へも早めに行っているだろうし、そのぐらいの時間が不要だとも思わないけれど。

そして、搭乗までの時間が短縮はされそうな気はするけれど、それも劇的に…と言う訳でもないだろうし。

空港会社としても、かなりの費用を投入しているシステムでしょうが、それに見合っただけの利点があるのかどうか…

個人的には判断に迷う感じ。

まぁ、1度、利用してみれば、もうちょっとそのメリットを感じられるのでしょうが、利用していない状態だと、そこまでメリットをイメージできないでいます。

単に、スゴイなぁ…と思うだけで。

スポンサーリンク

パスポートがなくなるような日も来るのかな?

まぁ、何にせよ、顔認証で…と言うのは、今後も進んで行く話で、どんどん日本でも取り入れが進んで行くんだろうな…と。

個人情報とセキュリティと言う意味では、気になる側面がある人もいるんだろうけれど、個人的には、どんどん進めて、旅が便利になればいいと思うし、それらが選択できる社会であれば…とも。

究極の所、出入国なんかも全て顔認証になって、搭乗券もパスポートもいらなくなれば、ホントにストレスフリーにはなりますけれどね。

 

さすがにそんな日は来ない、のかな…?
今回もあくまでも搭乗システムに顔認証と言うだけの話で、出入国管理とは別次元ですし。

ただIC化を進めた際に、こんなに早く世界の末端にあるような国境までIC対応が進むとは思っていなかったから、もしかしたら、1度、導入が進めば、あっと言う間に顔認証による出入国ってのが進む可能性もあるけれどさ。

ま、それはそれで一抹の寂しさはあるけれど。

コメント