JAL/ANA共に、有効期限を迎えるマイルなどの特別対応実施中!

Miles
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
たびかず
たびかず

ども。
たびかず(@tabikazu40)です。
長旅に出たり、フラッと旅したり、そんな旅ヲタなアラフォーです。

コロナ禍で国内・国際線共に運休が相次ぎ、また外出自粛要請も出ていたコトもあり、日系航空会社のマイルなどは、有効期限の延長と言う特別対応取られていましたが、またしても延長を打ち出してくれているので、取り上げて行こうかと。

ANAは、マイルをマイルで再付与!

まずANA。
2023年2月28日までに有効期限を迎えるマイルならびにANA SKYコインについては、2023年3月31日までの延長が発表になっています。

対象マイル・SKYコイン|
2023年2月28日までに有効期限を迎えるモノ
延長後の有効期限|2023年3月31日まで
参加登録|必要
 *既に過去に1度でも登録していれば、不要
注意点|
・マイルは、マイル口座グループ1(通常マイル)のみが対象
・マイルから交換済みの特典航空券・利用券・クーポンなどを悪天候などによる不可抗力もしくは利用者側の都合により払戻した場合で、払戻手続き時点で当初のマイルの有効期限が切れてしまうモノは対象外
・ANA SKYコインを利用して購入した航空券・旅行商品を悪天候などによる不可抗力もしくは利用者側の都合により払戻した場合で、払戻手続き時点で当初のSKYコインの有効期限が切れてしまうモノは失効扱い

有効期限を迎える前に、参加登録をした場合、当初の有効期限で1度、失効はするモノの、有効期限の翌月中旬に2023年3月31日を有効期限とした同数のマイル・ANA SKYコインを積算/付与。

有効期限を迎えた後に、参加登録をした場合は、2023年2月28日までに参加登録をすれば、参加登録をした翌月中旬に2023年3月31日を有効期限とした同数のマイル・ANA SKYコインを付与/積算。

まぁ…

ひとまず、登録しておけば、2023年3月31日までは延長されるので、黙ってしておきましょうね。
2022年4月1日以降に失効しているモノがあれば、復活するって話ですから。

スポンサーリンク

JALは、マイルをe JALポイントで付与!

一方のJAL。
同じく2023年2月28日までに有効期限を迎えるマイルならびにe JALポイントについては、2023年3月31日まで期限のe JALポイントへの積算が発表になっています。

対象マイル・e JALポイント|
2023年2月28日までに有効期限を迎えるモノ
特別対応後の有効期限|
2023年3月31日まで有効のe JALポイント
参加登録|必要
*既に、過去に1度でも登録していれば、不要
注意点|
・対象のマイルは、1マイル=1.5e JALポイントとして換算し、e JALポイントでの積算(小数点以下切り上げ)
・対象のe JALポイントは、同数のe JALポイントを改めて積算

有効期限を迎える前に、参加登録をした場合、当初の有効期限で1度、失効はするモノの、有効期限の翌月下旬までに2023年3月31日を有効期限としたe JALポイントを積算/付与。

有効期限を迎えた後に、参加登録をした場合は、2023年2月28日までに参加登録をすれば、参加登録をした翌月下旬までに2023年3月31日を有効期限としたe JALポイントを付与/積算。

e JALポイントの付与が2023年3月の場合は、中旬までに積算するとのコト。

JALは有効期限を迎えたマイルは、マイルで付与されるのではなく、1.5倍換算のe JALポイントとして付与されると言うのが、ANAと異なる部分なので、注意したいところですが、使わないマイルはe JALポイントでも有効期限を延ばしておかないと無意味ですからね、まだ事前登録を済ませていない場合は、サクッとやっておきましょう!

これが最後の特別対応か?

個人的な感想としては…

さすがにもうこれが最後だろうなぁ…と言う感じ。

と言うか、まだやっていたのか…と言う気すらするけれど。

国際線もボチボチとですが復活して来ていますし、コロナ禍での水際対策もようやく2022年9月7日に解除。

さすがにJAL/ANA共にこれ以上の延長をする意味がないですからね。

JALの場合は、有効期限を迎えたマイルもe JALポイントでの積算でしたから、国内線などで消費されている可能性が高いそうな気はしますが、ANAの場合は、マイルでの積算ですから、これからはマイルを使わせて行かないと…と言う感じもありますしね。

そろそろ…
マイルの使い道、本気出して考えないとなぁ…と言う感じですね。

コメント