JAL NEOBANKスタート!マイル貯まるけれど、メリット・お得度は低め?

Sponsored Link

そもそもJAL GLOBAL WALLETって?

JALのグループ会社である「JALペイメント・ポート」と、ネット銀行の住信SBIネット銀行は、共同フィンテック事業の第2弾として、「JAL NEOBANK」(JALネオバンク)の受付を2020年4月28日から開始するコトを発表しました。

JALと住信SBIネット銀行との協業は、既に「JAL Global WALLET」(以下、「JGW」)でプリペイドカード事業に取り組んでいる訳ですが、今回発表になった「JAL NEOBANK」は、JALマイレージバンクの会員向け専用ネット銀行口座で、アプリ内での預金・決済など銀行機能が完結出来るサービス。

具体的なサービス内容は、まずこれから口座を開設する人は、「JGW」とセットで申し込みをする形になります。

逆に、既に「JGW」を持っている人は、「JAL NEOBANK」のみで受付が可能。

なので、まずはこの「JGW」が1つ目のポイントになりますが、「JGW」は、以下の様な使い方が出来るカードになっています。

・チャージした金額内で、マスターカード加盟店で使えるプリペイドカード方式の決済機能
・チャージした金額を外貨へ両替して、海外のATMから引き出せるキャッシュカード機能

これらの取引でもマイルが貯められると言うのが、最大の特徴で、ショッピング利用で200円につき1マイル。

両替では0.5%のマイル還元が受けられます。

JAL Global WALLETのメリットとデメリット

JALの「JAL Global WALLET」の発行が、2018年11月29日から開始されました(『 15通貨に対応のJAL Global WALLETは、海外での両替でもマイルが貯まる! 』も参照して下さい~)。 …

 

あくまでもあらかじめチャージが必要なプリペイドカードなので、特に審査なども不要ですし、使い過ぎなども防止出来るのが、クレジットカードとの大きな違いですね。

JAL NEOBANの基本機能とメリット

さてここに今回、加わるのが「JAL NEOBANK」。

まずは、「JGW」へのチャージ・払い戻しと紐付けの機能。

そして「JGW」と異なるのが、ネットバンクとしての以下の機能があります。

・円/外貨普通預金
・国内のATM利用
・銀行振込

基本的な機能は、ベースになっている「住信SBIネット銀行」とほぼ一緒。

と言うか、全く一緒と言う感じがします。

「JGW」を持っている人が、「JAL NEOBANK」を持つメリットは、幾つかあります。

まずは為替手数料が安い。

「住信SBIネット銀行」がベースになっているので、為替手数料が安めと言うのが、最大のメリットでしょうかね。

「JGW」からそのまま外貨両替するよりも、「JAL NEOBANK」で両替をして、「JGW」にチャージをする方が、為替手数料は安そうです(現時点で、全ての通貨でそうとは言い切れませんけれど)。

「JAL NEOBANK」でもマイルは貯められます。

・外貨預金月末残高合計300万円で100マイル(月)
・外貨積立月10,000円以上で10マイル(月)

まぁ、ぶっちゃけ、大したマイル額じゃないです。

外貨月末残高300万円と言うのは、ちょっと現実的じゃない感じもあるので、積立狙いにしても、年間120,000円で、120マイルですから。

 

JAL NEOBANKのデメリットは?

「JGW」の場合、海外ATMの手数料は、1回200円。

問題になって来るのは、ココですね。
「JAL NEOBANK」自体のデメリットではありませんが。

短期の旅行ならばいざ知らず、長期間の旅行ともなると、両替の手数料は塵も積もって来ますが、プリペイドカードやデビットカードよりも、クレジットカードによる海外ATMを推奨するのは、クレジットカードだと海外ATM手数料が掛かりにくいと言う所。

もちろん、両替の手数料などは掛かりますが、プリペイドカード・デビットカードよりも総じて安価になるコトがほとんど。

「JAL NEOBANK」はあくまでも「JGW」と紐付して利用するモノ。

そう考えると、どこまでメリットがあるのだろう…と、つい思ってしまいます。

「JAL NEOBANK」は「住信SBI銀行」の口座を持っている人も、口座が開設出来ると言うポイントがあります。

「住信SBI銀行」のキャッシュカードは、海外のATMでも引き出せる機能が自動付帯。

なら、なおさら「JAL NEOBANK」を持つメリットが薄そうな気がしてしまいますね…

ただ2020年9月末まで「JAL NEOBANK」は、ATM利用料と振込手数料が月1回ずつ無料なので、それまでは若干のメリットはありそうですが、これが改定になるぐらいならば、それだけでデメリットでもありますし(住信SBIネット銀行からならば、ずっと無料措置が続きそうな気もしますけれどね)。

ってか、そもそも「JGW」と「JAL NEOBANK」と分ける必要がどこまであったのだろう…と言う気もします。

これが「JGW」だけで完結すると言うのであれば、まだ手間は少ないですし、2つをやり取りすると言うのも不便。

「JAL NEOBANK」を持つ人の多くが、「JGW」利用だとするのであれば、そもそも「JAL NEOBANK」をかますコト自体が、デメリットの様な…

なので、個人的にはよほどのキャンペーンがない限りは、様子見かなぁ…と言う気がします。

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

2 件のコメント

  • 試しに開設してみましたが、おっしゃる通りメリットが分からず…。
    今後も多少はマイルキャンペーンがあるかもと思いましたが、銀行口座が増えるのも煩わしかったので、ひと月で解約してしまいました。

    • 鎌倉マイラーさん>
      コメント、ありがとうございます。
      ボクも先月、開設したのですが、やっぱりメリットがさほど見えてこず…
      仮に海外に行くとしても、持って行かない気がしてなりません。
      ベースになっている住信SBIがVISAなのに対して、JGWがマスターと言うぐらいで。
      せめて1枚にまとめてくれれば良かったのに…
      でも、まだ解約するまでには踏み切れず…です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください