七尾線、羽咋まで運転再開!七尾までの復旧は22日以降を見据える

高松~羽咋間が運転再開!

元旦の震災以後、一部区間で不通が続いているJR西日本の七尾線。
現時点での運転区間は、津幡~高松間ですが、2024年1月15日から高松~羽咋間が運転再開になるコトが発表になっています。

羽咋まで再開後は、金沢~羽咋(一部列車は羽咋どまり)で列車本数を減らしての運行となる見込み。
また被害が大きかった敷浪~羽咋間は速度を落としての運転になるとのコトで、運転時刻が変更になっているコトもあり、一部列車では津幡・金沢駅での別の列車への乗り換えが間に合わず、後続列車への乗り継ぎになる可能性があるとのコトですが、まずは羽咋まで七尾線が到達しそう。

羽咋まで到達しても、引き続き、普通列車のみでの運行。

・特急「能登かがり火」|4往復
・特急「花嫁のれん」|2往復
・特急「サンダーバード」|17・20号

以上の列車は、金沢~和倉温泉間での運休が続く状態。

現時点で羽咋~七尾間の復旧見通しは、2024年1月22日以降。
特急列車については、一部列車について、金沢~七尾間での運転再開を目指しているとのコト。

 

能登半島はまだ交通網に影響が残る

七尾線が羽咋まで到達と言う感じになりますが、まだまだ能登半島で見れば交通網への影響が残っている状態。
現時点で、残っている主な影響を挙げてみると、以下の通り。

鉄道

・JR七尾線|羽咋~七尾…1月22日以降の運転再開見込み
・JR七尾線|七尾~和倉温泉…運転再開めど立たず

・のと鉄道|全線…運転再開めど立たず

航空

・能登空港|全便欠航…旅客便の運航再開は1月25日以降の見通し

道路

・のと里山街道|徳田大津IC~穴水IC…通行止め
・のと里山街道|県立看護大IC~徳田大津IC下り線…緊急車両以外通行止め
・能越自動車道|のと三井IC~穴水IC…通行止め
・県道3号線(田鶴浜堀松線)|大津交差点~徳田大津IC下り線…緊急車両以外通行止め

のと鉄道はバス代替の検討開始

七尾線の敷浪~羽咋間は、線路のゆがみ・架線柱の傾斜・道床流出などの被害が出ているコトが発表されていますが、かなり迅速な復旧ですね。

残る羽咋~七尾間も、道床流出・線路のゆがみ・ホームの亀裂・橋梁のズレ・笠石せりだしと言った被害が発表になっていますが、あと少しで運転再開になりそう。

和倉温泉までのJR西日本の区間は、残りが見えてきた状態。

問題になりそうなのは、その先の「のと鉄道」の区間。

現時点で発表になっているのは、運行は当面休止。
定期券・観光列車などの払い戻しは、体制が整い次第、開始予定。
窓口については、七尾駅は当面不在、田鶴浜・能登中島・穴水も当面休止と言うコトが発表になっています。

鉄道建設・運輸施設整備支援機構の鉄道災害調査隊が調査に入った結果、

・穴水駅構内…レール破断ならびにホームに亀裂
・線路内土砂流入
・トンネル内土砂流入
・レール波打ち

が確認されている模様で、ひとまずバスでの代替輸送の検討に入ったとの報道が出ています。

そして七尾~能登中島間での一部運転再開をまずは見据えるとも。

昨今、ローカル線の大敵は人口減少に伴う利用減少もそうですが、何よりも自然災害による不通なので、今後の動向は予断を許さないと言う感じなのかも…

Sponsored Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください