プライオリティパス、セントレアのレストラン2軒で利用可能に!

Airport
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
たびかず
たびかず

ども。
たびかず(@tabikazu40)です。
長旅に出たり、フラッと旅したり、そんな旅ヲタなアラフォーです。

そう言えば、我が家にある「プライオリティパス」って、どこに置いてあったっけ…?
もうずっと死蔵している感じなので、それすら忘れてしまっていますけれど、そろそろ有効期限が切れるだろうから、探しておかないとなぁ…なんて思いつつ。

プライオリティパス、セントレアで利用可能施設追加!

提携している世界の空港ラウンジを利用できる「プライオリティパス」。

コロナ禍で全く利用できていないモノの1つ。

と言うのも、海外だとまだ利用できるスポットがあるのですが、日本国内で利用できるラウンジがホントに少ないんですよね。

羽田と成田のANAラウンジも利用できるようになったのは、大きなニュースですけれど。

で、新しく日本国内で「プライオリティパス」が利用できる場所ができています。

今回、提携先に加わったのは、レストラン。

空港内の提携レストランの飲食代が、約3,400円分無料になると言うモノで、国内だと関空の「ぼてぢゅう」がこの仕組みで利用が可能なのですが、それに続くお店。

「ぼてぢゅう」を利用した時の記事は、こんな感じ。

しかも一気に2軒が追加に。

今回、利用可能になったのは、いずれも中部国際空港(セントレア)にあるレストラン。

・海膳空膳
・Ethan Stowell Pizza & Pasta

順に見てみるコトにします。

まず「海膳空膳」。

和食のお店です。

利用可能時間|毎日始発便~最終便
場所|第1ターミナル国際線出発エリア(制限区域内)3階19ゲート近く
利用条件|
・フライト出発前3時間以内に限り有効
・メイン/サイド各1品+アルコールを含むドリンク60分飲み放題の3,400円相当セットメニュー
・搭乗券必要
・7歳未満の子供の入室は無料
・同行者はプログラムの利用条件を要確認

場所的には、こんなところ。

出国審査を抜けたら、すぐ左側と言う感じですね。

で、メインをうどん・ラーメン・どんぶりから1品。サイドを枝豆・ポテト・から揚げ・焼き鳥・味噌串カツから1品選ぶと言う感じ。

一方の「Ethan Stowell Pizza & Pasta」。

名前の示す通りイタリアンレストラン。

“シアトルを代表するシェフ”のイーサン・ストゥウェル氏が手掛けているお店。

利用可能時間|毎日10:00~17:30(ラストオーダー)
場所|FLIGHT OF DREAMS 2階フードコート内(制限区域外)
利用条件|
・フライト出発24時間以内もしくは到着当日に限り有効
・ピザまたはパスタ+本日のサラダ+アルコールを含むドリンク(コーヒー・紅茶以外)90分飲み放題の3,400円相当のセットメニュー
・搭乗券必要
・7歳未満の子供の入室は無料
・同行者はプログラムの利用条件を要確認

場所は駅のあるアクセスプラザと第2ターミナルの間にある「FLIGHT OF DREAMS」の2階フードコート。

と言うコトで、制限区域外なので、利用しやすい感じはありますね。
なので、出発時だけでなく、到着の際も利用可能と言うのは、嬉しいところ。
さらに飲み放題も90分OKと、「海膳空膳」より30分長いですので、ゆっくりと楽しめると言う感じがしますね。

 

Plaza Plemiumラウンジへの対抗策?

セントレアで、「プライオリティパス」が利用できるのは、他に「Centrair Global Lounge」「KAL Lounge」の2つ。

どちらも国際線の制限区域内にあるラウンジなので、制限区域外で利用できる施設ができたと言うのは、大きなポイントと言えそうです。

「プライオリティパス」と言えば、世界最大のラウンジ運営会社の「Plaza Premiumラウンジ」が利用できるコトで知られていましたが、2021年に離脱(『世界最大規模のPlaza Premium系でプライオリティパスが使用不可に?』)。

その「Plaza Premiumラウンジ」が2022年にセントレアに進出するコトが明らかになっているので、その対抗策と言う感じなのかな?とも。

セントレアはカードラウンジも国内にあるラウンジの中では、質が高めだと思うのですが、こうして他のサービスが拡充されるのは、歓迎したい所ですね。

国内線利用時でも、時間がない時とかはカードラウンジ。
時間がある時は、パスタ・ピザでゆっくりと…と使い分けができるようになるのも、ありがたい所。

スポンサーリンク

まだ楽天プレミアムカードは、解約してないが…

で、「プライオリティパス」は、「楽天プレミアムカード 」保有者ならば無料で持つコトが可能。

ボクもこのパターンで保有しています。

基本的に同行者がいる場合は、同行者分は有償になりますが、一部のクレジットカードでは、同行者も無料になるケースがあるので、2人以上で利用の場合は、各自で確認した方がイイかと。

「楽天プレミアムカード」。

「プライオリティパス」を目当てに「楽天プレミアムカード」を持っている人も多いかと思いますが、海外でラウンジ利用ができないのであれば、保有している意味があるかな?と言うのは、正直なところ。
ってか、ノーマルの「楽天カード」もカードのスペックは高いので、それで充分になってしまうのですよね。

なので、わざわざ年会費の掛かる「楽天プレミアムカード」を保有するのは、ボクは「プライオリティパス」があるから。

来年こそはもう少し利用する機会が増えるとイイですね。

そう言う意味で、国内の空港で利用可能施設が増えてくれないと…と思うし、今回のように制限区域外に「プライオリティパス」が利用できるお店が増えたと言うのは、国内線利用時でも使えるので、かなり嬉しい感じ。

この流れで、日本国内でも「プライオリティパス」が利用できる場所が増えると良いのですが…
せめて東京・名古屋・大阪・札幌・福岡・那覇ぐらいでは、そう言う場所がないとなぁ…とも。

コメント