旅に出る訳じゃないけれど、空港に行ってみた。

Sponsored Link

空港と言うのは、旅立つ場所。
空港と言うのは、旅から帰ってくる場所。

でも、たまにフラッと立ち寄るのも悪くはないモノです。

特に旅に出る訳でもないのに、空港に行って来ました。

最後の旅から帰って来て、何気に半年以上が過ぎたタイミングで。

羽田空港へ、プチドライブ

久しぶりに前職の同僚と会って来ました。

そこまで大きな会社でもなかったけれど、幾つかの部署に分かれていた会社。
特に同じ部署だった訳でもナイのですが、退職後もしばし連絡を取って頂いていて、今回は、プチドライブと言うコトで、羽田空港へ。

羽田空港は、最近は、自分の中ではメイン空港。

埼玉県西部に住んでいると言うコトもあって、成田よりも羽田ユーザー(と言っても、そんなに空港までの所要時間は変わらないんですけれどもね)。

だけれども、車で羽田に行くのって、よく考えなくても初めての体験。
しかも、別にこれから搭乗する訳でもないのに、空港に遊びに行くと言うのも、滅多にない話で、不思議な感じでのドライブに。

でも、何でしょうね。

このちょっとしたワクワク感。

ふわっとしたワクワク感。

飛行機に乗って何処かに行く訳でもないのに、“空港に行く”と言うだけでワクワクしてしまう自分がいます。

都心から車を走らせ、スグに空港系の施設が見えてきました。

やっぱり羽田って近い。

京急やモノレールで言っても近いと思うけれど、車で行ってもそう思える距離ですね。

そして、JALやANAの施設が見えて来たなぁ…と思ったら、もう国際線ターミナルに到着でした。

もうちょっと楽しみたかったかな、ドライブ…と、つい思っちゃったのは、自分が運転する訳じゃないからなんでしょうね。

よく利用する国際線ターミナルですら、新鮮!

車を駐車場において、いざターミナルへ。

案外、駐車場には車が止まっていましたが、皆さん、何処に行っているんでしょうね…と思ったのですが、駐車場内ですれ違う人を見ると、軽装の人ばかり。

みんな、お見送りか、“単に空港に来た人”が多いのかな…?

まぁ、ボクも“単に空港に来た人”の内の1人なんですけれどもね。

さて、国際線ターミナル。

駐車場からもスグと言う立地なのですが、いつもなら出発階に付くのに、駐車場からだと到着階に出て来るのが不思議だったり、そもそも羽田から海外は良く利用しているのに、いつも深夜便しか利用していないので、明るい時間に羽田にいると言うコト自体が、何か不思議だったり。

深夜便利用だと、台北とかは松山空港ではなく桃園空港だし、ソウルも金浦ではなく仁川だし、バンクーバー行きなんて見ないし…と、いつもとは違う文字が電光掲示板に乗っているだけで、ちょっと新鮮です。

ちょうど羽田の国際線ターミナルで、「もっと!海外へ2018~羽田から世界へ~」と題したアウトバウンドのイベントが開催されていたので、フラッと。

世界23の国や地域と、航空会社などのPRブースが、ターミナル内の至る所に展開されていました。

ってか、4階のTIAT SKY HALL・広小路、5階のEDO HALL・お祭り広場と、色々と分散されまくりでしたが、お陰で、何度も利用しているのに、こんなに羽田のターミナルをじっくりと見るコトもなかったので、いい機会でした。

ってか、そもそもこんなにお店があったのね…と言う状態。

いや、お店があるのは知っていますよ。

でも、22時過ぎにしか行かないから、いつも閉まっているし、ベンチは寝ている人ばかり…と言うイメージしかないんですよね、ボクの中で(笑)。

コンビニもあるし、食事処もあるし、シャワーもあるし、Wi-Fiもあるし、電源もあるし、夜は横にもなれるし…

下手しなくても、住めますね、羽田(笑)。

日本橋も渡ったの、初めてでしたし、こうしてゆっくりと上からターミナルを見たりするのも、なかなか搭乗を控えていると出来ないモノ。

そもそも搭乗を控えていると、ひとまずチェックインすると、スグに制限区域内へと向かっちゃいますからね。
そう言う意味でも、“特に用事もなく、単にドライブで空港に行く”と言うのは、良い機会なのかも。

深夜便利用ばかりなので、国際線ターミナルの展望デッキに来たのも初めての様な気がしますし、そもそもJAL派なので、こうして展望デッキからANAの機材を見るのですら、新鮮に思えます。

ただ個人的には、もう少しJALとANA以外の航空会社の飛行機が見たかった感じですけれどもね。

もうちょっとフライト状況を確認してから、時間を選んでくるべきだったかも。

とりあえず一通り、グルっとイベント会場を眺めてみましたが…

このイベント、羽田でやる意味がどれだけあるんだろう…とも。

どうせ空港で開くのであれば、もっと航空会社を巻き込む様な、“羽田にしか出来ない”アウトバウンドイベントにして欲しいなぁ…とは思っちゃいます。

ちょうど訪れた時のステージにピーターラビットが出ていたのですが、“何でピーターラビット”が舞台に出ていたのかすら分からなかったぐらいで(映画が公開されると言うのを後々、知りました)、ちょっとストーリーがナイなぁ…と。



やっぱり空港は楽しい

でも…

やっぱり空港って楽しいですね。

非日常感が、ココに来るだけで、じんわりと漂っている感じ。

頻繁に利用している時や、長い期間の旅の最中だと、そんなコト、全然思わないんですけれど、最後の旅から半年以上が過ぎていると言うタイミングが良かったのかも。

またフラッと遊びに来たい感じがふつふつと。

そして、旅ココロもふつふつと湧き出てしまいました。

ホント、このまま飛行機に乗って、何処かに飛んで行ってしまいたい…

何度、そう思ったコトか。

「羽田空港」関連はコチラもチェック!






 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

昔から旅好き。 しかも、まったりとした旅が好き。 日本だろうが、欧州だろうが、アジアだろうが、アフリカだろうが、南米だろうが、世界でまったり。