JAL、関空閉鎖の臨時便に伊丹発着国内線も!成田国際線臨時便は13日まで対応!

Airlines
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

2018年9月7日から第2ターミナルでの運用を一部再開した関空。

運用停止が続く第1ターミナルは、9月14日から暫定運用を始めるコトを明らかにしました。

どの航空会社がどれぐらいの発着枠を持って、14日から運用を再開するのかは、未定ですが、現時点で、関空の運用を再開しているのは、ANA/JAL/ピーチ/春秋航空の4社のみなので、もう少し増えるコトになるのは、間違いないでしょう。

JAL、成田と伊丹で臨時便対応

JALに関しては、成田便の臨時便を運航しているのは、既出ですが([追記アリ]JAL、関空便振り替えの臨時便を成田から運航!)、この臨時便もひとまず13日まで運航するコトが発表になりました。

また、今までは成田発着の国際線のみの臨時便運航でしたが、伊丹発着の国内線の臨時便も運航されています。

就航都市便名発着時間運航日
台北(桃園)JL8613成田11:05台北14:0010~13日
JL8615成田20:35台北23:25
JL8614台北08:40成田13:00
JL8616台北15:10成田19:30
ホノルルJL8798成田19:00ホノルル07:30
JL8796成田19:40ホノルル08:10
JL8795ホノルル10:25成田13:35(翌日着)
JL8797ホノルル13:45成田16:55(翌日着)
ロサンゼルスJL8060成田16:45ロサンゼルス11:00
JL8069ロサンゼルス13:45成田16:55(翌日着)
バンコクJL8727成田16:20バンコク21:00
JL8728バンコク23:00成田07:15(翌日着)
上海(浦東)JL8691成田11:45上海14:1010・11日
JL8697成田13:50上海16:15
JL8694上海15:35成田19:40
JL8698上海18:00成田22:05
国内線JL4805成田09:10伊丹10:3010~13日
JL4591成田15:20伊丹16:4010・11日
JL4806 伊丹11:15成田12:3510~13日
JL4596伊丹17:45成田19:05
JL4703伊丹14:15新千歳16:0010・11日
JL4702新千歳11:00伊丹12:50
JL4791伊丹09:00那覇11:05
JL4793伊丹14:10那覇16:15
JL4792那覇11:40伊丹13:35
JL4794那覇16:50伊丹18:45

*運航日によって発着時刻に変更があるフライトもあるので、利用の際は、公式Webサイトをしっかり各自でご確認ください。

デルタとタイエアアジアXは、中部発で臨時便対応

またその他の航空会社に関しても、随時、臨時便が他の空港へと就航する(している)コトが発表になっています。

デルタ航空DL9878中部20:05ホノルル08:5611日まで
DL9877ホノルル14:11中部18:05(翌日着)

デルタの関空線って、今やこのホノルル線1本のみなのですが、それでも臨時便で対応してくれる辺りは、何気にスゴイなぁ…と思っちゃいますね。

ってか、中部空港ですらデルタ運航の北米本土路線があるんですけれどもね…と、改めて思ったりもしましたが。

この他にタイ・エアアジアエックスは、バンコク~関空~ホノルル線を運航していましたが、関空運休後、中部経由にして運航するなどの対応を見せていました(9日で終了)。

外国籍の航空会社でも、これだけ臨機応変に対応してくれるのは、有り難い所(中部空港に拠点を持っていたからこそ出来る話なのでしょうが…)。

[amazonjs asin=”B019GNUT0C” locale=”JP” title=”Anker PowerCore 10000 (10000mAh 最小最軽量 大容量 モバイルバッテリー) iPhone&Android対応 *2018年8月時点 (ブラック)”]

伊丹と神戸空港への振り分けも検討に!

関空を本拠にするピーチは、11日以降の欠航便が、MM001/MM002の仁川線のみになるぐらいにまで運航が回復していますし、ひとまずは、回復基調の関空。

それでも本格復旧には程遠く、アクセス手段的にも何が残るコトから、政府や関空会社としては、伊丹空港に1日あたり40便、神戸空港に1日30便の振り分けの検討に入っています。

また伊丹空港は22時までの運用延長なども要請しているとの情報も。

でも、やっぱりこれを機に、関西3空港問題を、根本的に考え直すべきじゃないかなぁ…とは思いますね(参照:関空8日~国際線再開・復旧スケジュールも!でも、このままで良いの?関西3空港問題)。
折角、3つの空港とも関西エアポート社に運営が集約されている訳ですし。

まぁ、その為に、競争原理は働かなくなっているとも言えますけれど。



それにしても…

JALのこの本数の臨時便対応はスゴイなぁ…と改めて。

このスピーディーさとボリューム。

やっぱり大手キャリアも捨てたモノじゃないんだなぁ…と、つくづく思いますね。

ANAも伊丹発着臨時便運航!

JALとANAと、今回の台風における臨時便の運航と言う形で言えば、結構、差が出たなぁ…と言うのが正直な所ではあります。
もちろん、機材繰りなどの関係もあるのでしょうし、伊丹の発着もANAの場合は多いので、わざわざ臨時便を動かさなくても対応出来ているのかも知れませんけれどもね。

そんなANAも11~13日に掛けて伊丹発着の国内線の臨時便の運航をスタートさせるコトが発表になっています。

路線便名出発時刻到着時刻運航日
那覇ANA1409伊丹07:55那覇10:0011~13日
ANA1415伊丹13:35那覇15:40
ANA1410那覇10:40伊丹12:40
ANA1416那覇16:25伊丹18:25
宮古ANA1513伊丹11:00宮古13:20
ANA1514宮古14:00宮古16:15

…って、那覇と宮古ですか。

那覇はともなく、どうして宮古…

ふと、理由もなくそう思ってしまいましたが。

「関空水没」にまつわる記事はコチラもチェック!






コメント