草津・共同浴場めぐり:「長寿乃湯」

Sponsored Link

観光と町の狭間にある共同浴場

草津温泉の町中にある「湯畑」から、滝の下側を下って行き、北群馬信用金庫の前を左折、坂を上りながら角に居酒屋のある細い路地を右折して進んだ所にある「共同浴場」。

この信用金庫を右折すると大滝の湯方面に向かうのですが、左折する人はほとんどいなくて、基本的には一気に地元の人エリアに切り替わります。ちょうどこの「共同浴場」から先が、住宅街と言うイメージで、観光客の来ない草津の入口に位置しているのが、「長寿乃湯」。

 

地元エリアに位置していますが、「湯畑」からも行きやすく、そこまで距離もないのが特徴でもあります。

近年、建て直されたのか、建物はとてもキレイなので、観光客からしても入りやすい「共同浴場」の1つだと思います。

清潔感が漂う「長寿の湯」

入口から建物を見ると、そこまで大きくはなさそうに感じますが、中に入ると、充分なスペース(もちろん、過度に広い訳じゃないですが)。

ココの特徴は、特に清潔感が漂っていると言う所。

元々、建て直された感があるのに加え、キレイに使っていると言うのが、伝わってくるので、「もらい湯」をさせて頂く側としても、気持ち良くなります。

まぁ、草津の「共同浴場」は、どこも地元の方々がしっかりと管理されているので、キレイなんですけれど、ココは建物の新しさも含めて、特にそう感じられる場所でした。

湯船は広からず狭からず。

浴槽の淵に使われている木枠は、古いモノを再利用しているのかな?と思えたけれど、それはそれで味があっていい感じです。

天井の梁とかにも、再利用と思われる木材が使われているので、新旧が織り交ざっている感じ。

屋根も建物を外から見た分以上に高く感じられるし、窓も比較的、広く取られているのも、良い感じで開放感がありますし、面積以上の広さを感じさせてくれる気がしますね。

窓が広めの「共同浴場」って、草津ではあまりナイので、ある意味、貴重かも。

ちょうど良い湯温

早速、湯に浸かってみます。

色は無色透明。

熱さは激熱でもなく、じんわり温かさが伝わってくると言うレベル。

45~46度ぐらいでした。

あまり熱すぎると、しっかりと身体を温まらせるコトが出来ない感じがあるので、このぐらいがちょうど良いなぁ…と個人的には思いますが、草津温泉の特徴である激熱のお湯を求めている人からすれば、やや物足りなさを感じてしまうのかも知れないですけれど。

サクッと身体を流すぐらいの人も、ちょっと長めにお湯に入りたい人にも、熱さ的にはちょうどいいんじゃないかな…と思える感じ。

全てにおいて利用しやすい

全てにおいて、“入りやすい”。

そう思える「共同浴場」と言えるのかも。

アクセスの良さと分かりやすさ・入りやすさ・キレイさ・温度…

どれを取ってみても“入りやすい”んです。
とてもシンプルなんですけれどもね、全て。

悪く言えば、癖がナイと言う話になっちゃうのかも知れないけれど、初めての「共同浴場」・「もらい湯」には、おススメの場所と言えるのかも。

利用しやすい。

でも、それでいて、比較的、観光客の利用も少なさそうで、何度か「長寿乃湯」の前を通ったのですが、出て来る人・入る人は、地元の方と思われる人ばかりでしたし。

まぁ、「湯畑」から比較的近いと言っても、観光客がフラッと通ったついでに「共同浴場」に入ると言う場所でもないですしね。

 

★★★「共同浴場」利用時の注意★★★

草津温泉には、現在、19カ所の「共同浴場」があります。

過去には観光客も利用が出来ましたが、「大声を出す」「備品を持って帰る」などの入浴マナーの悪さが目立ち、観光協会の公式WEBサイトに記載があるのは、「白旗の湯」「千代の湯」「地蔵の湯」の3ヶ所のみになってしまいました。

「共同浴場」自体、町で管理しているのではなく、地元の方々が管理しているモノなのですが、元々、草津温泉には、「もらい湯」と言う文化があり、マナーを守って「もらい湯」の精神を持って、地元の方々への最大限の配慮を忘れずに利用すれば、入浴自体は可能と言えるかと。

マナーとしては、以下の通りかと。

・浴場内での清掃/整理/整頓を心掛ける
・浴場内での飲酒/飲食などはしない
・自分のゴミは持ち帰る
・大声で話すなどは止める
・タオルは持参し、浴槽にはつけない

など、当たり前のコトに加えて、

・他に入浴客がいたら、挨拶をする
・湯の温度を下げたい時は、他の入浴客の許可を得て、次の方の為に下げ過ぎない/水を出しっぱなしにしない
・浴室から出る際は、脱衣所を濡らさないように体を軽く拭く
・開館時間は守る
・ほとんどの場所で駐車場がないので、車での利用は避ける

などは守って、地元の方に迷惑が掛からないように利用するように、心掛けましょう。

「長寿の湯」

住所:群馬県吾妻郡草津町草津566-5
営業時間:09:30~22:00
アクセス:湯畑下部から滝下通りを進み、北群馬信用金庫を左折。
すぐ坂の途中にある居酒屋「源氏」の小道を右折し、道なり(やや左)に進むと、左側に見えて来る。
「源氏」の前からは細い上り坂になり、車の通行不可の道になります。
周辺は完全に住宅街になります。

おススメ記事(一部、CM)



にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください