【ラウンジ】成田でプライオリティパスが使えるラウンジ

Sponsored Link

成田空港でプライオリティパスが使えるラウンジ

日本の空港って、どうしてプライオリティパスとの相性が悪いのだろう。

羽田の国際線はまだカードラウンジがAnexの方はそこそこ敷地も広いし有料だけれどもシャワーもあるし、軽食がないだけで耐えられるんだけれども…

ゴールドカードでは入れるラウンジは確かにあるんだけれども、結構、しょぼいし、広さが無くて、匂いも“昭和”って感じのラウンジばかり。

さすがにJALが運営しているサクララウンジに入らせて!とは言わないけれども、もう少し、リラックス出来るラウンジがナイものなのか…

プライオリティパスについては、コチラから↓



さて、成田のラウンジはどうだろう…と。

今回の第2ターミナルには、プライオリティパスでは入れるラウンジが2つ。

T.E.I.LoungeとIASS Executive Lounge。

どちらもゴールドカードとかでも入れるラウンジ。
しかも、両方共に、制限区域外に位置しているラウンジ。

ってか、2つあるなら、片方は制限区域内に作れよって、言いたくもなる。

そして、その内の1つに(今回入ったのは、T.E.I Lounge)入ってみて、驚いた。

 

入口から少しだけ見えるラウンジ部分。

それはあくまでも“少しだけ見えている”に過ぎないとばかり思っていたのだけれども、それでほぼ全部だった。

 

つまり…

 

激狭っ!

 

こんなに狭いラウンジは、さすがに初めて。

 

ってか、仮にも日本の玄関口にあたる空港のラウンジ。

それがこのレベルで良いのか…とすら思えるぐらいの狭さとしょぼさ。

 

いや…

これはナイわ~!

 

そう言いたくなる感じがヒシヒシ。

確かに狭いから、キレイにされているし、飲み物も飲める。

でも、ラウンジ内はホントに狭くて、荷物なんて持って行けないぐらいだし、“ラウンジ”と言うよりも、“休憩所”的なイメージで捉えた方が良いのかも知れない。

ってか、寧ろ、このレベルなんだったら、プライオリティパスで入室出来ないようにして欲しいと言いたくなるぐらい。

世界の色々な場所でラウンジを使っている人が、“東京のラウンジ”として利用されるのであれば、ちょっと…と言いたくなるレベルだったモノ。

勿論、狭さはラウンジ側の責任でもナイ。
限りある建物の面積なのだから、仕方がナイと言えば、仕方がナイ。

寧ろ、その狭さの中では、頑張ってイスとテーブルを配置して座席数を確保しているんだとは思う。

そして、何よりも、制限区域外にあるラウンジなので、あくまでも短時間での利用を想定しているのも、分からなくはない。

 

だけれどもなぁ…なんて、つい思ってしまいました。

 

ってか、成田空港にも制限区域内にも、プライオリティパスが使えるラウンジがもっと欲しいモノですわ、ホントに。






おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

4 件のコメント

  • 同感です

    行きは羽田で、帰りは成田だったんですが、帰りのバスに乗る直前に10分ほど入ってみたんですが、あまりの狭さしょぼさに愕然としましたね笑

    世界のプライオリティパスラウンジの中で一番しょぼいかもしれません

    • フーリガンさん>
      ホント、プライオリティパスが使えるラウンジの中では、世界一、しょぼいですよね…
      入口から奥まで見えてしまうだなんて…

      全然、リラックス出来ないラウンジで、ちょっと残念でした…

      • tabi-kazuさん
        第1ターミナルでしたら、大韓航空のKALラウンジがチェックイン後のエリアにあり、広いし生ビール2種類セルフサーバーあるし、おにぎりやら軽食やドリンクのラインナップもまあまあで快適なんですが。
        TEIは話のネタにはなりました、、苦笑

        • フーリンガンさん>
          第1ターミナルならKALが何とか使えるんで、今回もターミナル移動しようかなぁ…と思ってしまったぐらいでした。
          第2ターミナルに使えるラウンジがあればなぁ…って、ホントに思いますが、
          TEIは話のネタレベルですよね…

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。