ピーチ、運賃・各種手数料、6月7日~値上げへ!

Airlines
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
たびかず
たびかず

ども。
たびかず(@tabikazu40)です。
長旅に出たり、フラッと旅したり、そんな旅ヲタなアラフォーです。

ピーチ、運賃値上げへ!

ここ最近、色々な商品が値上げラッシュ。
なんならラーメンとかも値上げを検討している場所が多いとのコトだが、旅行業界も同様。
燃油サーチャージが昨日(6月1日)から改定されて、全面高状態だけれども、鉄道業界では近鉄などが値上げを発表していたりする。

で、今度はANA傘下のLCCである「ピーチ」が、2022年6月7日22:00以降の販売分から、運賃や手数料などの改定を発表しました。

具体的な運賃の改定幅は、路線によって異なるので、一概には言えないけれども、こんな感じ(詳しくは、コチラから)。

運賃タイプ値上げ幅値上げ率
シンプルピーチ0~3,500円2.2~22.0%
バリューピーチ0~3,400円2.2~15.6%
プライムピーチ80~3,480円2.3~13.7%

値上げ幅は、どちらかと言えば、一番運賃が安いシンプルピーチの方が、元が安い分、値上げ率が高くなると言う感じ(まぁ、当たり前だけれど)。

ただ2.2%の値上げはそこまで高くなった感じはしないだろうけれど、22%の上げ幅と言うのは、かなり…な気がしてならないのだけれど。

元がLCCなので安めに設定されているから、率にすると高くなると言うのもあるのだろうが。

スポンサーリンク

手数料もそれぞれ値上げ!

運賃以外にも各種手数料も値上げが発表になっています。

ピーチの場合、予約方法によって手数料が異なり、インターネット<コンタクトセンター<空港カウンターの順に手数料が高くなる感じになっているが、ひとまず、一般的なネット予約での主な手数料は、以下の通り(国内線の場合)。

手数料現行改定後
シンプルバリュープライムシンプルバリュープライム
支払手数料
カード*1600円640円
モバイル決済600円640円
コンビニ払い670円690円
その他手数料
変更手数料3,300円無料3,500円無料
取消手数料不可1,100円無料不可1,100円無料
座席指定料      
スタンダード590円無料690円無料
プレジャー690円無料740円無料
スマート890円無料990円無料
ファスト1,390円1,490円
受託手荷物料金
1個目1,800円無料1,950円無料
2個目1,800円無料1,950円無料
3~5個目1,800円1,950円
手荷物優先返却500円600円

*1|Amexブランドはモバイル決済と同額

基本的に、区分の仕方自体には変化なし…と言う感じですが、軒並み、ほとんどの手数料が値上げされると言う感じですね。

なんだかんだと結局、片道400円ぐらいは値上げになる人が多いのでは?と言う感じでしょうか(座席指定+受託手荷物で)。

となると、運賃の改定と合わせ、往復すると、そこそこの値段の上げ幅になるような気がしてしまいますね。

やっぱサイドテーブルは重宝!
created by Rinker

購入前に、合計金額をしっかり確認!

これらは2022年6月7日22:00以降に購入した航空券に適用されるので、ひとまずそれまでに!と言う感じですが、これ以前に購入した場合でも、新たに6月7日22:00以降に各種手続きをする場合は、新しい料金が適用されるのは注意点でしょうね。

コロナ禍で経営状態も芳しくなく、さらに燃油がバカ高くなっている中で、仕方ないのかな…と思う部分もあるのだけれど、個人的にはひとまず「支払手数料」は無くして欲しいな…と思う。

現行でもクレジットカードで購入して片道600円。
往復で1,200円。

じゃ、現金で買えるの?と言う訳でもないし、その他の決済方法だとより手数料が高いし。

もう0円で購入出来ないのだから、支払手数料は運賃に込みにするべきじゃないのかな…なんて思ったり。

結局、安いからLCCを利用する訳だけれども、なんだかんだプラスすると、トータルだと今でもスカイマークの方が安かったりするし、そもそもセール期間で買えば、JAL/ANAだってそう大差がない場合もあるし…

ま、それでも使うんですけれどもね。

ただこれからはよりトータル金額をしっかりと吟味する必要がありそうですね。

コメント