成田空港、お好み焼き店舗が新たにプライオティパスで利用可能!

成田もぼてぢゅうグループで利用可能に!

世界各地の空港で、ラウンジに入れたり、レストランで食事が受けられる「プライオリティパス」。

ボクもかなり愛用しているプログラムで、これを活用すると長時間の空港の乗り換えも全く、苦にならないと言うモノ。

プライオリティパスについては、この辺りの記事を参照してください。

プライオリティパスって?

その「プライオリティパス」で、2023年9月13日から成田空港で利用できる店舗がまた新たに増えました〜♪

今回、新たに利用可能になったのは、成田空港第2ターミナルにある「鉄板焼 道頓堀 くり田 成田国際空港店」。

既に関空内の店舗では「プライオリティパス」が利用が可能な「ぼてぢゅう」のグループ。

ひとまず詳細は、こんな感じ。

プライオリティパス|成田・くり田(ぼてぢゅう)
  • 場所…第2ターミナル制限エリア内2F「JAPAN FOOD HALL」内
  • 営業時間…07:00〜22:00
  • 利用条件…国際線出発便の搭乗券とプライオリティパスを提示
  • 利用可能メニュー…
    ・大阪道頓堀セット
    ・鉄板焼ステーキセット

関空の「ぼてぢゅう」とは異なり、注文できるのは、3,400円相当のセット2種類のみ。

具体的にはこんな感じのメニューになっています。

  • 大阪道頓堀セット
    ・元祖モダン焼き(豚&エビ)
    ・大阪たこ焼き
    ・塩バターどら焼き
    ・ドリンク(アルコール可)
  • 鉄板焼ステーキセット
    ・牛ランプステーキ
    ・ご飯
    ・みそ汁

鉄板焼のセットには、飲み物が付いていないので注意ですね。
逆に大阪道頓堀セットは、かなり満腹メニューなのでは?と言う感じも。
飲み物もアルコール(生ビール・角ハイボール)が頼めると言うのも嬉しい限りですね。

 

成田7箇所目になる利用可能施設!

「プライオリティパス」って、海外の空港でしかほぼ使えないと言うシロモノでしたが、このところ、日本国内でも拡充傾向にあるのは、めちゃめちゃ嬉しい限り。

成田空港で、現時点で利用可能なのも、

  • 第1ターミナル
    ・KAL Business Class Lounge
    ・I.A.S.S Superior Lounge NOA
    ・I.A.S.S Executive Lounge 1
  • 第2ターミナル
    ・I.A.S.S Superior Lounge KoCoo
    ・I.A.S.S Executive Lounge 2
    ・9hours

と今回、対応になった「くり田」の7箇所にまで増えて来ました。
コロナ禍以前は、ほぼ使える場所がなかったコトを考えると、大きな進歩ですかね。

ただ設備的な部分や、そもそも成田空港の利用者数を考えると、まだまだ拡大しないと…と言う感じも。
特に成田の場合は、発着する便の時間帯が、結構、被るので混雑する時間帯がありますしね。

混雑が、容易に想像できるけれど…

因みに…ですが、お店としては、2階にあるのも注意点でしょうか。

出国審査を終えて制限区域内に入ったら、中央部にある「マツモトキヨシ」の近くから1つ下のフロアに下がる感じです。
本館の中央部に位置しているので、そこまで各ゲートまで距離がある訳でもないけれど、階層が異なるので近いゲートもナイって感じです。
またやっぱりサテライトの端のゲートまでは、それなりに距離もあるかなぁ…と言う印象。

そして最大の注意点は、増えたと言っても飲食が可能な「プライオリティパス」対応の店舗は、まだまだ成田では少ないので、混雑する可能性が大ですね。

で、混雑して行列ができていた時に、他に行き場がない…と言うコトでしょうかね。

Sponsored Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください