エティハド航空・エルアル航空が提携!今後はマイルも!

Airlines
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
たびかず
たびかず

ども。
たびかず(@tabikazu40)です。
長旅に出たり、フラッと旅したり、そんな旅ヲタなアラフォーです。

中東3大エアラインと言えば、エティハド・エミレーツ・カタール航空でしょうが、どこもサービスに提供がある航空会社ですが、カタール航空以外は、提携先が独自と言うのもポイント。
ホント、提携関係が充実しているよな~と、今回、改めて思ったり。
まぁ、逆に覚えるのが億劫になるぐらいではありますが…

エティハドとエルアル航空が提携!

UAEのアブダビを拠点としている「エティハド航空」と、イスラエルを拠点にしている「エルアル航空」が、パートナーシップを結んだコトが発表になっています。

まさか「エルアル航空」が中東系のエアラインと提携を開始するなんて…と言う気にもなりますが、具体的な内容は、こんな感じ。

エティハド・エルアル航空|提携詳細

・2021年7月18日~|エルアル航空が、アブダビ~テルアビブ間のフライトをコードシェア(エティハド航空運航)

・20211年8月1日~|エルアル航空が、オーストラリア・バーレーン・インド・韓国・フィリピン・セイシェル線などでコードシェア

・時期未定|中東・欧州・アジア・アメリカへのエルアル航空運航便をエティハド航空がコードシェア

・時期未定|マイレージプログラムの提携

コードシェアだけでなく、マイルでも提携を開始するコトがアナウンスされているので、結構、踏み込んだ形の内容になっているかな…と言うのが正直なところですかね。

特に、「エルアル航空」は、イスラエルをベースにする航空会社。
と言うか、国営航空会社です。
“イスラエル”と言う歴史的な流れもあって、近隣諸国とは外交関係もなかったコトもあり、そこまで就航都市が多くないのが現状。
もちろんですが、今まで中東系航空会社との提携は皆無だったので、かなり画期的な提携と言えそうです。

エルアルでマイルを貯める機会が…!

今回、マイルでの提携も発表になっていますが、共にアライアンスには未加盟の航空会社。

「エルアル航空」のマイルでの提携先は多くなく(寧ろ、少ない)、

・アエロメヒコ(メキシコシティ~パリ・マドリード・ニューヨーク・マイアミ線のみ)
・カンタス航空
・アラスカ航空

の3社のみ。

この他に自社便名のコードシェア便を利用するとマイルの付与がある航空会社は、かなりの数に上るのですが、正直、なかなか使いにくいし、貯めにくいのが実情。
現状だと、アラスカ航空かカンタスになるのでしょうが、ここに提携関係が豊富な「エティハド航空」が加わると言うのは、大きいですね。

マイルの提携に関しては詳細が出ていませんが、全面的な提携になるのか、それとも路線を絞ったマイル付与になるのか…

どちらにせよ「エルアル航空」としては、かなり大きなプラスになりそうです。

一方の「エティハド航空」。

アライアンス未加盟ですが、マイルの提携先は、かなり豊富。

航空会社アライアンス航空会社アライアンス
ニュージーランド航空スタアラヴァージンオーストラリア未加盟
スカンジナビア航空スタアラブリュッセル航空スタアラ
アリタリア航空スカイチームエア・ヨーロッパスカイチーム
チェコ航空スカイチームエア・セルビア未加盟
ANAスタアラアシアナ航空スタアラ
大韓航空スカイチームガルーダインドネシアスカイチーム
マレーシア航空ワンワールドスリランカ航空ワンワールド
海南航空未加盟ガルフエア未加盟
オマーン航空未加盟サウディアスカイチーム
ロイヤルエアモロッコワンワールドGOL未加盟
エアカナダスタフラアメリカン航空ワンワールド

かなり幅広い提携先に、「エルアル航空」が入ると言う形。

逆に言えば、規模が違いすぎて、「エティハド航空」としてのメリットは、どこにあるんだろう…?と言う感じもしなくはないですかね。

スポンサーリンク

外交関係樹立が発端

提携に至る発端は、イスラエルとUAEが外交関係を樹立したコト。

これに尽きます。
この外交関係の樹立で、両国間の直行便が運航されるようになった訳ですから。

ただまさかここまで関係を踏み込んで来るとは…と言う感じ。

特に「エルアル航空」としてはネットワークを強化するまたとない提携と言うコトになりそうですね。

そしてその後の動きが速いのも、見事。
やっぱりこの辺りは国営と言う形態が影響しているのでしょうが。

それにしても…

「エティハド航空」。

提携関係、また広がると言う感じ。

ってか、広がりすぎて、もう何が何だか…

まぁ、サービス・機材も良かったので、また乗りたい航空会社なんですけれどもね。

コメント