6,000JRE POINTで往復新幹線に!どこかにビューーン!

Miles
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
たびかず
たびかず

ども。
たびかず(@tabikazu40)です。
長旅に出たり、フラッと旅したり、そんな旅ヲタなアラフォーです。

6,000ポイントでどこかにビューーン!

JR東日本が、2022年12月から新たにJRE POINTを使うサービスとして、「どこかにビューーン!」を開始するコトが発表になりました。

公式発表|
「どこかにビューーン!」で新幹線の新しい旅行が始まります

「どこかにビューーン!」。

どう言うサービスかと言うと、こんな内容。

  • JRE POINTを使う新サービス
  • 対象は、JRE POINTとの連携手続きを完了しているえきねっと会員
  • 必要ポイント数は往復6,000ポイント
  • JR東日本がおススメする4つの新幹線が停車する行先候補駅の中から、どこか1つの駅にランダムで旅行できるサービス
  • 申込は出発日の21~6日まで受付
  • 行先の確定は申し込みから3日以内
  • 出発駅は、東京・上野・大宮各駅
  • 利用できるのは普通車指定席

ひとまず発表になっているのは、こんな感じ。

ランダムの行先候補駅は、概ね東京駅から150km以上の新幹線の駅となっていますが、具体的に見ると、

  1. 東北新幹線|那須塩原~新青森間の各駅
  2. 秋田新幹線|盛岡~秋田間の各駅
  3. 山形新幹線|福島~新庄間の各駅
  4. 上越新幹線|上毛高原~新潟・ガーラ湯沢間の各駅
  5. 北陸新幹線|安中榛名~上越妙高間の各駅

と言うコトになります。

この中から4つの候補駅が提示されると言う形ですね。

魅力的なのは、やはりその必要ポイント数の少なさ。

通常、東京~秋田間を往復するとすると24,220ポイントが必要ですが、それが6,000ポイントで済む訳ですから、かなり破格です。

JRE POINTは時々、キャンペーンを行なったりもしていますが、ここまで破格なのは、やっぱり見当たらないですね。

納得がいくまで4つの候補は繰り返し検索が掛けられるようなので、もうJRE POINTの使い道は、コレで決まりでは…?と言うレベルでしょうか。

スポンサーリンク

デメリットは首都圏発と言うコトぐらい?

デメリットとしては、まずは発駅が3つに限定されていると言うコト。
なので、やはり首都圏在住の方がメインになるサービスとも言えますね。

あとは必要ポイント数は一律なので、首都圏から、比較的、近場に行こう…とした場合は、お得感は薄れますね(それでもお得ですけれど)。

でも、それぐらいでしょうかね、デメリットみたいなモノは。

欲を言えば、グランクラスも追加料金とかで乗れるとイイのですけれどね。

それにしても…

JALの「どこかにマイル」と似ていますね。

JALの「どこかにマイル」も同様にランダムに出された候補地の中から旅先を考えるスタイルで、その分、必要マイル数がかなりお得になっていると言うサービス。

人気があり、当初は首都圏発着のみでしたが、関西発着が加わり、離島路線が加わり、福岡発着が加わり…と、どんどん拡大。

でも、このサービスって野村総合研究所の開発したサービスにJALが乗っかったと言う形だったハズで、同じスタイルでOKなのかな?と思ったら、「どこかにビューーン!」も、野村総合研究所およびNRIデジタルが保有する特許・運営ノウハウを基に提供するとのコト。

そりゃ…
一緒になる訳ですね。

地球の歩き方 JOJO ジョジョの奇妙な冒険
created by Rinker

マイナポイントからの利用もアリか…

正直、個人的にはJR東日本沿線に住んでいる訳じゃないので、そこまで過度なJRE POINTは保有していないのですが、それでも多少のポイントは持っていたりする。

で、使い道をどうしよう…と思っていたりしていたので、これはアリだな…と。

先日、マイナポイント第2弾の記事を書きましたが、その中でJRE POINTも少しだけ触れました。

で、「どこかにビューーン!」を使うのを前提にマイナポイント第2弾を、Suicaにするのもアリかも…ですね。

15,000円相当分のポイントなので、少なくとも2往復はできるコトになりますし。

そう考えると、かなりお得感がありますからね。

ってか、もうSuicaにJRE POINTを流している場合じゃないって感じも。

コメント