マイナポイント→JALマイルで、1番お得なのは、Suica?d払い?

Sponsored Link

直接、マイルへと流せるのは、大きなポイント!

昨日の記事では、

・「マイナポイント」事業の概要
・JALマイルに通じそうな「マイナポイント」

の2点を書いたのですが、今日からは個別編。

まず直接、JALのマイルに交換が可能なポイントが貯まるのは、「JRE POINT」(Suica)と「dポイント」(dカード・d払い)、「エポスカード」「東急カード」。

やっぱり直接、マイルに交換ができると言うのは、大きい訳ですが、今日の記事では、まず「JRE POINT」を貯められる「Suica」から見てみます。

独自キャンペーンも実施でお得度アップ!

まず大前提として「JRE POINT」をJALマイルに交換するには、「JALカードSuica」が必要になります。

まず「マイナポイント」として、最大5,000ポイントが得られる訳ですが、「Suica」は、この他に、もれなく1,000ポイントをプレゼントすると言う独自キャンペーンを開催しています。

5,000ポイント+1,000ポイントの合計6,000ポイント。

JALカードショッピングマイル・プレミアムに入会している場合は、1,500ポイントで1,000マイルなので、4,000マイルですね。
入会していない場合は、1,500ポイントで500マイルなので、2,000マイル。

「マイナポイント」からJALマイルに通じると言う形では、この「Suica」を選択するのが、現時点では最大かと思われます。

「Suica」だとチャージだけでOKと言うのも、有難いところですし、結局、交通系ICカードの残高と言うのは、スグに使わなくても、恐らくいつかは使うでしょうし。

JALマイルを貯めるなら、必須です!

ノーマルなJALカードも、入会キャンペーン実施中!
普通カードなら初年度年会費無料が、嬉しい!

d払いは、実質、無料で2,500マイル?

ただ「Suica」を選択して「JRE POINT」を貰って、JALマイルに繋げられるのは、あくまでも「JALカードSuica」を保有する必要があります。

既に他のJALカードを持っていたりすると、この為にわざわざクレジットカードを作るのも…と言う気はしますよね。

特に海外旅行先でも利用したいと言う方は、「JALカードSuica」ってJCBブランドしかラインナップにないので、利用勝手は今一つですし。

その点、NTT docomo陣営の「d払い」ならばクレジットカードは不要(「dカード」もマイナポイント事業の対象ですが)。

まず「d払い」の場合は、チャージもしくは買い物で最大5,000円分の「dポイント」(通常ポイント)が得られます。

またこの他に独自のキャンペーンとして、もれなく500円相当分の「dポイント」が得られるキャンペーンを開催中です。

但し、注意点としてはこの独自キャンペーンで得られる500ポイントは、期限・用途限定の「dポイント」なので、JALマイルへと移行出来るのは、5,000円相当分のみ。

2:1の交換比率なので、JALマイルにすると2,500マイル分と言うコトになります。

「d払い」の最大のポイントは、実はマイルに交換ができると言うのもありますが、出金が可能と言う点。

ウォレットの口座から、任意の銀行口座やセブン銀行ATMで出金ができちゃうんですよね。

「d払い」の場合、通常のマイナポイントの獲得は、チャージでもOKなので、理論的には、元手がゼロで2,500マイルを獲得できると言うコトになります。

これは…
かなり大きいですね。

ってか、NTT docomoとして、これで良いのか?と思ってしまいますが…

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください