JR九州、3年連続でオトクな“みんなの九州きっぷ”発売へ!

Train
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
たびかず
たびかず

ども。
たびかず(@tabikazu40)です。
長旅に出たり、フラッと旅したり、そんな旅ヲタなアラフォーです。

西九州新幹線も乗車可能に!

JR九州って時々、破壊力抜群のお得なきっぷや企画を行いますが、その中でもJR九州の路線が乗り放題になる「みんなの九州きっぷ」は、お得感の高い企画きっぷ。

コロナ感染拡大に対する需要喚起策として、2020年夏に新登場し、人気を博したコトから利用期間が延長になって販売。
2021年も2020年よりもやや金額は値上げされましたが、販売されたきっぷ。

その「みんなの九州きっぷ」が、2022年も販売されるコトが明らかになりました。
今年は、2022年10月19日から販売開始(利用は10月19日〜)。

ひとまず詳細を見てみると、こんな感じになっています。

  • 販売期間|2022年10月19日〜12月21日
    *販売は利用開始の1ヶ月前〜3日前まで
  • 利用期間|2022年10月22日〜12月25日までの連続する土休日
    *ハロー!自由時間クラブ会員は、平日も利用可能
  • 発売場所|JR九州インターネット列車予約
  • 発売価格|
    ・全九州版…大人18,000円・こども2,000円
    ・北部九州版…大人9,500円・こども1,000円
    *ハロー!自由時間クラブ会員版はこども設定なし
  • 対象路線|
    ・全九州版…JR九州全線(新幹線を含む)+山陽本線(下関〜小倉)
    ・北部九州版…九州新幹線(博多〜熊本)・西九州新幹線全線と豊肥本線・鹿児島本線(熊本〜宇土)・三角線を含む九州北部エリア
  • 対象列車|
    ・普通車自由席…新幹線を含む全列車に乗り放題
    ・普通車指定席…九州新幹線・西九州新幹線を含む特急列車の普通車指定席は、6回利用可能

新幹線を含め、2日間限定ですが、指定席を6回利用できる。
1日に換算すると3回は乗車できるので、まぁ、充分な回数と言えそうですね。

さらに自由席ならば、新幹線を含め乗り放題と言う太っ腹なきっぷ。

土休日のみの企画きっぷではありますが、“ハロー!自由時間クラブ”の会員版ならば平日も利用可能。
この“ハロー!自由時間クラブ”は、女性なら50歳以上、男性なら60歳以上の方なら誰でも入れるモノなので、対象の年齢以上の方ならば、これを機に入会されるのもアリかとは思います。

スポンサーリンク

料金は今年も値上げ!でもまだお得!

初めて登場した2020年は全九州版が10,000円と言う破格な安さでしたが、2021年版は15,000円に。
そして今年の2022年版は、全九州版で18,000円。

去年よりもジワリと値段を上げてきましたね。

まぁ、初年度がお得すぎたとも言えます。
また今年は、先日開業した西九州新幹線にも乗車が可能と言うのも、値上げした理由にはなりそうですね。

さすがに“超”お得感は、薄れましたね。

ただ全九州版で1日あたり9,000円。
博多から鹿児島中央まで九州新幹線の自由席を使うと、片道10,110円なので、片道だけで充分、元が取れてしまいます(指定席でもeきっぷや九州ネットきっぷなら同額)。

それを考えると値上げされたと言っても、やっぱりお得と言えそうです。

今年は西九州新幹線でも利用可能と言うコトで、博多〜長崎で見てみると、リレーかもめ+かもめで片道5,520円。

九州新幹線よりも距離がナイので、お得感は薄いですね。

あと1日当たり4,400円(オプション費用別・免責補償料込み)のレンタカー割引プランが台数限定で用意されています。

注意点としては、やはり利用開始の3日前までに購入が必須と言う点とネット販売商品だと言うコトぐらいでしょうか。

また日田彦山線(添田〜日田間)・肥薩線(八代〜吉松間)・日南線(南郷〜志布志間)が災害に伴って不通になっているのも注意したいところ。
特に肥薩線は、代行輸送が八代〜葉木・一勝地〜人吉間でのタクシー輸送に限られていて、全区間での代行は行っていないので、特に注意ですね。

今年も、色々と考えなくても単純にお得感のあるきっぷと言えますが、使いこなすとホントにスゴイきっぷと言えそうですね。

史上最大1056ページ!地球の歩き方|日本
created by Rinker

今後も継続販売になるか?

3年連続の発売。

元々は、コロナ禍での需要喚起と言う意味合いが強い企画きっぷでしたが、今年も継続となると、これは当面、継続して販売…と言うコトになるのかな?

九州は、特急網がまだまだ健在だし、新幹線もある。
なので、こうしたお得な企画きっぷはフル活用して楽しみたいところですね。

まぁ…
ネックになるのは、2日間有効と言うところでしょうか。

全九州版だと周遊するには足りないし、2箇所を巡るにしてもやや不十分にも思えるので、3日間券とかができれば嬉しい感じ。
北部九州版ならば、2日間でも良いのかも知れないけれど。

コメント