JAL、シアトル就航!アラスカ航空との提携も拡大!

Sponsored Link

やっぱりJALシアトル就航!

JALが、2019年3月31日から成田~シアトル線の開設を発表しました。

初就航かと思っていたら、実は27年ぶりの運航再開だそうです。
ってコトは、平成になってからも数年は飛ばしていたんですね…

現在、JALの北米本土路線は、

・成田~シカゴ
・成田~ダラス
・成田~ボストン
・成田~ニューヨーク
・羽田~ニューヨーク
・成田~ロサンゼルス
・関空~ロサンゼルス
・成田~サンディエゴ
・羽田~サンフランシスコ
・成田~バンクーバー(カナダ)

と、8都市10路線を運航していますが、今回のシアトル線で北米西海岸路線は5都市6路線目と言うコトになります。

日米間の需要で見ると、上位20都市で全体の84%を占めていると言うが、その中でもシアトルは、ロサンゼルス・ニューヨーク・サンフランシスコ・ラスベガスに次いで5番目の需要の大きさを誇るとのコト。

運航スケジュールは、以下の通り。

JL068 成田18:00→シアトル11:00
JL067 シアトル14:20→成田16:30(翌日着)

毎日運航で、機材は、JAL SKY SUITE仕様のボーイング787-8型機で、アメリカン航空との共同事業に含まれる路線になります。



アラスカ航空とのコードシェアは大きく拡大!

また今回のシアトル線の開設と共に、アラスカ航空とのコードシェア路線も拡大するコトが同時に発表されました。

まぁ、シアトルはアラスカ航空の本拠地ですからね。

現在は、サンディエゴやサンフランシスコ発着路線を中心にコードシェアを行っていて、その都市数は18都市に上っていますが、今回のコードシェアの拡大で新たに38都市が追加になり、合計56都市になるとのコト(内、20都市はJALにとって初就航地になる見込み)。

今回の新規の就航は、事前にアメリカ西海岸へ就航する旨が発表されていたので、“やっぱりシアトルだよね”感が強い気がして、特に驚きはないのですが、アラスカ航空とのコードシェアがこんなに拡大するとは思わなかったなぁ…と。

西海岸がメインのコードシェアにはなっていますが、これで西海岸のほとんどの街には行けるんじゃない…?と思うぐらい。

アジア線との接続も良好

スケジュール的にも、シアトルに昼前到着。

現地発が昼過ぎと、無理のないスケジュールで乗り継ぎが出来そうなのは、嬉しい所。

恐らくは、成田から上海・台北・香港・バンコクと言った夕方成田発のアジア路線への接続が取られているんだと思いますが、シアトルは、IT関係の企業が集約されている都市なので、随所からの利用が望めそうな気がしますね。

成田~シアトル線は、既にANAとデルタ航空が就航しているので、これで3社目と言うコトになりますし、加盟アライアンスもスターアライアンス・スカイチームにワンワールドが加わる形で、ちょうど3大陣営全てが出揃う感じになりますが、ANAは提携先のユナイテッド航空がシアトル発着では弱く、あまり飛ばしていないので、この先、どれだけJALに流れるのかな…と言う所でしょうか。

シアトルと言えば、野球、IT、コーヒー…と、日本人からしても、思い浮かべる単語が異なる街。
色々な利用が出来そうな気はしますね。

それにしても…
JALってアメリカでは、アメリカン航空・アラスカ航空・ハワイアン航空とマイルの提携があるのに加え、ジェットブルーの一部の便でもコードシェアを行っていたりするので、実は“アメリカで1番マイルが貯めやすいマイレージプログラム”じゃないのか?と思ったり。

その一部でもアジアに振り分けて欲しい…とすら思ったけれど、JALの北米重視は今に始まった話じゃないからなぁ…

「日本発着航空路線、新規就航ニュース」にまつわる記事はコチラもチェック!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください